明智光秀は織田信長をなぜ裏切った?本能寺の変に黒幕がいた?

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・明智光秀。

明智光秀は自分の主君である織田信長を裏切って本能寺の変をなぜ起こしたのか?

 

さらに本能寺の変は別に黒幕的な人間が存在したという噂もあります。

戦国時代に生きた一人の武将、明智光秀と織田信長との関係性を中心に、本能寺の変の黒幕という存在の有無など、興味のある話題を取り上げてみたいと思います。

 

本能寺の変とは?簡単に説明

本能寺の変は1582年(天正10年)6月2日未明(午前4時頃)に起こった出来事です。

簡単に説明しますと、中国攻めの援軍に向かうついでに、本能寺にて宿泊中の主君である織田信長を、明智光秀が率いる軍勢が急襲しました。

 

この事件の実行犯は織田信長が信頼を寄せていた武将・明智光秀だったことから、クーデターであったことがわかります。

 

明智光秀の軍勢ですが、本来はやはり中国攻めに向かうということで、1日前の6月1日、居城である亀山城を出発したところでした。

明智光秀は本当ならば分岐点で左に行くべきところ、本能寺のある右に向かいました。

 

分岐点での明智光秀の「敵は中国にあらず、本能寺にあり」という有名な言葉があります。

いわゆる謀反を起こしたのです。

しかしながら、この言葉自体は映画やドラマなどの脚色であるとのことで、現在はこの言葉の信頼性は薄いとのことです。

 

その日、信長は京都の高名な僧と一緒に茶会を楽しんでいました。

その明智光秀の軍勢は1万3千人といわれていますが、その内約1万の兵が攻め込み、残る3千の兵は織田信長の長男、織田信忠が泊まっていた二条御所を急襲しました。

 

引用元:NAVER

織田信長勢は、取り巻きの直臣などおよそ100人未満の兵だったことで、明け方1万もの兵を率いる明智軍勢に急襲されたのです。

これではいくら強い信長も、かなうはずがありませんね。

 

織田信長自身も刀や槍を取って多くの敵と戦いました。

側近中の側近である森蘭丸も、主君織田信長公を何とかこの急場から落ち延びさせようと必死に戦いました。

必死の戦いでしたが、敵は斬って斬っても次々に襲ってきます。

 

その内、屋敷内に火がつけられました。

燃え盛る火の海の中にあっても必死の抵抗を見せる織田信長でしたが、「もはやこれまで」と覚悟を決めます。

 

森蘭丸も討ち死にし、絶望感に陥った織田信長は、屋敷の奥深く籠った後ついに自害しました。

 

この事件を現代に置き換えて考えると、日本のトップである内閣総理大臣の候補を側近である有力秘書が殺害したようなものです。

今の日本でそんなことになったらと考えると大事件すぎてゾッとしますよね?

いくら力関係がコロコロ変わる戦国時代とはいえ、ゆゆしき事態に間違いありません。

 

この事件は天下統一目前での織田信長の死去というショッキングな出来事以外にも多くの不明確な事柄を有している為、“日本史上最大級の謎”として未だ止まぬ議論が行われている題材でもあります。

では事件の背景には一体何があったのか、歴史を紐解いていきましょう。

 

 

 

明智光秀は織田信長をなぜ裏切ったのか?本能寺の変に黒幕がいた?

主君である織田信長に長い間仕えてきた明智光秀ですが、一体なぜ裏切って本能寺の変を起こさざるを得なかったのでしょうか。

日本の歴史上、最も大きな謎として過去から現在にかけて様々な伝説が流れています。

 

おそらくその伝説数は50以上もあると言われていますので、一体何が真実であるかは分からないのが現状です。

複数の黒幕説がありますが、ここでは6つの黒幕説をとりあげてみたいと考えています。

 

本能寺の変 黒幕説 その1: 豊臣秀吉説

豊臣秀吉は昔、羽柴秀吉と名乗っていました。

有名なところでは織田信長公に対する草履取りの一件ですね。

 

冷え切った草履をそのまま差し出しては、主君である織田信長公に冷たい思いをさせると考えて、自分の懐の中に草履を入れておき温めておいてから差し出しました。

それを見て織田信長はその主人を思いやる羽柴秀吉に対し、感心してそれ以来重要な職に就かせた有名な話ですね。

 

その後、織田信長は天下布武を目指していわゆる「中国攻め」を豊臣秀吉に命じました。

そして兵糧攻めなどにより羽柴秀吉は毛利輝元との戦いに挑みました。

そして有名な中国大返しが起きます。

 

時は1582年(天正10年)6月で、備中高松城において毛利輝元軍と戦っていました。

そんな中で羽柴秀吉は1582年(天正10年)6月3日の夜から4日の未明にかけて本能寺の変で、明智光秀により織田信長が自害したことを知らされました。

 

その凶報を知らされた羽柴秀吉は、速攻で毛利氏と講和し、主君を謀反で殺した憎き明智光秀を討つべく、京都に向けて全軍を率いてわずか10日間という日程で京に上りました。

 

約200kmという距離であるにもかかわらず、それはまさに大強行軍でした。

まさに寝ずに歩きとおした強行軍でありましたが、良くみんなついていったと感心させられますね。

そして秀吉軍は摂津の山城国境付近の山崎の戦いで、憎き明智光秀の軍を撃破しています。

 

ところで豊臣秀吉・黒幕説はどこからきているのでしょうか。

それは豊臣秀吉が数々の合戦において、多くの手柄を立てていたにも関わらず、織田家の中では最も下に扱われていたことにあります。

 

当時の織田信長には、柴田勝家や滝川一益といった実力者の家臣が揃っていました。

実力主義を掲げた織田信長ですが、やはりそこは一人間として「自分がトップに出ることは困難である」と考えた豊臣秀吉が、一発逆転をねらい、主君・織田信長を暗殺することを企てた、とも考えられます。

 

しかも当時ですが、豊臣秀吉と明智光秀は織田信長公から、山陽や山陰地方攻略を任されていたのです。

結局、羽柴秀吉から明智光秀に「2人が結託すれば西日本を抑えることができる」とけしかけたのかもしれません。

それを実行したのが明智光秀であったと考えられます。

 

これが事実であれば、敵対していた毛利輝元と和睦を結んで、中国大返しで都に帰還したことも、大いに納得できます。

間諜を多数配していた豊臣秀吉ですから、かなり早い時間に本能寺の変を知ることができました。

 

その結果、山崎の戦いで明智光秀を討ち取った豊臣秀吉は「謀反を図った明智光秀に責任を押し付ける口封じ」を成功させたとも考えられます。

 

 

本能寺の変 黒幕説 その2: 徳川家康説

徳川家康が黒幕だったのではないか、という説もあります。

天下を狙っていた一人でもある徳川家康は、堺にいる商人たちと親しくしていました。

 

南蛮貿易を推し進めていた織田信長の動きというものは、当然ながら堺の商人たちにとって、利益を奪われることになります。

そのため堺の商人たちは、徳川家康に織田信長を倒してほしいと願ったとしても、決してありえないことではないということになります。

 

商人たちの願いを徳川家康はどこまで考えたかは不明ですが、自分にとっても都合がよければ、きっと実行したかもしれませんね。

先ほど述べた豊臣秀吉・黒幕説と比べれば、その必然性は薄いものとなりますが、もしかするとこれもありかな、と思います。

 

本能寺の変 黒幕説 その3: 朝廷や公家勢力説

織田信長は安土城の中に、天皇の住まいである「清涼殿」を真似た御殿を造営していたということが、最近の発掘調査によって明らかになっています。

天王を安土に迎えるという構想をもしかすると抱いていたのではないか、ということになります。

 

この構想が実現した場合、公家勢力は朝廷の実権が織田信長により握られてしまう恐れを抱いたとしても、おかしくありません。

正親町(おおぎまち)天皇の側近、近衛前久や勧修寺晴豊、吉田兼見などを主として明智光秀を取り込んでの織田信長暗殺計画を立てた、ということも十分考えられます。

 

結局、織田信長亡き後の天下は豊臣秀吉が握ったわけですが、公家たちは「関白」の地位を豊臣秀吉に与えることで、織田信長のように勝手なことをさせないための策であった、と考えればこれもありかと思います。

 

本能寺の変 黒幕説 その4: 仏教勢力説

以前、織田信長が比叡山延暦寺や石山本願寺などのいわゆる仏教勢力弾圧を加えたことから、仏教勢力から恨みを買っています。

その中でも石山本願寺は、最後の最後まで織田信長に対して強い抵抗をしました。

 

しかし、織田信長の要請で天皇から仲介が入り和睦となって、その本拠地であった大阪から、退去させられたのです。

そんな中にあって本願寺の一部の勢力が、いつの日か織田信長を亡きものにしたいということを、真剣に考えていた、とも考えられます。

これも十分あり得ることではないでしょうか。

 

 

本能寺の変 黒幕説 その5:室町幕府再興説

明智光秀が本能寺の変の後、織田信長に反発していた豪族のうちの一人、土橋重治宛に送ったとされる書状の原本が、2017年(平成29年)9月11日に三重大学日本史学の藤田達生教授らが、発表しました。

 

これは織田信長に京都から追われてしまった室町幕府の将軍を、再び京都入りさせようとの協力を求めた趣旨が書かれており、藤田教授らは「本能寺の変は、室町幕府再興が目的であったとの説を裏付けるものである」としています。

 

書状の中身のポイントとなっているのは、以下の点です。

  • 足利義昭の息のかかった野侍集団のリーダー、土橋重治と明智光秀が協力関係にあったこと
  • 足利義昭が京都に帰還するための協力を明智光秀が了承していたこと
  • 明智光秀が足利義昭に対して、受けた支援に対する返礼の意を示した内容であること
  • 書状の筆跡やサイン、細かな折り目などの様式から明智光秀が書いた書状として確実視されていること

これまでは書状の写しだけが、東京大学史料編纂所にあることが知られていました。

藤田教授は室町幕府再興説を唱えていましたが、原本は見つかっていませんでした。

 

しかし、岐阜県美濃加茂市に在住の男性が、2015年(平成27年)に古書店でその書状を購入しました。

それを地元の美濃加茂市民ミュージアムに寄贈していたのですが、同ミュージアムからの依頼があって調査をした藤田教授らが、花押や筆跡が明智光秀のものと一致したことで、この原本が本物であることを実証したのです。

 

この書状から、明智光秀が裏で足利義昭と繋がっていて室町幕府の復興を目標としていた可能性があると言えるわけですね。

明智光秀が織田信長に仕える前に、足利義昭の家臣であった時期があることもこの説が有力視された理由の1つとされています。

 

ただ、この説については反対意見も多くみられています。

そもそもこの書状の写しは以前から存在が確認されていたので、新しい発見があったというわけではないことから歴史研究家からは否定的な意見が多くみられています。

 

本能寺の変 黒幕説 その6:足利義昭説

足利義昭が本能寺の変の黒幕ではないか、と考える説の論拠とされる書物はもう1つあります。

 

江戸時代になってまとめられた上杉家の記録『覚上公御書集』内にある、直江兼続宛ての家臣・河隅忠清発給文書の中には下記の内容が記されています。

  1. 明智光秀の使者が上杉景勝の家臣・須田満親を訪ねて本能寺の変について事前に連絡をしていたこと
  2. 足利義昭や朝廷などより上位の権力者への協力を願い出たことを匂わせる文章であること

 

この文章の内容を100%鵜呑みにするならば、「本能寺の変」はかなりの立場の人間を巻き込み長期的な計画を持って実行に移された可能性が高いと考えられますよね。

しかしこの説についても、足利義昭と明智光秀がかつての主従関係そのままに繋がっていたという確証にするには弱すぎるというのが大方の見解です。

 

どの説もあくまで憶測でしかないため、真実は誰にもわからないというところでしょう。

それを言ってしまえば、元も子もない話ですが(笑)

 

 

織田信長の遺体はまだ見つかっていないって本当?

本能寺の変後、明智光秀は織田信長の遺体を必死に探したにも関わらず見つからなかったとされています。

実際に現在でも織田信長の遺体に関する確実な情報はありません。

なぜこんなことが起こってしまったのでしょうか?

 

織田信長の遺体の所在がはっきりしないのは“本能寺の変後、誰かが遺体を移動させたから”という理由が挙げられています。

もともと本能寺の変の際に寺に火をつけ、その火の手が本能寺にあった鉄砲の火薬に引火したため発見が困難になったとされています。

 

しかし遺体が全く発見できないというのは考えにくいので、誰かが持ち去ったのではと考えたわけです。

では誰がどこへ遺体を運んだのか、2つの説をご紹介します。

 

①静岡県富士宮市 富士山西山本門寺

本能寺の変の前日、本能寺では囲碁の試合が催されていたことが知られています。

その対局をしていた1人である本因坊算砂が、織田信長の遺体を西山本門寺へ移したのではないかと語り継がれています。

 

本因坊算砂は日蓮宗の僧侶で、西山本門寺は日蓮の高弟・日興の流れをくむ寺なのでこの場所と事情を加味すると織田信長の遺体を埋める場所として無理がないというわけですね。

 

②京都府京都市上京区 阿弥陀寺

阿弥陀寺には本能寺の変で織田信長同様亡くなったとされる、息子・織田信忠や家臣・森蘭丸の墓があります。

同寺の僧・清玉上人が本能寺の変後に中へ侵入し織田信長方の武士が遺体の火葬したことを見届けた後に、本能寺の僧侶のふりをして遺骨を外へ運び出し味方とともに葬ったのではないかという説ですね。

 

どちらの説も明智光秀が織田信長を討つために用意したとされる1万3000もの軍に見つからずに寺の外に持ち出すことが現実的に可能なのか、ちょっと疑問を感じる人も少なくないはずですよね。

「この時代に生きた人しか知る由のない謎が、これから明かされる日が果たしてやってくるのか」

歴史のロマンに好奇心をくすぐられますよね。

 

 

明智光秀の最後はどうなった?死因は?

本能寺の変のその後の明智光秀の動きを確認しましょう。

二条新御所を急襲して織田信忠を自害に追い込んだ後、その足で織田信長の居城である琵琶湖東岸にある安土城へ向かっています。

 

しかし勢多城の山岡景隆が、瀬田橋を落としたため進路を妨害されたのです。

そのため仮設の橋が完成するまで、明智光秀は自らの居城である琵琶湖東岸の坂本城に、3日間足止めを食らっています。

 

この間、各地の勢力に対して密使を送り、抱き込み工作を図りましたが、後にこの3日間のつまずきが大きく響いてきます。

その後上洛した明智光秀は、翌日、山城八幡の洞ヶ峠に着陣します。

 

それは中国方面から攻め寄せてくる羽柴秀吉の軍勢を、この付近で迎え撃つ作戦でした。

この場所で筒井順慶と合流する予定でしたが、筒井順慶は羽柴秀吉方に寝返り、籠城の構えをとったことで、目算は見事に外れてしまったのです。

 

さらに細川藤孝や忠興親子からも、加勢を断られてしまいました。

これまた明智光秀にとっては、大きな誤算となりました。

 

そして天王山のふもとである山崎で羽柴秀吉軍と対峙しました。

羽柴秀吉軍の4万に対して明智光秀群は1万6千でした(兵力数には諸説あり)。

さらに羽柴秀吉軍には摂津衆が多く含まれていたことも分かり、明智光秀の落胆は、より大きくなったことになりました。

 

この山崎合戦ですが、3時間くらいで大勢が決まりました。

わずかな家来に守られた明智光秀は、戦場の北側にあった正立寺城に逃げ込みます。

 

ところがすぐに羽柴秀吉軍が迫ってきたので、この小城では守り切ることができない、との判断で翌日の深夜に城を抜け、坂本城を目指します。

 

その途中、山科小栗栖あたりの竹やぶに差しかかった際、落ち武者狩りに遭遇し、非業の最期を遂げました。

年齢は生年月日が不詳のため分かりませんが、50代半ばであったと言われています。

 

ちなみに明智光秀の最後の地は現在「明智藪」と呼ばれ史跡となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

兵庫誠(@hyo500)がシェアした投稿

京都府京都市伏見区の本経寺の所有地内に石碑が建てられていて、観光地化はしていないものの訪れることが出来ます。

 

天下を手中に収めることが見えた矢先に亡くなった武将の業が宿った場所だからか、

「雨の日は武士の雄たけびが聞こえる」

「明智光秀が腹の傷を追った際のおびただしい量の血が流れた場所だから赤い葉の竹が無数に生える場所だった」

などのオカルトじみた不気味は噂話も数多く存在します。

 

結局、明智光秀は天下人から逆賊となり、落人へと目まぐるしく人生が変わりましたね。

12日間の天下であったことになりました。

 

私もこの話を通して、何か人生の侘しさを感じてしまいました。

戦国時代であったがゆえに、このような最後を遂げざるを得なかった明智光秀の一連の流れを通して、はかなさと共に悲しさを感じています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。