有賀さつきの死因は卵巣がん!闘病生活の真相や病気の生存率とは?

元フジテレビアナウンサーとして、女子アナ人気全盛期の立役者となった有賀さつきさん。

その後も、フリーアナウンサー、タレントとしてバラエティ出演するなど、その明るい性格から人気者でしたよね。

 

そんな有賀さつきさんが2018年1月30日に亡くなってからもう1年以上経ちました

今まで公表されていなかった死因も卵巣がんだと判明し、追悼の声が広がっています。

 

その壮絶な闘病生活はどのようなものだったのでしょうか。

今回は、闘病生活の真相や卵巣がんの病気の生存率など、気になる情報を調べてみました。

 

有賀さつきの死因は卵巣がんと判明!一周忌で父親が病名を公表!

2018年2月5日に衝撃的なニュースが世間を騒がせました。

それは、2018年1月30日に有賀さつきさんが亡くなっていたという報道でした。

 

有賀さつきさんは病気だった事を世間に公表していなかった上に、しかも52歳という若さでの突然の訃報・・・。

世間からは悲しみと驚きの声があがりました。

当時、有賀さつきさんの死因は公表されておらず、いろんな憶測が飛び交っていたそうです。

その後、1周忌を迎えた父親へのインタビューで死因が「卵巣がん」だった事が明らかにされました。

 

亡くなった当時は、実の父親や中学3年生の娘にも病気の事を伝えていなかったという有賀さつきさん

亡くなってからも有賀さつきさんの遺志ということで、身元引受人だった父親にも病名は伏せられ教えられなかったそうです。

 

実は、亡くなる3年前に卵巣がんの手術を行い、こっそりと闘病生活を送っていたという有賀さつきさん。

そのことは父親も知っていて、大阪にいる卵巣がんの名医に手術をしてもらった時には立ち会いもされたそうです。

 

ただその後、父親はがんは治ったものと思っていたそうなので、闘病生活も一人こっそりと闘っていたと思われます。

 

亡くなった当時も、2018年1月中旬に体調を崩して入院中でしたが、亡くなる3日前にお見舞いに来た父親と娘とは普通に会話を交わせるほど落ち着いていた様子だったそうです。

まさか生死に関わる入院だったとは周りの誰もが思わず、一人でひっそりと肉親の誰にも看取られずに亡くなりました

 

父親も娘も亡くなってから知らされたときは、どんな心境だったのでしょうか・・・。

しかも有賀さつきさんは、離婚していてシングルマザーだった為、娘とは一緒に暮らしていたそうです。

 

有賀さつきさんが何故、打ち明けてくれなかったのか…という家族の悲しみと後悔は消えない気がします・・・。

 

現に、父親は納骨を済ませずに遺骨を自宅に置いたままにしていたようで、ようやく一周忌を終えてお墓に納骨されたそうです。

自分の娘が52才の若さで突然いなくなったのですから、なかなか死と向き合えないのも致し方ないですよね・・・。

 

当時、有賀さつきの激やせした画像やカツラが話題に・・・

病気の事を公表しておらず、闘病生活をしていたと思われる時期にもテレビ出演をしていた有賀さつきさん。

世間からは、有賀さつきさんはかつらでは?何故??という声があがっていました。

 

こちらが、かつら疑惑が話題になったバラエティトーク番組「有吉反省会」に出演された際の有賀さつきさんの画像です。

頭全体を覆うようなしっかりとしたかつらで、誰もが有賀さつきさんはかつらでは??と思うような違和感がありますね。

 

ファッションウィッグや薄毛の悩みなのか??という憶測も飛び交いつつ、

普段ならツッコミを入れそうな司会の有吉弘行さんも番組内でスルーしていた為、

ツッコミにくいような理由・・・病気なのか?という心配の声もあがったようです。

 

 

きっとこの頃には抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ちてしまっていたのではないでしょうか。

そんな中でも、かつらを着けて明るくテレビ出演し続ける有賀さつきさんはすごいですね。

 

また、2017年に出演していた頃には激やせぶりも目立ち始め、病気を心配する声もあがったいたようです。

こちらが2017年10月4日に放送された「あいつ今何してる?」に出演された時の有賀さつきさんの画像です。

引用元:https://pinfluencer.net/ariga/

 

頬がこけて顔を見ただけでも痩せてしまっているのがわかりますね。

この髪型もかつらではないかと言われていました。

ただ、激やせのことについてもご本人は「ダイエットが成功した」と明るく語られていたそうです。

きっと、かつらのこともあり病気を心配する声もご本人に届いていたことと思います。

 

ですが、人に心配をかけないようにと闘病中だということを隠し明るく振る舞い続けた有賀さつきさん。

本当に心が強く優しい方だったのだな・・・と思いますよね。泣

 

2017年9月13日に収録され、2017年10月9日に放送されたバラエティクイズ番組「Qさま!」が有賀さつきさんの最後のテレビ出演となりました。

闘病生活を続けながらもそこまでテレビに出続け、明るい笑顔で視聴者の方に愛された有賀さつきさんはテレビ関係者にも愛されていたようです。

Qさまでの活躍は私も見たことがありましたが、とても笑顔が素敵な方でしたよね。

もうテレビであの笑顔が見れないなんてとても残念です。

 

 

有賀さつきの闘病生活の真相!病気はなぜ公表されなかったの?

有賀さつきさんの病気が公表されなかったのは、

「自分のことで誰にも迷惑をかけたくない、テレビに出る以上明るいイメージのままでいたい」

という強い気持ちからでした。

 

また、生前は闘病中だったことを親族にも隠し、亡くなってからも実の父親にも死因がすぐには告知されなかった程です。

世間に公表されなかったのも致し方ないですよね。

 

TBSアナウンサー時代の同期として親交が深かった八木亜希子さんにも、LINEのやりとりはしつつも病気の事を明かすことはなかったそうです。

こちらが訃報を聞いた八木亜希子さんからの追悼コメントです。

 

病気のことだけでなく、体調が悪いそぶりも見せずに常に明るく振る舞っていたそうで、

周りはまったく気がつかなかったそうです。

 

とても明るく振る舞っていたので親交があった人ほど、まさか病気と闘っていたなんて気づかなかったのではないでしょうか。

 

また、元夫で当時フジテレビ解説委員だった和田圭さんも病気のことは知らなかったそうです。

引用元:https://lohaslove.ti-da.net/

和田圭さんと有賀さつきさんは離婚当時かなり不仲だった為、生前は連絡を取り合っておらず娘の親権も有賀さつきさんにありました。

シングルマザーとして一緒に暮らしていた母親が急死してしまった為、その後親権は和田圭さんにうつり、現在は娘と二人で暮らしているそうです。

 

有賀さつきさんの父親曰く、最初こそ他人行儀だった二人も一緒に暮らし始めてからはうまくいっているようで安心したとのことでした。

きっと有賀さつきさんも娘のことは気がかりだったのではと思いますし、現在の娘さんが幸せに過ごしていることを願いたいですね。

 

有賀さつきの死因はエイズ、乳がん、自殺という噂は本当なのか?

有賀さつきさんの死因は一周忌まで公表されなかったので、死の真相については様々な憶測が飛び交うこととなりました。

エイズなのでは?自殺なのでは??という説も流れましたが、これらは死因を公表しなかった為に生まれた世間の憶測でした。

死因が公表された今でこそデマだとはっきりいえますが、当時はいろんな憶測が出ても仕方ないほど情報が少なかったようですね。

 

生前の激やせぶりやカツラも話題になっていた為、「カツラ=抗がん剤治療の影響では?」という憶測から、乳がん説が一番多く出回った説だったようです。

これも今となってはデマだとわかりましたが、カツラから髪の毛が抜け落ちる抗がん剤治療を想像してしまうのもわかる気がします。

 

遺族としては、有賀さつきさんの死の真相を知りたいマスコミからの質問を交わすのには大変苦労されたのではないでしょうか。

人気がある有名人の死の真相を知りたくなるのも仕方ないですが、そこは遺族の気持ちを考えるとあまり過激な報道や追いかけ回しは避けてほしいものですよね。

 

 

有賀さつきが患った卵巣がんの原因は?生存率やリスクとは?

有賀さつきさんが患った卵巣がん

この病気は女性である限り人ごとではなく、卵巣を持っている女性であれば誰でもなる可能性がある病気です。

 

卵巣がんの原因として考えられていることはこちらです。

これ以外にも、排卵誘発剤の使用、子宮内膜症なども原因にあがっています。

女性なら誰しもが周期的に繰り返している排卵により、卵巣細胞が傷つけられてがん化につながっているとも言われているそうです。

 

その為、卵巣を使っている時期が長くなる妊娠・出産回数が少ない人の方がリスクがあがると考えられています。

 

毎月起こる排卵ががんの原因になっているかもしれないなんて怖すぎますね・・・。

また、年齢としては40歳から卵巣がんのリスクが急激にあがり、50~60歳代がピークとなるそです。

さらに、卵巣は沈黙の臓器と言われており、卵巣がん自体を発見するのがとても難しく、

がんができていても自覚症状がほとんどない為、気づいた時にはもう進行してしまっていることも少なくないそうです。

 

  • 下腹部にしこり
  • 腹部の圧迫感
  • 頻尿
  • 食欲低下

このような症状があり受診すると卵巣がんだったというケースが多いそうです。

 

卵巣がんは、気づいた時にはすでに大きくなっていて転移する可能性も高いため、

5年生存率も、一番進行しているI期で87.4%、一番軽いⅣ期でも28.3%と厳しい数字になっています。

 

どんどん医療も進歩しているため、これでも一時期よりは生存率はあがっているそうです。

有賀さつきさんも卵巣がんの手術後、転移による再発で人知れずがんと闘っていたのかもしれません。

 

余命宣告をされる場合もあるそうなので、闘病生活の不安や苦しさは体験されたご本人にしかわかりませんよね・・・。

 

乳がんもそうですが、芸能人のがん公表から世間の関心と意識が高まることも多いと思うので、

身近にひそんでいるがんの危険性も忘れずに自己管理していきたいですね。

 

 

有賀さつきのプロフィール

有賀さつきさんのプロフィールがこちらです。

  • 名前:有賀 さつき
  • 生年月日:1965年9月9日
  • 没年月日:2018年1月30日(享年52歳)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 職業:タレント、元フジテレビアナウンサー

 

1988年に八木亜希子さん、河野景子さんとともにフジテレビ女子アナデビューを果たし、

「花の3人娘」と呼ばれて女子アナブームの火付け役になりました。

 

アナウンサーの仕事だけでなく、バラエティ番組にも引っ張りだこだったそうで、当時はかなり過酷で忙しい毎日を送っていたそうです。

 

この当時から皆さんお綺麗ですね!

アイドルアナウンサーとも呼ばれ、アイドルをもしのぐ人気だったのもうなずけます。

 

その後、1992年にフジテレビを退社、タレントとしても変わらない活躍を見せました。

2002年にはフジテレビ時代の上司にもあたる和田圭さんと結婚。

こちらも13才の年の差婚だった為かなり話題になったようです。

 

その後は、前述の通り、娘をもうけるも2006年に離婚しおり、そこからは再婚することなくシングルマザーとして仕事と子育ての両立をしていました。

 

有賀さつきさんはとても頑張り屋で、仕事にも育児にも手を抜かずに人一倍頑張っていたそうです。

そんな頑張り屋の性格が、闘病生活も一人で頑張るという選択をさせたのかもしれませんね。

 

有賀さつきさんは年齢を重ねてからもファンが多く、明るいキャラクターからも愛される存在だった為、

多くの人がその死を悲しみました。

 

一周忌も過ぎ、お墓にも納骨され、今はひっそりと残った家族や親しい人たちを見守ってくれているのではないでしょうか。

ご冥福をお祈り致します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。