クリスリードの死因真相!心臓突然死の理由は?結婚予定の相手もいた?

フィギュアスケートのアイスダンスの日本代表として、3度のオリンピック出場を果たしたクリス・リードさん。

そんなクリス・リードさんが、2020年3月15日午前0時20分に亡くなりました

 

クリス・リードさんはどうして突然亡くなったのか?

クリス・リードさんの功績を振り返るとともに、クリス・リードさんの突然死についてまとめてみました。

 

クリスリードの死因は心臓突然死!なぜ急に亡くなったの?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by saori (@chikamumika) on

クリス・リードさんの死因は、心臓突然死だったことを、2020年3月17日に日本スケート連盟が公表しました。

心臓突然死とは
心臓突然死とは、健康だと考えられていた人が、突然に致死的心室性不整脈(心室細動など)に見舞われて、この不整脈が原因で心臓が正常に収縮することができなくなり、脳に血液が循環せず死に至る疾患です。日本においては、心臓突然死によって年間約6〜8万人が亡くなっております*1。

引用元:BostonScientific

 

つまり、クリス・リードさんは、特に持病を抱えていたわけでもなく、健康体だったにも関わらず、本当に突然不整脈に見舞われて、心臓が正常に機能しなくなってしまったようです。

 

心臓突然死を発症するには、遺伝性の不整脈が主な原因だと言われています。

心臓突然死になった人の家族には、同じく心臓突然死、
または心臓に関連する疾患で亡くなった人がいるケースが多くあるようです。

 

調べたところ、クリス・リードさんには、
両親と、姉のキャシー・リードさん、妹のアリソン・リードさんがいるようですが、

どなたも心臓を患っているような様子は見られませんでした。
(あくまでネット上でわかる情報だけですが)

 

また、心臓突然死には、心電図で疾患を見ることは可能でも、血管や心臓の筋肉には異常が見られないため、自覚症状がほとんどないようです。

そのため、本人が気づかないまま、突然心臓突然死に至ってしまいます。

 

クリス・リードさんも、心臓への違和感を感じずに、日々を過ごしている中で、突然不幸に見舞われてしまったということなんでしょう。

 

 

クリスリードはどこで、いつ亡くなった?年齢は何歳だった?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by micchan (@micchan.3319) on

クリス・リードさんは、日本時間の2020年3月15日午前0時20分に、心臓突然死のため亡くなりました。

クリス・リードさんは、1989年7月7日生まれのため、30歳で亡くなったことになりますね。

 

30歳なんて、人生まだまだこれからなのに、あまりにも早すぎる死ですよね。

 

クリス・リードさんは、2019年末に現役引退を表明してから、姉のキャシー・リードさんとともに、若手の育成に励んでいた矢先の話でした。

 

クリス・リードさんの未来を奪った心臓突然死とは、いったいどんな病気なのでしょうか。

私たちのような、アスリートでない一般人でもかかりうる病なのでしょうか?

 

クリスリードの死因・心臓突然死とは?理由は?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 曽敬語 첸잰니 (@jen.notype) on

クリス・リードさんの死因となった心臓突然死とは、先ほど述べた通り、突然心臓が不整脈に見舞われて、心臓が正常に機能しなくなることにより、死に至ることを言います。

 

突然死と言うと、急に亡くなるという時間的な要素が強いですが、実はそれまで健康だった人が突然亡くなる、という意味も含まれています。

つまり、決して他人ごとではなく、誰にでも起こりうる事態なのです。

 

特に、心臓突然死は、発症から約1時間以内に死に至るケースが多く、

クリス・リードさんの故郷である米国では、年間40万人、
日本国内でも、年間3~4万人の人が心臓突然死にあっています。

 

米国のほうが心臓突然死者が多いということで、国民性や、生活文化も深く関係していそうですよね。

 

心臓突然死は、主に循環器系が弱る高齢者がなることが多いのですが、心臓の状態は、生活習慣にも左右されやすいようなので、日々自身の心身をチェックすることが必要です。

心臓突然死のセルフチェック項目
  • 失神した経験がある
  • 動機、息切れがある
  • 親族に突然死した人がいる
  • 心臓病の経験がある
  • 心電図や、レントゲンに異常がある
  • 生活が不規則で、ストレスが多い

 

特に、生活が不規則でストレスが多いという項目は、現代の日本社会では若い人によく見られる傾向でしょう。

ストレスをためずに、しっかり休養を取ることが、心臓突然死の予防につながりそうですね。

 

 

心臓突然死で亡くなったアスリートやアイドルは意外といる?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kay Tatsumi (@kilikina0828) on

クリス・リードさんの死により、心臓突然死という病名が一気に知られることとなりました。

さて、クリス・リードさん以外にも、心臓突然死で亡くなったアスリートや、有名人はいるのでしょうか?

 

①俳優の大杉漣さん

引用元:https://eiga.com/

300の顔を持つ男、カメレオン俳優などの異名を持つ大杉漣でしたが、2018年2月21日に、急性心不全のため亡くなりました。

 

死の前日、大杉漣さんはドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』の撮影中で、特に体調不良を訴えることもなかったそうです。

 

②タレントの野村幸代さん

元プロ野球選手の野村克也さんの妻として知られ、芸能界きってのおしどり夫婦でしたよね。

そんな野村幸代さんも、死の当日、急に食事を口にしなくなり、野村克也さんの呼びかけにも応じなくなったようです。

そして、2017年12月8日に虚血性心不全のため亡くなりました。

 

③アイドルの松野莉奈さん

松野莉奈さんは、人気アイドルグループ私立恵比寿中学のメンバーでした。

2017年2月8日に、松野莉奈さんは、致死性不整脈のために亡くなりました。

松野莉奈さんは、クリス・リードさんよりも若い、18歳でした。

 

松野莉奈さんは、体調不良のために、前日のコンサートを欠席しており、自宅療養中だったんですね。

もしかしたら、アイドルという職業ゆえ、なかなか自分の体が発する警告に気付けなかったのかもしれません。

 

④タレントの前田健さん

松浦亜弥さんをはじめとするものマネや、振付師としても活躍していた前田健さん。

前田健さんは、『金曜★ロンドンハーツ』の収録後、
食事をしてからの帰宅途中に、東京都新宿区新宿3丁目の路上で突然嘔吐して倒れ、
心肺停止状態で病院へ搬送されました。

 

その後、前田健さんは一度病院で蘇生したものの、2日後の4月26日に虚血性心不全のために亡くなりました。

 

⑤力士の田子ノ浦親方(久島海啓太さん)

田子ノ浦親方は、2012年2月13日に、家族と過ごしていた際に突然倒れ、意識不明・心肺停止の状態で病院へ救急搬送されました。

 

その後、田子ノ浦親方には蘇生処置が行われましたが、回復せず、そのまま虚血性心不全のために亡くなりました。

当初、田子ノ浦親方は吐血しながら倒れたという情報もあったようですが、それは倒れた際に、唇を切ったことによるもので、吐血の事実はなかったようです。

 

このように、急性心不全などを含めた心臓突然死は、10代のような若年層から、40代などの働き盛りまで、幅広く起きる病だということがわかります。

 

また、芸能人やアスリートなど、拘束時間が長い職業、ストレスが大きいとされる職業だと、体を休める時間が少ないために、余計に突然死のリスクが上がるのかもしれません。

 

 

クリスリードには恋人(パートナー)がいて結婚の予定があった?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Chika A (@arugamama3) on

クリス・リードさんは、演技の素晴らしさはもちろん、端正な顔立ちや高身長のスタイルの良さでも人気がありました。

そんなクリス・リードさんですが、結婚予定の婚約者がいたようです。

 

クリス・リードさんの婚約者の名前は、ケルスティン・フランクさんというようです。

ケルスティン・フランクさんのInstagramには、確かにクリス・リードさんへの追悼コメントや、生前の様子がアップされています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kerstin Frank (@kerstinfrank88) on

ケルスティン・フランクさんは、現在38歳の元オーストリア代表のフィギュアスケートの選手で、2014年の冬季オリンピックに出場していました。

 

ケルスティン・フランクさんは、現在フィギュアスケートのコーチとして活動しており、

ケルスティン・フランクさんのInstagramには、
育成中の子供たちの練習風景や、大会で表彰される様子などもあげられています。

 

クリス・リードさんと、ケルスティン・フランクさんの馴れ初めや交際の経緯まではわかりませんでしたが、

もしかしたら、将来的に二人でスケート選手を夢見る子供たちの育成をする、
という考えもあったかもしれませんね。

 

 

クリスリードの国籍や本名は?(プロフィール)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by T❤︎shimi⛸ (@to_my_1043) on

ここで、クリス・リードさんのプロフィールをおさらいしておきましょう。

  • 名前 :クリス・リード(リード ロバートクリストファー、Chris Reed)
  • 誕生日 :1989年7月7日
  • 没年月日 :2020年3月15日(30歳没)
  • 出生地 :アメリカ合衆国 ミシガン州カラマズー
  • 親族 :母、父、キャシー・リード (姉)、アリソン・リード (妹)
  • 身長 :185 cm
  • 体重 :78kg

クリス・リードさんの母は日本人のため、国籍選択期限年齢の22歳になるまで、クリス・リードさんは日本と米国の2重国籍を持っていました。

 

アメリカにて、姉のキャシー・リードさんと組んで、アイスダンスを始めました。

そして、2005~2006年シーズンの全米フィギュアスケート選手権ノービスクラスで優勝し、
コーチのニコライ・モロゾフさんの勧めで、日本チームに所属することとなりました。

 

ニコライ・モロゾフさんといえば、荒川静香さん、安藤美姫さん、高橋大輔選手の指導に当たったことでも知られていますよね!

 

こうしてクリス・リードさんは、姉のキャシー・リードさんとともに、魅力的な演技と、好成績の連続により、日本人のアイスダンスへの概念を塗り替えた人物でもありますね。

 

2014年には、姉のキャシー・リードさんが引退したことにより、アイスダンスのペアを、村本哉中選手に変更しました。

ペア変更後も、クリス・リードさんは競技に励み、2016~2017年シーズンでは、全日本選手権で9度目の優勝を果たしました。

 

そして、2019年12月31日にクリス・リードさんは現役からの引退を表明。

今後は、姉のキャシー・リードさんとともに、関西アイスアリーナで後続の育成に当たっていく意向を示していました。

 

クリス・リードさんの2020年3月11日付けのブログでは、日本で暮らすための荷物を、日本へ送りましたとつづられていたようです。

引用元:ameblo

クリス・リードさんの死は、第二の人生を日本で送ろうとしていた矢先の出来事で、本当に残念としかいいようがありません。

 

 

クリスリードの突然死に対するフィギュアスケート界からのコメント

 

View this post on Instagram

 

A post shared by (@fig_fig_ikko) on

クリス・リードさんはフィギュアスケート界で多くの功績を残したと同時に、各国のスケーターとの信頼関係を築いてきました。

ここでは、最後に各スケート選手がつづった、クリス・リードさんへの追悼コメントをまとめます。

 

  • 姉のキャシー・リードさん

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Cathy Reed キャシーリード (@cmr2070) on

 

  • 妹のアリソン・リードさん

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Allison Reed (@al_reed15) on

「兄は私を笑顔にする方法を知っていた、愛しているよ」とありますね。

 

  • 元アイスダンスペアの村本哉中選手

クリス・リードさんと数々の場面を乗り越えてきた、村本哉中選手ですから、気持ちの整理がつかないのは仕方がありませんよね。

 

  • 荒川静香さん

 

  • 織田信成さん

一緒に日本フィギュアスケート界をけん引してきた、荒川静香さん、織田信成さんも、言葉が見つからない様子です。

 

  • 小塚嵩彦さん

小塚崇彦さんは、バンクーバー五輪での思い出を語っています。

 

  • 樋口新葉選手

樋口新葉選手は、デトロイトへ練習に行った際、クリス・リードさんに助けてもらったことを書いています。

 

クリス・リードさんへの追悼コメントは海外からも届いています

  • ハビエル・フェルナンデス選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

I know wherever you are, you will be good, you will manage it with your jokes, your laugh and your smile, but we will miss you my crazy man! #descansaenpaz

Javier Fernandez(@javierfernandezskater)がシェアした投稿 –

 

  • ミハル・プレジナさん

いずれも、クリス・リードさんの人柄の良さに感謝するコメントばかりですね。

クリス・リードさんは、リンク上ではまじめに写っていましたが、リンクを出ると、盛り上げ役だったこともわかります。

 

このように、フィギュアスケート界からだけではなく、各国のスポーツメディアや、スポーツ関係者からも追悼のメッセージが寄せられており、全てここに載せきれないことが悔やまれます。

それだけ、クリス・リードさんは多くの人々に愛された方だったんですね。

 

今回は、2020年3月15日に突然死を迎えたクリス・リードさんについて調べました。

筆者は、正直フィギュアスケートに疎く、クリス・リードさんの名前を聞いたことがある程度でした。

 

しかし、この記事を書くにあたってクリス・リードさんについて調べるうちに、クリス・リードさんは、スケート技術だけではなく、素晴らしい人柄をお持ちだということもわかりました。

クリス・リードさんが天国でしっかりとお休みになれるよう、心からご冥福をお祈りいたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。