歴代の天皇誕生日はいつ?12月23日の祝日は令和以降どうなる?

令和元年、5月1日に新しい天皇陛下が即位され、日本の歴史が大きく変わった年でしたね。

ところで、平成時代の間は12月23日が天皇誕生日でしたが、令和時代になった今、天皇誕生日の祝日は変わりますよね。

 

令和(2020年)以降の天皇誕生日はいつなのか?旧天皇誕生日(12月23日)はどうなるのか?

もしかしたら、祝日が増えたりして?!なんて期待もありつつ(笑)

今回は、歴代の天皇誕生日についても調べてみました!

 

【令和】2020年以降の天皇誕生日はいつ?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 日刊スポーツ (@nikkansports) on

令和になってからの初めての天皇誕生日は2020年2月23日になりました(今上天皇の誕生日)。

なんだか、12月23日と2月23日って似ていて覚えやすいですね(笑)

 

今上天皇の誕生日の、2月23日には、誕生日をお祝いする一般参賀が行われる予定でしたが、新型ウイルスの蔓延を考慮しての中止が発表されました。

2018年の上皇様の天皇在位中最後の一般参賀では、約八万人が訪れましたから、これだけの人数が集まることを考えると、中止という判断はやむを得ないのかもしれません。

 

なお、同日2月23日に予定されている、安倍晋三内閣総理大臣らが出席する、皇居・宮殿での祝賀の儀などの、祝賀行事は変更なく実施されます。

私たちは、テレビを通して、今上天皇をお祝いすることとなりますね。

 

 

旧天皇誕生日(12月23日の祝日)は2020年以降どうなる?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by sumiyo.kamiyonanayo (@sumiyo.kamiyonanayo) on

新たな時代になった今、平成天皇誕生日(12月23日)がどうなってしまうのか?ですよね。

ちなみに、令和元年(2019年)の12月23日は、既に平成天皇ではなくなっていたので、普通の平日でしたね。

 

12月23日にあたる祝日もないため、なくなく平日にしたとも言われています。このように、天皇誕生日がない年は、1948年の祝日法施行以来、初めてのことでした。

これまでに比べて、平成から令和への移行が急だったということなんでしょうか?

 

2019年12月23日は、平日になってしまいましたが、2020年以降は、新たな祝日となる気がしますよね。

なぜなら、昭和天皇の誕生日(4月29日)は昭和の日ですし、明治天皇の誕生日(11月3日)は文化の日になりましたからね!

 

ただ、平成天皇の誕生日(12月23日)は、2020年以降も平日のままでいくそうです。

この理由については、2017年12月21日の毎日新聞の取材に、政府関係者がこう答えています。

政府は国民の祝日である天皇誕生日の「12月23日」について、天皇陛下が2019年4月30日に退位された後、当面は新たな祝日とせずに平日とする検討に入った。上皇の誕生日を祝日にすると事実上の「上皇誕生日」になり、新天皇の誕生日と併存して国民の目に「二重の権威」と映る懸念があるためだ。皇位継承後の天皇誕生日は皇太子さまの誕生日の「2月23日」に移る。

引用元:https://mainichi.jp

上皇さまは、生前退位をされたため、現状では二重の権威になってしまうということですね。

 

歴代の天皇誕生日(祝日)はいつだった?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by たむ (@yuu_shrine) on

先程、昭和天皇の誕生日は昭和の日、明治天皇の誕生日は文化の日と、各天皇の誕生日が祝日になるというのは、これまでの普通の流れのようですね。

そう考えると、日本には多くの祝日がありますから、もしかしたら、由来が天皇の誕生日という日がいくつかありそうな気がしますね!!

 

ここでは、歴代の天皇誕生日について書いていきます。

歴代の天皇誕生日と言っても、歴代の天皇は126代124人いますので、今回は祝日に関係している、歴代の天皇誕生日を振り返りたいと思います。

 

明治天皇

まず始めに、1867年から1912年まで在位されていた、明治天皇からです。

明治天皇の誕生日の11月3日は、現在、文化の日として祝日になっています。

 

王政復古の大号令、大日本帝国憲法の制定、洋風化の普及など、様々な功績と平和主義のお人柄で親しまれていた明治天皇ですが、1912年7月30日に崩御されました。

そして、明治天皇の功績を後世に残したいという思いから、1927年から11月3日は、明治節という祝日になりました。

 

しかし、第二次世界大戦後に天皇崇拝を嫌ったGHQが明治節を廃止してしまいました。

その後も、11月3日に憲法を施行して、憲法記念日にしようとしましたが、これまたGHQに阻止されてしまいます。

結局、憲法記念日じゃなければよいだろうということになり、文化の日という名前で折り合いがつきました。

 

ちなみに、文化の日という由来は、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」とされています。

これは後からつけたこじつけなんですかね(笑)

でも、明治天皇は優しいお人柄だったそうですから、あながち間違いではありませんね!

 

 

大正天皇

次は、1912年7月30日から、1926年12月25日に在位されていた大正天皇です。

大正天皇の誕生日の、8月31日祝日ではありませんね。

学生の時なんて、夏休みの最終日なところがほとんど、ってぐらいでしょうか。

 

日本国憲法が制定される前は、大正天皇が崩御された12月25日が、1927年から1947年まで祝日になっていました。

しかし、1946年の日本国憲法制定をきっかけに、大正天皇の誕生日は、平日になってしまいました。

 

大正天皇の誕生日が、なぜ祝日にならなかったのかというと、

  • 大正時代がわずか15年だった
  • 祝日として残そうとする運動がなかった
  • 他の天皇のように、後世に残したい功績がない
  • 祝日法がなかっただけ

など、様々な説があるようですね。

どれだけ、庶民に親しまれていたかも、祝日制定への鍵になりそうです。

 

昭和天皇

最後に、1926年12月25日から、1989年1月7日まで在位された昭和天皇です。

昭和天皇の誕生日は、4月29日で、現在は昭和の日でゴールデンウィークの初日に当てられる日が多いですね。

実は、昭和天皇が崩御された後は、4月29日は、みどりの日という名前でした。

 

これは、昭和天皇が生前、自然をこよなく愛され、生物学者としてもご活躍されたことからきているそうです。

その後、多くの国民の要望を受けて、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。

 

みどりの日が移動した理由は、昭和天皇の誕生日を祝日にすることは、天皇の神格化を想起させることや、5月4日は平日だったので、5月3日〜5日の飛び石連休を避けるためです。

祝日法では昭和の日を「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に想いをいたす」と定めています。

 

戦争により、世界中が多くの犠牲を払い、しかしそれにより今、そして未来があるということを振り返るための日なのですね。

個人的には、昭和天皇個人の功績もあるのかもしれませんが、昭和時代にはあまりにも後世に残すべきものが多すぎるため、祝日にして永劫に忘れない意識づけになるとも思います。

 

 

新世代の新天皇誕生日の可能性も考察!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ROYAL Family in the WORLD(@royalfamilyintheworld)がシェアした投稿

かなり気が早いですが、今上天皇の、次世代の天皇候補として考えられているのが、こちらの御三方です。

  1. 秋篠宮文仁親王
  2. 悠仁親王
  3. 常陸宮正仁親王

第一候補の今生天皇の弟の秋篠宮文仁さまの誕生日は11月30日

第二候補の悠仁さまの誕生日は9月6日

第三候補の常陸宮正仁さまの誕生日は11月28日です。

 

ただ、あくまでも現時点での候補者であり、今後女性の天皇が認められれば、今上天皇の長女 愛子内親王の可能性も出てきますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Royal World Thailand 🇹🇭(@royalworldthailand)がシェアした投稿

万が一、愛子さまが天皇になられた場合は、12月1日が天皇誕生日になります。

 

そうなると、大きく歴史が変わることになりますが、、、。

現段階では、年齢的にも、悠仁さまが最有力と言えそうです。

 

今回は、今上天皇の誕生日から、遡って、歴代の天皇誕生日について調べてみました!

意外と知らなかった、祝日のトリビアを知れた気がしますね。

平成よりも、よりよい令和になっていけるとよいですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。