橋本環奈『奇跡の一枚』の誕生理由が衝撃!撮影者は一般人で裏話があった?

数々の映画やドラマ、CM、バラエティー番組などで活躍中の橋本環奈さん。

可愛いのにドラマなどで変顔したり、鼻をほじったりするところが私にはとても魅力的で大好きな女優さんの1人です。

 

そんな橋本環奈さんのデビューのきっかけとなった『奇跡の一枚』が誕生した理由が、なんと衝撃的だったのです!

さらに『奇跡の一枚』の撮影者が一般人で、撮影されたときに知られざる新たな裏話までありました。

 

私は、『奇跡の一枚』は見たことがあるのですが、撮影者が誰とか気にしたことはなく、今回調べていると色々なことが分かったことや発見があったので、早速一緒に見ていきましょう。

 

橋本環奈『奇跡の一枚』の写真とは?「奇跡」の理由とは?

『奇跡の一枚』とは福岡出身の橋本環奈さんが、地元福岡でローカルアイドルとして活躍していたときに撮影された写真です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ななみさん(@ryokan0705)がシェアした投稿

橋本環奈さんの『奇跡の一枚』と言われている「奇跡」の理由とは何なのでしょうか?

たまたま可愛く撮れたからなのでしょうか?

 

その理由もあるのですが、この一枚の写真で、地方のアイドルが全国に知れ渡ったという理由もあるのです。

確かに可愛いのですが、この『奇跡の一枚』がSNSやネットで拡散されなければ、今以上に売れていなかったかもしれません。

もしかしたら、芸能界入りしていなかったかもしれません。

 

しかも橋本環奈さんの「奇跡の一枚」の写真は見ればわかると思うのですが、橋本環奈さんのダンス中の写真です。

この動きの激しいダンスを躍動感ある自然体の写真で、しかも可愛く綺麗に撮影されています。

 

このクオリティの写真はプロカメラマンじゃないと撮影できないのですが、実は橋本環奈さんの「奇跡の一枚」の写真を撮影したのはアマチュアカメラマン(ファン)です。

※撮影者については後ほどさらに詳しくご紹介します。

 

さらに、そのアマチュアカメラマンが撮った写真をキッカケに、地方の無名アイドルだった「橋本環奈」の名前が日本中で有名になったことから「奇跡の一枚」と呼ばれたのです。

 

なんと偶然に偶然が重なって起きた出来事だったんですね。

もし橋本さんが当時のアイドルグループにいなかったら、もしこのアマチュアカメラマンが撮影していなければ、もしまだネットがない時代だったら、「奇跡の一枚」は誕生していなかったかも。

 

私も、数か月前からカメラを始めたばかりなのですが、動くものを撮影するのは非常に難しいのです。狙って撮れる物ではないので本当に『奇跡の一枚』です。

橋本環奈さんの人生を変えた、とても価値のある一枚ですね。

 

 

橋本環奈『奇跡の一枚』はいつ撮影された?何歳の時の写真?

『奇跡の一枚』が撮影された日にちは、2013年5月3日(金)4日(土)のゴールデンウイーク期間中に開催された、博多どんたく祭り(正式名所は「博多どんたく港まつり」)で撮影されました。

 

博多どんたく祭りは、平清盛の息子である平重盛が中国(当時は宗)との貿易活性化に貢献し、博多に利益をもたらした恩を忘れないために、病没した1179年「博多松囃子」と称され始まり、800年以上の歴史を持つ福岡を代表する三大祭りの1つです。

 

毎年ゴールデンウィークの5月3日、4日に行われ、しゃもじを叩いて町を練り歩くパレードや、市内30か所以上に設置された舞台や広場で歌やダンスなどを披露するお祭りです。

そのうちの1か所、博多リバレイン5階アトリウムガーデンに設けられた特設ステージにて「博多リバレインどんたく祭」と題したお祭りで、橋本環奈さんはパフォーマンスを披露しました。

 

橋本環奈さんは、撮影された当時Rev.from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)というグループのメンバーで、Rev.from DVLは3日(金)の午前の部11:45分から約15分間パフォーマンスを披露し、そのときに撮影されました。

 

撮影された当時、橋本環奈さんは中学3年の14歳だったのですが、「1000年に1人の逸材」とも言われていて14歳でこの可愛さは本当に天使ですよね!

 

橋本環奈『奇跡の一枚』が撮影された時に歌っていた曲は?

「wanna be」という曲の最中に撮影され、動画を観る前はどのようなグループか知らず「緩い感じのグループなのかな?」と勝手に思っていたのですが、とんでもなかったです!

披露していた曲は、アップテンポな感じの曲で、結構激しめのダンスでキレッキレなパフォーマンスなのです!

 

橋本環奈さんは、端の方で踊っていてあまり目立っていないですが、1:03当たりのときに撮影されたと思います。

橋本環奈さんが、当時所属していたグループ「Rev.from DVL」は、通称・レブと呼ばれ、Revは「Revolution(レボリューション)」ハイチ語で「夢」と言い、DVLは「Dance(ダンス)・Vocal(ボーカル)・Love(ラブ)」から来ています。

 

元々は、2003年に「DVL」というグループ名で男女混合のダンス&ボーカルユニットとして結成され、幾度か改変があり2011年6月に女性だけのグループに転換し「Rev.from DVL」と改名。

2014年4月16日にシングル「LOVE-arigatou-」でメジャーデビューしました。

 

その後、ミュージックカードを含むシングル7枚とアルバム1枚をリリースして、2017年3月31日に解散しました。

トータル約14年間活動していて、地元で長く愛されていたんだなと感じちょっと寂しくなりました。

 

 

橋本環奈『奇跡の一枚』撮影者(カメラマン)は誰?元ツイがある?

撮影者は、「福岡のタケ」さんという博多で有名なアイドルの追っかけをされている方です。

趣味で撮影しているのかもしれませんが、私から見たらプロです!

 

色々調べていると、プロではなくアマチュアカメラマンが撮影したと目にしますが、橋本環奈さんを撮った中の1枚が橋本環奈さんを有名にしたという実績があること。

全国のアイドルがタケさんに撮影をお願いするほどタケさんが有名だということで、タケさんが「プロです」と名乗ればプロなんです。

私たちがプロかアマかを決めるのではありません。

 

しかも、福岡のタケさんは「自分ではなく、橋本環奈さんが撮らせてくれた」と謙虚なコメントを残されています。

ちなみに、福岡のタケさんのブログに当時リアルタイムにアップしていた『奇跡の一枚』の元ネタがありました!

もちろんかんなちゃんの人気はRev一番なんで彼女への声援がよく聞こえました。
後ろの若いファンは彼女の名前ばかり叫ぶ(笑)

宇宙海賊キャプテン博多ロック       

俺の妹たちがいっぱい!そう言えば、女子流のライブを全国まわっていてたまたまこのイベントに来てい
た人に話しかけられて、Revいいですね!!ヾ(@°▽°@)ノ!って虜になっていました。

宇宙海賊キャプテン博多ロック       

なるなるの力あるパフォーマンス!エロさと力強さを兼ねた彼女のパフォーマンスは大好きです!

宇宙海賊キャプテン博多ロック       

かんなちゃんの横顔に胸がQunQunしてしまう!

 

タケよ!これがRevだ!!!って感じで俺に視線を送るドヤ顔の彼女。。。(;´▽`A“

宇宙海賊キャプテン博多ロック       

「タケちゃん!今回もあたしばっかり撮ったやろ♪」って言っているのかもしれない(笑)
確かにかんな様ばかり撮ってしまって、肝心のちかななの写真が少ないという(汗)

引用元:https://ameblo.jp/hakatano-take/entry-11527106191.html

 

福岡のタケさんは「もっと売れてほしい」と純粋な理由で、応援するアイドルの写真を撮り続けており、今もなおブログやtwitterにUPしていることはすごいと思います。

 

中々売れないアイドルが渋滞している中、もっともっといい写真を撮り続けていただいて、第2、第3の橋本環奈さんを発掘してほしいです。

タケさん、楽しみながら頑張ってください!

 

橋本環奈『奇跡の一枚』で撮影されたカメラ機材は?

created by Rinker
ペンタックス
¥28,020 (2021/04/23 12:56:23時点 Amazon調べ-詳細)
  • 商品名:PENTAX K20D
  • タイプ:一眼レフ 有効画素数:約1460万画素
  • 撮像素子:APS-C 重量:715g(本体のみ)

 

2008年3月7日に発売され、現在メーカでは生産終了していて発売時の価格はわかりませんが、現在中古で約15,000円前後で販売しています。

こちらのカメラは中級機なのですが、カメラのスペックよりも腕だと思います。

 

最低でも、

  • シャッタースピード(この時間が短いほどシャッターを速度が速い)
  • ISO感度(レンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの指標)
  • F値(レンズの絞り具合による光の取り込む穴の大きさ)

の3点の設定が合っていることと、動きものを撮るのは本当に難しいので、経験が必要なのです。

 

なので、タケさんは長いこと撮り続けていることから奇『跡の一枚』が撮れたのだと思います。

素晴らしいです。

 

 

橋本環奈がアナザースカイで明かした『奇跡の一枚』の裏話

2019年8月23日に放送された「アナザースカイⅡ」に橋本環奈さんが出演され、『奇跡の一枚』の裏話を語ってくださいました。

「全員で踊っていると、身長などのバランスが重要視されるので、それで出られなくなり、それが悔しかった」ということで、当時小柄だった橋本環奈さんは「wanna be」のときはステージから外されていました。

 

『奇跡の一枚』が撮影されたステージは広かったこともあり、「端の方でいいから踊らさせてもらい、その時の気持ちも写真の中に入っていた」と話しています。

 

端の方でいいから踊らさせてもらったことで、『奇跡の一枚』が生まれたのですね!

私だったら「はい、わかりました」と指をくわえて端の方で踊るのではなく、端の方で見ていたと思います。

 

橋本環奈さんの悔しい思いと嬉しい思い、タケさんのアイドルに対する思いがマッチした、本当に『奇跡の一枚』になったのですね。

そのような裏話があったとは、知りませんでした。

これから、今以上に応援していきます!頑張ってください!