細美武士の結婚相手(彼女)は高瀬友規奈か西野カナ?結婚式ソングが気になる

細美武士さんは、ELLEGARDEN、the HIATUS、MONOEYESでギターボーカルを担当しているバンドマンです。

2018年5月にはELLEGARDENが活動を再開し、今なお第一線で活躍をされております。

 

熱狂的なファンも多く、ロック界のカリスマとして名を馳せている細美武士さん。

もちろん女性人気も高く、過去にも何人かの女性との噂がありましたが、高瀬友規奈さんと結婚してるのでは?と話題になっています。

 

細美武士さんの結婚相手?彼女?と噂される高瀬友規奈さんとの関係性が気になりますよね。

今回は魅力的なバンドマン、細美武士さんについてまとめてみました。

 

細美武士は結婚してるの?彼女は高瀬友規奈?

2016年頃からすでにネット上では結婚しているのでは?と噂されていた細美武士さん。

年齢的にもすでに結婚はされているのでしょうか?

 

ですが色々と調べてみましたが、2019年現在で細美武士さんは正式な結婚の発表はされていませんでした。

 

では彼女はいるのでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukina Takase / 高瀬 友規奈さん(@yukina_731)がシェアした投稿

調べてみたところ、高瀬友規奈さんという女優がヒットしました。

 

過去にフジロックフェスティバルに「細美武士さんと高瀬友規奈さんが2人で来ていた」という目撃情報があったそうです。

 

ですが、現在では高瀬友規奈さんは別の男性との熱愛報道もあり、当時付き合ってるのが本当であったとしても現在は破局している可能性が高いです。

また、細美武士さんは2018年にはラジオで彼女がいることを言及されていたそうですが、こちらは細美武士さん本人による言及ではないため確証はないそうです。

 

2019年現在、細美武士さんに彼女がいるかは不明ですが、過去に熱狂的な女性ファンからストーカーまがいの被害も受けていたと関係者が答えているそうです。

元ELLEGARDENで現在はthe HIATUS(ハイエイタス)のギター&ボーカルの細美武士もファン女性からの異常な付きまとい行為に悩まされているという。

「細美とメール交換をしていた40代ファン女性のようですが、『ライブをつぶす』『あなたが生きていることが許せない』など、尋常ではないメールが連日送られてきて、メンバーやスタッフも困り果てているそうです。ついには警察に被害届を出すも、女性は自殺未遂を企てるなど、ストーカー行為を止める気配もないとか」(芸能プロ関係者)

引用元:エキサイトニュース

 

人気が落ちるということよりも、こういった熱狂的なファンのためにも彼女がいたとしても公表はしない可能性が高いと言えます。

 

 

細美武士の元彼女は西野カナだった?

 

この投稿をInstagramで見る

 

西野カナさん(@kana.n0318)がシェアした投稿

現在ではすでに結婚をされている西野カナさんですが、細美武士さんが昔付き合っていたという噂があります。

 

実際に今でもGoogleで検索をすると「細美武士 西野カナ」という検索ワードの候補が出てきます。

しかし、こちらに関しては一切の情報は無く、そもそもの根拠すら見つかりませんでした。

 

ファンの間でも、なぜ細美武士さんと西野カナさんが噂になってるのか不明みたいです。

もしかしたら何か番組などで共演した際に2人の名前が検索され、そのキーワードが熱愛として噂が一人歩きしてしまっていたのかもしれませんね。

 

細美武士(ELLEGARDEN)の結婚式ソングといえば…

さて、結婚ネタについて話題になっていた細美武士さんですが、ELLEGARDENに結婚式ソングがあるのはご存知でしたか?

「そんなもん知っとるわ、ボケ!」とファンの方に怒られそうですが、、、知らなかった方にELLEGARDENで人気の結婚式ソングをご紹介します。

 

ELLEGARDENの結婚式ソングをタイトルから探すと一番に目につくのが、「Marry Me」ですね。

明るい曲調であり、歌詞を特に気にせず聞けば結婚式ソングに聞こえます。

タイトルを和訳をすると「僕と結婚してください」ですが、なんとも素敵なタイトルですね。

 

しかし、こちらは歌詞を和訳してみると「これから他の男性と結婚をしてしまう女性に対して実は君と結婚したかった」と、心の中で呟く女々しさ全開の曲となっているのです。

 

タイトルに騙されて結婚式で流さないように気を付けたいですね(笑)

ですが、こういったユーモアな曲を作るのも細美武士さんの魅力だと言えます。

 

他には「スターフィッシュ」という曲もあります。

 

こちらの歌詞は

「おとぎ話の続きを見たくて すぐ側のものは見えなかった~」

「こんな星の夜は 君がいてくれたなら 何を話そう とか~」

など、実際に目の前にはいない相手に向けた純情な恋愛感情の歌となっています。

 

つまり片思いソングに近い歌詞となっています。

結婚式ソングとは少し異なりますが、切なくも儚い素敵な歌詞であることが分かりますね。

 

 

細美武士の英語力は高い?帰国子女なの?

細美武士さんの曲では英語の歌詞が非常に多く存在します。

また、過去にはNHKの英語番組に細美武士さんが出演したそうです。

一体どのような経験を積んでいるとそうなれるのでしょうか?

 

細美武士さんは英語について、

  • 子供のころに海外で生活した経験はない。
  • 好きな洋画を20回見ていた。
  • だんだん何を言っているか聞き取れるようになった。
  • 中学生の時に友達のギターに合わせて歌っていたのが音楽の原体験。
  • 英語で歌を歌うのが自分にとっては自然。聞いてきた歌が自然だった。
  • 英語で歌詞を書くと日本語の3倍の情報量が書ける。

とインタビューでおっしゃったそうです。

 

もちろんこれだけで英語が喋られるようになったわけではなく、独学で勉強した後に神田外語大学に入学しています。

そして大学卒業後にアメリカでプログラマーとして活躍をされていたそうです。

こういった環境で英語力を高めていったんですね。

 

また、細美武士さんは英語の勉強は毎日継続して行うことの重要性を以下のように話しています。

 

  • 楽器は1日練習サボると3日分後退する。
  • とにかく毎日練習しないといけない。
  • 英語や歌も同様。日々の積み重ねはその進歩が自分では分からない。
  • こんなことをやって本当にうまくなるのかってことを何年もやると、あとで
  • 振り返ると進歩していることがわかる。
  • ここまで上達したいという目標と現状に差があったとしても、一日一歩ずつ進むしか道はない。その一歩を進められない人は結局目標にたどり着けない。

 

細美武士さんは努力によって道を切り開いてきたんですね。

 

ちなみに細美武士さんの英語について外国人の方はYoutubeの動画へのコメント欄で

「このバンドがアジア人だなんて全く気付かなかった」

「ビデオを観るまでは、彼らが日本人だとは全く思わなかった」

「ほとんどのアメリカのバンドよりも英語が上手いんじゃないの」

といったコメントをしています。

 

このことからも細美武士さんの英語はネイティブに近い発音で、英語力は非常に高いということが分かりますね。

 

 

細美武士のタトゥーの意味とは?

細美武士さんは体に多くのタトゥーを入れていることでも有名です。

タトゥーには意味や思い出が込めて彫る人が多いので、細美武士のタトゥーにも何か意味があるに違いありません。

 

ファーストタトゥーは胸のつばめ。

一般的にはつばめのタトゥーには「自由」「誇り」「幸運」といった意味があるそうです。

 

2つ目は左足にある剣に龍が巻き付いたデザイン。

龍のタトゥーには「強さ」「力」「自然と宇宙」といった意味があります。

 

3つ目は左腕の和彫り。

4つ目は右腕にトライバル柄の狼。

そして5つ目は左腕の和彫りに追加した虎。

 

全部で5つのタトゥーですが、細美武士さん本人は明確にタトゥーの意味を語ったことはないそうです。

 

ですが、『かつて躁鬱で苦しんだ時の経験を忘れないために敢えて目につきやすい場所に彫った』そうです。

きっと細美武士さんの中で、これまで数々の困難や試練を乗り越えてきた記憶を思い出して、自分自身を鼓舞するためにやっているのかもしれません。

 

ずっと最前線で歌い続けてきてる細美武士さんだからこそ、私達にはわからないほど壮絶な経験をして強くなっていってるんでしょうね。

 

細美武士のプロフィール(年齢・身長・高校など)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fuji Rock Festivalさん(@fujirock_jp)がシェアした投稿

  • 生年月日:1973年2月22日(48歳)
  • 出身地:千葉県香取市
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型
  • 学歴:神田外語大学外国語学部英米語学科卒業
  • 活動期間:1998年~

 

細美武士さんが音楽と出会ったのは、中学生の頃でした。

いつも親が寝静まった時間帯になると、家を抜け出して友達とコッソリ幼稚園に集まって遊んでいたらしいのですが、ある日仲間の一人がアコースティックギターを持ってきたのがキッカケでした。

(ヤンチャな中学生だったんですね・・笑)

 

細美武士さんは、これに影響を受けてギターを始めることになったのです。

 

しかし、音楽では飯を食べれないと思っていた細美武士さんは、高校時代に先輩が乗っていたバイクに憧れて自身もバイクに乗るようになります。

バイク通学をしていた細美武士さんですが、通っていた高校ではバイク通学禁止だったため、校則違反がバレて停学処分に。

(高校時代もヤンチャですね・・笑)

 

そしてそのまま高校を中退してしまうのです。

ちなみに、細美武士さんの地元は千葉県香取市なので、おそらく香取市内の高校に通っていたのでは?と言われていますが、高校名まではわかっていません。

 

高校中退後、父親に「高校行かないなら働け」と言われ、バイトをしながらバイクのレーサーを目指していたものの断念。

その後は、工場で住み込みのバイトを続けた後、必死で独学で猛勉強し、神田外語大学に見事合格しました。

 

大学卒業後、英語が話せる細美武士さんはプログラマーとして一度就職して、サンフランシスコで海外勤務をされていたんだとか。

そして1998年、ELLEGARDENのリーダーである生形真一さんから勧誘を受けて、ELLEGARDENに加入してプロのミュージシャンとしての道を歩み始めました。

 

ちなみにこちらのラジオでは、細美武士さんの半生をガッツリ聞けるのでぜひ聴いてみてください。

細美武士さんの人生観や生き様が、これまでの音楽にも反映されているんだなぁということがよくわかります。

 

今後も細美武士さんの活躍により一層期待していきたいですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。