稲田直樹は幼少期から病気でアトピー?顔色は親からの遺伝なの?

2010年に稲田直樹さんと河井ゆずるさんで結成された漫才コンビ「アインシュタイン」

ボケ担当稲田直樹さんの、強烈な見た目に反して内面はとても紳士的というギャップの面白さに注目が集まり最近メディアで活躍されています。

 

そんな稲田直樹さんのお顔をテレビで拝見すると、顔色が赤黒い様に感じます。

ネット上では、幼少期から病気でアトピー?肌質は親からの遺伝?という疑問が浮上していますので調べてみました。

 

【アインシュタイン】稲田直樹のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

アインシュタイン 稲田直樹さん(@inada1228)がシェアした投稿

1984年12月28日生まれ(36歳)。大阪府四条畷市出身。A型。

中学時代の友人と組んだコンビ「バンパイア」を解散後、しばらくはピン芸人「いなだなおき」として活動。

その後、2010年に現在の相方河井ゆずるさんと「アインシュタイン」を結成し現在に至ります。

 

吉本ブサイクランキングで1位に輝くが、本人に言わせると「地方予選レベル」との事です。

上方漫才協会大賞のブサイクランキングでは2017年、2018年、2019年の三年連続で1位を獲得し殿堂入りを果たしています。

 

相方の河井ゆずるさんは吉本男前ランキングで1位に輝いていますので、お顔立ちだけでいうととても両極端な二人がコンビを組んでいるのですね。

それもまたこのコンビの人気のひとつなのかも知れませんね。

 

ネタは稲田直樹さんが書いていて、その実力は数々の賞レースでも証明されています。

  • 2011年、2014年:MBSオールザッツ漫才FootCut優勝
  • 2016年:第一回上方漫才協会大賞にて大賞を受賞
  • 2018年:第48回NHK上方漫才コンテスト優勝

見た目のインパクトだけではなくて、しっかりと実力も兼ねそろえているコンビなのですね。

 

 

稲田直樹の顔色がおかしいのは病気でアトピー肌だから?

 

この投稿をInstagramで見る

 

アインシュタイン 稲田直樹さん(@inada1228)がシェアした投稿

稲田直樹さんのお顔をテレビで拝見していると、全体的にカサカサと乾燥しており、アトピー肌の方に見受けられる様な赤黒さがあるように感じられます。

ご本人は公言されていませんが、見た感じ、肌荒れをしているというよりは極度の乾燥肌で、掻き壊しによる色素沈着のような肌色に思われるのでアトピー肌なのかもしれません。

 

以前「人志松本のすべらない話」で、色の名前を調べられるアプリを使いおでこの色を調べてみたら、

  • 調子のいい時は亀覗<カメノゾキ>
  • 調子の悪い時は銀鼠<ギンネズミ>

という色だったというお話を披露していました(笑)

それも恐らく色素沈着によるものなのかなと推測できます。

 

そういった、自身の人と違った特徴を見事に笑い変えている所にプロの芸人魂とセンスを感じます。

では、稲田直樹さんの肌はいつ頃から荒れていたのでしょうか?

幼少期から遡ってみました。

 

稲田直樹の幼少期画像は?

この写真を見ただけで、とてもひょうきんなお子さんだったであろう事が一目瞭然ですね。

お肌の方は目元が少しかさついている様には見えますが、幼少期は特別アトピー肌という印象は見受けられませんね。

 

顎も、少し長めかな?というくらいですが、ご本人曰く小学校6年生くらいから始まったと以前テレビでおっしゃっていました。

しかしそれによりいじめられた事は一度もないそうです。

 

その事について稲田さんは、自分が明るかったからというよりは周りが優しかったからとおっしゃっており、稲田さんの人の好さが垣間見まれました。

実際に幼少の頃からひょうきんで近所の方から人気者で、稲田さんが商店街を通ると、わざわざお店の中からおばちゃんやおじちゃんが出てきて手を振ってくれたそうです。

 

稲田直樹の高校時代の画像は?

稲田直樹さんの高校時代の写真は残念ながら見つけられませんでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アインシュタイン 稲田直樹さん(@inada1228)がシェアした投稿

ちなみに、インスタグラムでは学ラン姿の稲田直樹さんを発見!

きっと高校時代はこんな感じだったのでしょうか(笑)

 

稲田直樹さんの出身校は、府立の共学校「四条畷北高校」(※現在は統合されて北かわち皐が丘高校)。

ひょうきんだけれど人見知りな性格だった為徐々に友達と打ち解けるようになり、高校3年生の時にはクラスの人気者だったそうです。

 

以前に高校時代の髪型にまつわるこんなエピソードを話しておられました。

ある日、頭のてっぺんだけ残すヘアスタイルを思いつき、みんないじるだろうなとわくわくしながら学校に行ったら、生活指導の先生に呼び出されてしまいました。

 

停学処分も覚悟して先生の元に向かうと、怒られると思っていたのに、先生は稲田さんがいじめられていると思い「嫌なことは嫌だとはっきり言わないとあかんぞ」と優しく諭しました。

稲田さんは「違います自分でやりました」と言っても、全然信じてもらえなかったそうです。

 

でも実際は、クラスのイケてるグループに所属していて、イケてる友達とイケてる毎日を楽しく過ごしていたようです。

稲田さんを拝見していると、人と仲良くなる上で容姿なんてなんら関係がないものなんだなという事を改めて感じました。全ては人間力ですね。

 

稲田直樹のアトピー肌は親からの遺伝?兄弟も同じ肌質?

稲田直樹さんのご家族について調べてみましたが、ご両親やご兄弟に関する画像やエピソードなどの情報はほとんど見受けられませんでした。

アトピー肌が遺伝なのか?ご兄弟も同じ肌質なのか?は分かっていません。

 

しかし、インスタグラムでたまに甥っ子さんの動画 をアップされていますのでご兄弟はいらっしゃるのでしょう。稲田さんは優しく面白い叔父さんなのでしょうね。

 

ご両親に関しましては、稲田さんが幼少期から人見知りで、人前で話すと汗が噴き出てくるほどだった為芸人になる事は反対されていたそうです。

稲田直樹さんの現在のメディアでの活躍や、賞レースで結果を出している姿を見てご両親も安心しておられるのではないでしょうか。

 

 

稲田直樹の顔は顎変形症?ブサイクだけど人気の理由は?

2019年7月25日に放送された「アメトーーク」を見ていたら、 稲田直樹さんはファンからだけではなく、芸人仲間からも愛されているのがとてもよくわかりました。

稲田直樹さんは自分の容姿をコンプレックスに思った事はなく、「個性」だとおっしゃっていました。

 

肌質以外にも、稲田直樹さんの容姿で特徴的なのが、ご本人や周りの芸人達もよくいじっておられる顎の形です。こちらは恐らく「顎変形症」なのではないかと推測します。

身体の成長と共に顎の骨格の上顎と下顎にズレやねじれが生じて、顎が出てきたり曲がったりする病気のようです。

 

稲田さんは歯が弱く以前ネタの最中に歯が抜けた事もあるそうです。

それももしかすると「顎変形症」の影響があるのかもしれません。

しかし、その「個性」に対して時に酷い言葉を投げかけてくる人もいます。

 

ある日子供が稲田さんの顔を見て、「気持ち悪い、ブサイク」と言ってきたそうです。

それに対して稲田さんは「ぼく、顔だけやないぞ」と機転の利く返しを即座にしたそうで。

 

きっとその子供は想像してなかった返しに思わず笑ってしまい、稲田さんの事を面白いおじさんだなって思い好意を持ったのではないでしょうか。

このエピソードに稲田さんが愛される要素全てが入っている様に思います。

 

芸人としての才能と人間として懐の深さ。それが稲田さんの現在の活躍に繋がっているのではないでしょうか。

また、そんな稲田さんの人間性が故に、ファンや芸人達から愛されて、ハートがイケメンと言われているのでしょう。

 

いつまでも元気で面白い稲田さんをお茶の間で拝見したいので、健康でいてほしいですね。

これからも、面白くてカッコイイ稲田直樹さんに目が離せませんね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。