ジャニーズに圧力受けた歌手一覧!w-inds・三浦大知・AAAも被害に?

2019年7月17日に、ジャニーズ事務所が独占禁止法違反の恐れがあるとして、公正取引委員会によって注意が入ったと報じられました。

つまり、ジャニーズ事務所がジャニーズの人気を脅かしそうなグループに対し、テレビ出演ができないよう圧力をかけていたということです。

 

今回は、ジャニーズ事務所から圧力を受けていたとされる歌手やグループについてまとめていきます。

あなたが好きな歌手やグループが圧力をかけられていなかったか?

ぜひ、チェックしてみてください。

 

ジャニーズの圧力とは?民放とズブズブって本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

大阪33(@music_show_m)がシェアした投稿

ジャニーズ事務所は芸能界で多大なる権力を持っており、ジャニーズ事務所の脅威となりそうな男性アイドルグループに圧力をかけてきたことで知られています。

ジャニーズ事務所の圧力というのは、男性アイドルグループが売れないように、テレビ番組への出演を妨害するというものです。

 

ジャニーズ事務所がいくら頑張ったところで、他の男性アイドルグループのテレビ番組出演をコントロールできるわけではないですが、実はジャニーズ事務所は民放とズブズブの関係だと言われています。

つまり、各民放がジャニーズ事務所に忖度をして、ジャニーズグループの脅威となりそうな男性アイドルグループのテレビ出演を減らしているのです。

しかし、ジャニーズ事務所と『ミュージックステーション』が深い関係を築いた数十年の蜜月には、負の側面もあった。ジャニーズ事務所による“圧力”とテレビ局側の“忖度”によって、ジャニーズ事務所以外の男性アイドルグループが地上波テレビから排除されてきたのではないか、という疑惑だ。

引用元:https://news.merumo.ne.jp

 

民放の忖度によりジャニーズグループの地位は守られているものの、どんなに人気や実力があってもジャニーズ事務所と民放に道を阻まれた男性アイドルグループは、鳴かず飛ばずのまま消えてしまった人たちも少なくありません。

 

 

ジャニーズの圧力を受けた噂の歌手一覧!

 

この投稿をInstagramで見る

 

markn-o(@shoanlife0911)がシェアした投稿

それでは、まずジャニーズ事務所による圧力を受けたグループを見ていきましょう。

ジャニーズ事務所の圧力をものともせず、見事売れていったグループもあれば、長い間売れなかったグループもありました。

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手1:w-inds

 

この投稿をInstagramで見る

 

w-inds. Fes ADSR 2019【公式】(@winds.fes2019)がシェアした投稿

w-inds.も、ジャニーズ事務所から圧力をかけられていたとされています。

w-inds.は歌って踊れてなおかつメンバー全員ルックスが良いことから人気があるにもかかわらず、DA PUMPと同様に音楽番組への出演が極端に少なかったからです。

 

しかし、ジャニー喜多川さんが亡くなった時、DA PUMPのISSAさんと同様に、w-inds.の橘慶太さんもコメントを出しました。

「素敵なグループを数多く生み出し、僕は沢山の影響を受けました」「ジャニーさんがいらっしゃらなかった僕は歌って踊る事を始めていなかったかも知れません」

引用元:https://taishu.jp

自分たちの音楽人生をコントロールした人に、このようなコメントを出すとは考えにくいですよね。

 

音楽番組にw-inds.が出なかったのはテレビ局側の忖度という話もありますし、w-inds.は徐々に中国や香港など海外向けに視野を広げていったことも、国内で姿を見かけなくなった理由の一つでしょう。

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手2:三浦大知

 

この投稿をInstagramで見る

 

三浦大知(@daichimiura824)がシェアした投稿

三浦大知さんは最近でこそ世界水準の歌声とパフォーマンスが注目されていますが、過去にはジャニーズ事務所による圧力をかけられていたことがありました。

三浦大知さんは9歳の頃に道島ひかりさんや、AKINAさんが所属していたFolderのメンバーとしてデビューしました。

 

三浦大知さんは当時から和製マイケルジャクソンとの呼び名が高く、抜群のパフォーマンス力が話題となっていました。

変声期による休止期間を経て、2005年に三浦大知さんはソロデビューするものの、なかなか地上波で目にすることはありませんでした。

 

それもそのはず、三浦大知さんはジャニーズ事務所と険悪の仲である、ライジングプロダクションに所属していたのです。

ジャニーズ事務所は、ライジングプロダクションのタレントがいる番組にはジャニーズタレントを出さないというほど嫌っていました。

 

しかし、2015年に放送された音楽番組『水曜歌謡祭』ではジャニーズ事務所所属の増田貴久さんと三浦大知さんが共演し、ジャニーズ事務所とライジングプロダクションが和解したのか?!とネット上の騒ぎになりました。

よって、三浦大知さんに本当に圧力がかけられていたかどうかわからなくなってしまいましたが、今三浦大知さんがトップアーティストの1人なのは、紛れもなく実力によるものでしょう。

 

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手3:AAA

 

この投稿をInstagramで見る

 

AAA(トリプル・エー)(@aaa_official_jp)がシェアした投稿

2016年10月28日に男女パフォーマンスグループのAAAが、6年ぶりにMステに出演したことが話題になりました。AAAが6年もの間Mステに出られなかったのは、ジャニーズ事務所による圧力が原因だとも言われています。

というより、AAAがMステに出られること自体がかなり貴重だともされていました。

 

AAAのメンバーには元ジャニーズJr.の日高光啓さんがいるからです。

引用元:Google

日高光啓さんは、NEWSの小山圭一郎さんと同期にあたるようでした。

 

また、AAAは女性メンバーがいるものの、歌って踊れて若く、更にルックスもいいことからジャニーズ事務所から脅威とされていたのです。

AAAが表舞台に出られるようになったのはアラサーになってからで、ジャニーズ事務所の圧力の凄まじさを感じざるを得ません。

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手4:DAPUMP

 

この投稿をInstagramで見る

 

yori_dp(@yori_dp)がシェアした投稿

DAPUMPも、1990年代後半にジャニーズ事務所に圧力をかけられたとされるグループの1つです。

DAPUMPはISSAさんという圧倒的な歌唱力に加え、ダンスパフォーマンス、ルックスと売れるための条件が揃っているにもかかわらず、テレビ出演が少なかったからです。

 

ところが、ジャニー喜多川さんが亡くなったことに対して、ISSAさんやDAICHIさんがお悔やみのコメントをあげていたことから、「DAPUMPとジャニーズ事務所のわだかまりはないのでは?」という話があるのも事実です。

実際に、以前のDAPUMPのメディア露出が減っていったのは、ISSAさんの度重なるスキャンダルによるイメージダウンが原因でもありました。

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手5:SMAP

 

この投稿をInstagramで見る

 

SMAP(@smap_five_)がシェアした投稿

2019年7月17日に明らかになったのは、元SMAPの草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんへのジャニーズ事務所による圧力です。

2017年9月にジャニーズ事務所を退所した草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんは、その後に元SMAPのチーフマネージャーが立ち上げた新事務所に合流し、新しい地図というグループ名で活動を開始しました。

 

ところが、ジャニーズ事務所を辞めた草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんに対してジャニーズ事務所が圧力をかけ、テレビ出演をさせないようにしていたのです。

「ジャニーズを辞めたことで、現在は3人の地上波レギュラー番組が消滅。以来、彼らを起用しようとする局はどこもない。各局がジャニーズ事務所の顔色をうかがい、勝手に“忖度”しているという話が通説になっていたが、公取委の動きで必ずしも忖度だけではないことが判明した」(テレビ局関係者)

引用元:フライデー

 

草彅剛さんの『ぷっすま』や、香取慎吾さんの『おじゃマップ』が終了したのも、ジャニーズ事務所の圧力によるものだと言われています。

ジャニーズ事務所による圧力が明らかにされてから、草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんはテレビ出演が増えてきているので、あながち圧力説は間違っていないということでしょう。

 

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手6:超特急

 

この投稿をInstagramで見る

 

超特急/bullettrain(@bullettrain8)がシェアした投稿

超特急は個々のメンバーをバラエティ番組で見かける機会はあるものの、なかなか音楽番組で見かける機会は多くありません。

超特急が音楽番組への出演が少ないのは、ジャニーズ事務所による圧力ではないか?と言われています。

 

超特急は男性アイドルグループランキングではジャニーズグループを除いてトップ入りをしています。

また、発売したシングルは週刊オリコンランキング1位、全国21都市でライブツアーを行うなど、音楽番組への出演がないのがおかしいくらいの人気ぶりです。

 

ジャニーズ事務所による超特急への圧力があったのかどうかは定かではありませんが、ジャニーズグループとファン層が被りそうなこと、超特急が歌って踊れるグループであることから、ジャニーズ事務所による圧力があったと考えてもおかしくありません。

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手7:EXILE

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXILE ATSUSHI(@exile_atsushi_official)がシェアした投稿

EXILEも歌って踊るという形態から、ジャニーズ事務所の圧力を受けたことがあるのではないかという話があります。

しかし、これまでEXILEやEXILE系列の三代目JSoul Brothersらは何度もジャニーズのグループと共演してきています。

実際、EXILEグループにはジャニーズ事務所による圧力はかけられていません。

 

そもそも、EXILEはボーカル&バックダンサーという形態でジャニーズのグループと被らないことや、ファン層や曲の路線が異なることから、ジャニーズ事務所にとって脅威でないからです。

しかも、EXILEは元リーダーのHIROさんが社長を務めるLDHに所属しており、HIROさんの人脈の広さからも、芸能界でうまくやっていけていると言います。

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手8:ワンオク(ONE OK ROCK)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ONE OK ROCK(@oneokrockofficial)がシェアした投稿

ONEOKROCKは世界的に有名なバンドですが、日本のメディアに取り上げられることはほとんどありません。

ONEOKROCKのボーカルTakaさんは、元ジャニーズタレントだったからです。

 

Takaさんは2001年にジャニーズ事務所に入所し、2003年にはNEWSのメンバーとしてデビューしました。

ところが、スキャンダルをきっかけにTakaさんはジャニーズ事務所を退所し、ONEOKROCKを結成しました。

引用元:Google

AAAや新しい地図と同様に、ジャニーズ事務所は辞めた人間に圧力をかけることでも知られています。

 

例として、2015年に起きたパリの同時多発テロの追悼コメントでは、Takaさんのコメントだけがメディアに放送されませんでした。

13日、120人以上が死亡したパリでの同時多発テロで、悲劇の舞台となったバタクラン劇場やパリに縁のある日本人アーティストやタレントの反応を各テレビ局が伝えたが、その中からロックバンド、ONE OK ROCKだけが意図して外されていたことがわかった。

引用元:https://www.excite.co.jp/

しかし、ONEOKROCKは今ではジャニーズ事務所の圧力の意味もないくらい、莫大な人気を誇るバンドになっています。

 

ジャニーズの圧力を受けた歌手9:JO1

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

2020年3月にデビューしたばかりのJO1も、これからジャニーズ事務所の圧力がかかるのではないかと心配されています。

JO1もまた歌って踊れるルックスが良い若い男性で構成されたグループだからです。

 

それに、ジャニーズ事務所の脅威となるKPOPアイドルの路線を持っています。

JO1のデビューシングルはオリコン週間ランキング1位に輝き、32.7万枚を売り上げました。

 

にもかかわらず、デビューのタイミングでJO1が出演した音楽番組はたった1番組だったのです。

JO1は吉本興業と韓国のCJ ENMの合弁会社に所属しているため、今のジャニーズ事務所に圧力をかける権限が残っているのかという疑問も残ります。

 

 

ジャニーズの圧力が最近低下してるのは本当なの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny’s Entertainment ジャニーズ(@janizulove)がシェアした投稿

ジャニーズ事務所による独占禁止法違反が明らかになってから、みるみるジャニーズ事務所の圧力が弱まっていると言われています。

2019年7月にジャニー喜多川さんが亡くなったことが、ジャニーズ事務所の圧力が弱まった原因の一つだと言われています。

 

ジャニーズ事務所の独占禁止法違反が大きく報道されてからは、新しい地図のメンバーのテレビ出演も増えましたし、最近では以前なら圧力をかけられていそうな男性アイドルグループも普通に活動できています。

 

また、以前圧力をかけられていたDA PUMPや三浦大知さんも音楽番組に出演できるようになりました。

今でもテレビ局側がジャニーズ事務所に忖度して、他の男性アイドルグループを出演させないことはあるようですが、芸能界で強大な力を持っていたジャニー喜多川さんがいなくなった今、ジャニーズ事務所の圧力が弱まっているのは確かです。

 

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

さっぴー(@sayu_yosinami_)がシェアした投稿

今回は、ジャニーズ事務所から圧力を受けたたグループについてまとめました!

ジャニーズ事務所の圧力を跳ね除けて大成したグループもあれば、耐えきれず人気が低下していったグループもありましたね。

現在ではジャニーズ事務所による圧力は低下しているようなので、これから新しい男性アイドルグループがどんどん活躍していくのが楽しみですね!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。