忌野清志郎の本当の死因はガンではない?代替療法で命を落とした?

今からおよそ10年前、一人のロックミュージシャンがこの世を去りました。

日本を代表するロックスターの一人でもある忌野清志郎さんです。

忌野清志郎さんはRCサクセションを始めとする多くのバンドで活動しており、ザ・キング・オブ・ロックの異名を取るほどでした。

 

忌野清志郎さんの死因は一般的にはガンであったとされていますが、本当の死因は違ったのではないかという噂があります。

今回は忌野清志郎さんの死因の謎について調べていきたいと思います。

 

忌野清志郎の死因は『ガン性リンパ管症』どんな病気なの?

忌野清志郎さんが亡くなった病名は『ガン性リンパ管症』だと言われています。

この病気は、ガン細胞がリンパ管に入り込み、ガン細胞が増殖したためリンパ管がふさがれてリンパの流れが妨げられていることで起こる病気だそうです。

 

肺のガン性リンパ管症では呼吸困難などの症状があらわれるそうです。

また、病気が進行すると元の状態に戻ることは難しく、多くの人は数日のうちに亡くなってしまう恐ろしい病気でもあります。

 

しかも、忌野清志郎さんはヘビースモーカーだったようで、なんと1日に30本以上もタバコを吸っていたんだとか!

喉頭がん発覚の数年前には禁煙をしていたようですが・・・

長年に渡って身体を蝕んできたタバコが原因である可能性も否定できません。

 

 

忌野清志郎は代替療法で命を落とした?手術を拒否した理由とは?

忌野清志郎さんは亡くなる3年ほど前に、喉頭ガンを発症していました。

喉頭ガンとは喉頭に悪性腫瘍が発生する病気です。

 

忌野清志郎さんはこのとき、代替療法と呼ばれる通常医療とは異なる治療法を選択したそうです。

この選択がきっかけとなり忌野清志郎さんは亡くなったのではないか、と言われているそうです。

 

忌野清志郎はガンの手術によって歌えなくなることを恐れていた

忌野清志郎さんはなぜ通常医療ではなく、代替療法を選択したのでしょうか。

理由は『手術をしてガンの摘出をすれば声を出すことはが出来なくなってしまうから』です。

 

実際に同じく喉頭ガンを発症したつんくさんが摘出手術をしたことによって、

今までのように歌えなくなってしまった事はご存知の方も多いことでしょう。

 

歌手にとって歌えなくなるということは全てを失うに等しいことで、忌野清志郎さんにとってそれはあり得ない選択だったのではないかと思います。

そのため、忌野清志郎さんは歌手として生き続けるために代替療法を選択したのです。

 

忌野清志郎が取った代替療法とは?本当の死因はこれだった?

そもそも代替療法とはどういったものなのでしょうか。

代替療法とは、

『科学的・分析的な近代医学の限界を指摘し、時には霊の力を援用しながら、患者の心身全体の調和を取り戻そうとする医療』

だと言われています。

 

つまり科学的根拠のある医療でなく、患者にストレスを与えないメンタル面でのケアを優先した治療法ということですね。

皆さんに馴染みの深い『中国医学』や『漢方』などもこれに当たると言われています。

 

忌野清志郎さんが実際に選択した代替療法は「玄米菜食法」と呼ばれるものでした。

これは肉を食べずに玄米と野菜を中心にした食事法です。

 

更に、これだけではすでに進行しているガンを止めることは出来ず、抗がん剤治療も同時に受けていたと聞きます。

ですが、5か月後に左腸骨にガンの転移が見つかり忌野清志郎さんはライブ活動を休止し、翌年の2009年5月2日にこの世を去りました。

 

本当の死因というわけではありませんが、代替療法ではなく手術でのガン摘出を選択していれば亡くならなかった可能性はあります。

しかし、これは決して忌野清志郎さんの選択が間違っていたというわけではなく、通常医療を選択していればというのはあくまでも一般的な見解になります。

 

むしろ忌野清志郎さんの選択は正にアーティストそのものの考えであり、その生き様は大変素晴らしいものです。

忌野清志郎さんは名実ともに正にザ・キング・オブ・ロックであったと私は感じました。

 

 

忌野清志郎の告別式で甲本ヒロトが読んだ弔辞が話題に【全文】

そんな忌野清志郎さんの告別式で、THE BLUE HEARTSや、ザ・クロマニヨンズのボーカリストとしても名高い甲本ヒロトさんの弔辞が話題になっています。

 

その全文がコチラになります。

キヨシロー。えー、清志郎、あなたとの思い出に、ろくなものはございません。突然呼び出して、知らない歌を歌わせたり、なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり。レコーディングの作業中には、トンチンカンなアドバイスばっかり連発するもんで、レコーディングが滞り、そのたびにわれわれは、聞こえないふりをするのが必死でした。

でも、今思えば、ぜんぶ冗談だったんだよな。今日も、「キヨシローどんな格好してた?」って知り合いに聞いたら、「ステージ衣装のままで寝転がってたよ」って言うもんだから、「そうか、じゃあ俺も革ジャン着ていくか」と思って着たら、なんか浮いてるし。清志郎の真似をすれば浮くのは当然で、でもあなたは、ステージの上はすごく似合ってたよ。ステージの上の人だったんだな。

一番最近会ったのは、去年の11月。The Whoの来日公演で、武道館の。そのとき、あなたは客席の人でした。ステージの上の清志郎じゃなくて、客席の人でした。たくさんの人が清志郎に憧れるように、あなたはロックンロールに憧れていました。僕もそうです。

そんな、いち観客どうしの共感を感じ、とても身近に感じた直後、あなたはポケットから何かを出されて。それは、業界のコネをフルに活かした戦利品、とでも言いましょうか、ピート・タウンゼントの使用するギターのピックでした。

ちっともあなたは、観客席のひとりじゃなかった。僕があまりにもうらやましそうにしているので、2枚あった、そのうちのひとつを、僕にくれました。

(ポケットの中を探る)

こっちじゃねえや……これだ。ピート・タウンゼントが使ってたピックです。これはもう返さなくていいね。納めます。ありがとう。

一生忘れないよ。短いかもしれないけど、一生忘れない。ほんで、ありがとうを言いに来たんです。数々の冗談、ありがとう。いまいち笑えなかったけど。はは……。今日もそうだよ、ひどいよ、この冗談は……。

うん。なるべく笑うよ。そんでね、ありがとうを言いに来ました。清志郎、ありがとう。それから後ろ向きになっちゃってるけど、清志郎を支えてくれたスタッフのみなさん、それから家族のみなさん、親族のみなさん、友人のみなさん、最高のロックンロールを支えてくれたみなさん、どうもありがとう。どうもありがとう。

で、あとひとつ残るのは、今日もたくさん外で待っている、あなたのファンです。彼らにありがとうは、僕は言いません。僕もそのひとりだからです。それはあなたが言ってください。どうもありがとう! ありがとう!

引用元:https://logmi.jp/business/articles/11652

 

忌野清志郎さんと甲本ヒロトさんの交友関係は公には語られていませんが、それぞれのバンドが対バンしたことも何度もあり、弔辞の内容からも分かるようにとても深いものであったことが分かります。

 

実際に弔辞の中で登場するピート・タウンゼントさんは甲本ヒロトさんにとって憧れそのものの人物なのですが、そのピートさんのピックを甲本ヒロトさんは納めると言っています。

甲本ヒロトさんにとっては宝物同然であるピックを棺に納めるという行為で、どれだけ忌野清志郎さんのことを強く想っていたのかがよく分かりますよね。

 

忌野清志郎さんが亡くなって今年2019年で10年が経ちます。

ですが、忌野清志郎さんの生き方は今なおファンの方の心に残り続けています。

 

また、忌野清志郎さんの公式サイト『地味変』は今でも更新され続けています。

気になる方はぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。