國井恒志裁判官の評判が最悪!なぜ死亡事故が無罪判決になったの?

2020年3月5日、前橋女子高生死傷事件の判決が出て、容疑者の川端清勝氏の無罪が確定し、裁判官「國井恒志氏」について注目が集まっています。

 

國井恒志氏はどんな人物なのか?なぜ前橋女子高生死傷事件は無罪になったのか?

少しでもこのような事件が減るように、國井恒志氏や、事件についても詳しく調べてみました。

 

國井恒志(くにいこうし)裁判官の顔画像と経歴・学歴

まず、國井恒志氏経歴や、学歴を見てみましょう。

國井恒志氏について調べたところ、1966年2月16日生まれの54歳ということがわかりました。

引用元:Twitter

しかし、國井恒志氏の学歴に関する情報は見つかりませんでした。

 

裁判官になるくらいですから、

  • 司法試験の多数合格者の東京大学
  • 京都大学、
  • 早稲田大学
  • 慶応大学
  • 中央大学

などの出身の可能性が高いと考えられます。

 

國井恒志氏の裁判官としての経歴は、2005年福岡地裁、2013年名古屋地裁岡崎支部、

その後は、最高裁や、名古屋高裁でも働いていたそうです。

 

 

なぜ死亡事故が無罪?謎の判決に遺族は唖然

2020年3月5日に、前橋女子高生死傷事件が無罪判決になりました。

運転手の男性が女子高生をはねた事実は変わらないのに、なぜ男性は無罪判決になってしまったのでしょうか?

 

ネット上でも、今回の無罪判決に対して、否定的な意見が飛んでいるようです。

どうやら、運転手の男性が無罪になったのは、いくつか理由があるようで、判決を下したのが、國井恒志氏だというのです。

 

高崎女子高生死傷事件が起きた経緯や、運転手の男性が無罪判決になった理由も見てみましょう。

 

2018年1月に川端清勝被告が女子高生をはねる

まずは、前橋女子高生死傷事件についておさらいをしましょう。

前橋女子高生死傷事件は、2018年1月に群馬県前橋市で、自転車の高校生二人が87歳の高齢者にはねられた事件です。

 

はねられた高校生のうち、一人は大けが、もう一人は死亡してしまいました。

これだけを見ると、圧倒的に87歳の運転手に非がありますが、運転手側の主張によると、

被告の弁護士は「低血圧による意識障害が生じるおそれを認識しておらず、事故の発生を予見できなかった」などと無罪を主張していました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp

つまり、意識障害を引き起こすかもしれない87歳の高齢者が、家族から引き止められていたにも関わらず運転していたというのです。

 

そして、案の定、女子高生二人を跳ね飛ばすという最悪な形になりました。

筆者としては、運転が危険という自覚症状があったにも関わらず、運転していた時点で有罪にしたいくらいです。

 

 

2020年3月5日にまさかの無罪判決…理由は?

そして、2020年3月5日に、女子高生二人をはねた、87歳の運転手は無罪判決となりました。

無罪判決となった男性の名前は、川端清勝氏です。

 

近年では高齢者ドライバーによる事故が多発しており、免許返納などの対策も取られているというのに、

高齢者ドライバーが守られるような判決内容に憤りが隠せません。

 

いくら高齢者とはいえ、川端清勝氏が殺人を犯したのには変わりありません。

川端清勝氏が無罪判決を受けた理由は、薬の副作用が事故原因だから、だそうです。

5日の判決で前橋地方裁判所の國井恒志裁判長は「薬の副作用で血圧が下がったことが事故の原因の可能性が高い。被告は医学的な知識を持ち合わせておらず、事故の発生を予見できなかった」として無罪を言い渡しました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp

副作用の心配がある薬を飲んだ後は、運転してはいけないなんて常識ですよね?!

そんな当たり前のこともわからないような人が、なぜ法によって守られているのでしょうか?!

 

事件から約2年が経っているのに、無罪というむなしい結果では、遺族や関係者の気持ちがいたたまれません。

 

 

遺族は激怒、傍聴席からも異議を唱える大声が

國井恒志氏が「無罪」の旨を読み上げた際、傍聴席はしんと静まり返ったそうです。

 

そして、続いて30分ほどにわたって、

判決理由が読み上げられると、徐々に女子高生の遺族の関係者席からは、

涙声が聞こえてきたと言います。

 

國井恒志氏が判決理由を読み上げた後、「人を殺して無罪なのか!」という大声が傍聴席に響き渡りました。

この大声を出したのは、女子高生の遺族ではなく、傍聴席で裁判の傍聴に来ていた人のようです。

 

國井恒志氏は、「静かに願います」と制止し、以下のように裁判を締めくくりました。

「事故が起きたのは事実。ただ、被告個人の責任であるというのは真相ではない」とし、「同じ悲劇を繰り返さないための無罪判決です」と声を詰まらせながら締めくくった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

全く意味が分かりません。

今後同じような事件を起こさないために、有罪判決を出すのが普通なんじゃないでしょうか?

 

さすがに、川端清勝氏の親族も、

「無罪はあり得ないと思う。被害者の方には申し訳ないの一言。親御さんの気持ちを思えば許せないと思う」

とコメントを出していました。

 

誰から見ても、明らかな有罪案件にもかかわらず、國井恒志氏ほか、裁判員たちの思考はどうなっているんでしょう。

 

 

國井恒志(くにいこうし)裁判官の評判は以前から悪かった!過去のトンデモ裁判例一覧

國井恒志氏について調べてみると、これまでも数々の犯罪を無罪にしてきた、とんでもない裁判官ということがわかりました。

 

國井恒志氏の裁判歴についてまとめてみたので、以下をご覧ください。

福岡地裁にて
2005年 交通事故→1審無罪

名古屋地裁岡崎支部にて
2014年 殺人→2審破棄、控訴棄却
※被告が精神的な病が理由

横浜地裁にて
2016年 大麻所持→1審無罪

前橋地裁にて
2018年 強盗・強制性交など→1審無罪
2019年 殺人未遂→無罪

 

など、普通なら有罪判決のところ、國井恒志氏が無罪判決にした事例は数え切れません。

 

まったく、日本の司法制度はどうなっているのでしょうか?

これだから、似たような事件が減らないのではないでしょうか!

 

 

遺族側は控訴する?判決が覆る可能性は?

川端清勝氏の無罪判決に対して、亡くなった女子高生の遺族は、こう語っています。

事故で亡くなった太田さくらさんの両親は「無罪ということばを聞いて頭の中が真っ白になりました。大切な娘の命を奪ったのに何の罪にも問われないことに大変驚き、落胆しています。理不尽にも未来を奪われた娘の無念を思うととても納得できる判決ではありません。今回のような悲惨な事故が二度と起きないようにするためにも、運転すべきでない状態の人が運転を思いとどまるきっかけとなるような判決を期待していたので大変残念です」というコメントを出しました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp

今後について、女子高生の遺族は何も語っておりませんでしたが、判

決内容に納得いっていないことから、おそらく控訴することが考えられます。

 

一度無罪判決が出てしまったので、判決が覆る可能性は、残念ながら低いかもしれません。

これまでに判決が覆ったのは、冤罪だった場合が多く、同一人物の案件で、無罪から有罪になった事例は少ないからです。

 

しかし、ネット上では控訴すれば、判決が覆るのではないか?という話も出ているようです。

筆者も、遺族が控訴し、どうにか判決が覆らないか、という気持ちでいっぱいです。

 

 

國井恒志(くにいこうし)裁判官の無罪判決に対する世間の反応は?

最後に、川端清勝氏の無罪判決に対して、ネット上の意見を見てみましょう。

主に、三つの意見に分かれました。

 

まずは、筆者のように、どうにか控訴してほしい、判決が覆ってくれという人たちがいました。

 

次に、高齢者ドライバーに対する厳しい意見もありました。

高齢者ドライバー全員が悪いわけではありませんが、いまいち自分が高齢者であることへの意識が低い人も多いですよね。

 

最後に、國井恒志氏をはじめとする、裁判官への意見です。

人を殺しておいて、無罪にするなんて裁判官は人間ではないという意見が飛んでいます。

 

筆者が調べたところ、裁判官への批判的な意見が最も多かったように思います。

今回は、2020年3月5日に高崎女子高生死傷事件に関し、無罪判決を下した裁判官、國井恒志氏について調べました。

遺族含め、今回の無罪判決に納得がいっていない人は多いので、どうにか判決が覆ることを祈ります。



5 件のコメント

  • 良く調べてますね。筆者の情報力に感服します。おかげで理解が深まりました。明らかに非常識な判決を出した裁判官はご退場いただけたらよいのですが、裁判官は独立した存在ですし、ただ、国に不利な判決を出すと上の覚えめでたくの逆で地方回り、出世はないと聞きますね。

  • んー、本質を理解していない記事ですね。
    なぜ有罪判決にした交通事故の背景を理解しないとだめですよ。

  • なぜ有罪判決にした交通事故の背景を理解しないとだめですよ。
    そんなこと言うなら、無罪判決になる死亡交通事故の背景教えてください。綺麗事ですむ問題じゃない。

  • 当方72歳♂自営 事故は私の住む近所 毎日通勤で通っている道です 翌日現場を通りましたが砂状のものが撒かれ現場はすぐにわかりました 被害者は女子高生2名でお一人は死亡 お一人は意識不明の瀕死の状況だとはニュースで知りました もう2年経つんですね・・お亡くなりになった方は勿論瀕死の状態だった方のその後の情報が聞こえてきません 本件でもトップの前橋県女の方でした もし今でも意識が戻らなかったり 寝たきりの状態でしたら「この結果」を家族の方の心痛は想像だにできません
     これからという人生を粉々にされ しかも罰されることなく娑婆で寿命を全うできるであろう者を無罪にしてしまう「オカシサ」・・・その後その通りには訳の分からないブルーの矢印が両側に描かれました 何のためにかかれたのか交通標識なのか?そのブルーの矢印を見る度にこの事故を思い出すのはそれほど多くの人ではないと思います せめて「獄中死」で残された家族の溜飲を下げていただく判決を下すべきでした 当方もハンドルを握れる時間が少なくなってきています 冥途の土産には「死亡事故」の被告としては行きたいとは思いません 

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。