前田裕二の年収&資産が凄い?SHOWROOMが成功した秘密は生い立ちにあり?

石原さとみさんとの交際報道で世間を賑わせた、株式会社SHOWROOMの前田祐二さん。

SHOWROOMを成功させたことで年収はもちろん気になるのですが…

実は驚くべき生い立ちや経歴をお持ちという噂もあるんです。

前田裕二さんとはいったいどんな人物なのか?早速、見ていきましょう!

 

前田裕二社長のプロフィール(身長、学歴、経歴など)

まずは前田裕二さんのプロフィールです。

本名:前田 裕二(まえだ ゆうじ)
生年月日:1987年6月23日
年齢:33歳
出身大学:早稲田大学政治経済学部卒
職業:SHOWROOM株式会社代表取締役社長

 

若手イケメン社長と言われていますが確かに画像を見ると、最近流行りのタイプのイケメンって感じですよね!

女子高校生に人気の、ロックバンドとかにいそうです(笑)

 

そして前田裕二さんはイケメンだけでなく、驚くべき経歴の持ち主でもあります。

  • 1987年 東京都に生まれる
  • 2010年 早稲田大学政治経済学部卒業後、UBS証券会社入社。
  • 2011年 UBS Securities LLCに移り、ニューヨークで北米機関投資家に対して株式セールス/アドバイザリー業務に従事。
  • 2013年 株式会社ディー・エヌ・エーに入社。
  • 2013年 ライブストリーミングサービスSHOWROOM(ショールーム)を立ち上げる。
  • 2015年  当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。
    同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。
  • 現在は、メディアや著書を多数出版し、多岐にわたり活躍中

 

なんと、始めはあの大手証券会社UBSに就職されていたんですね!

英語がペラペラということで、入社してすぐアメリカ勤務を経験しています。

本当に活躍が期待されての採用だったことが伺えますよね。

早稲田生とは言え、難関企業であることは間違いありませんよね。

 

UBS勤務後、株式会社ディー・エヌ・エーに入社されていますが、ここにはあるエピソードが隠されています。

海外勤務を終えて、前田裕二さんは起業を検討しておりました。

 

そんなとき、アドバイスをもらっていたのが、株式会社ディー・エヌ・エー代表取締役である南場智子さんだったのです!!

ちょっとよくわからないですよね(笑)

どうして他社の社長と連絡を取り合う仲なのでしょうか?!

 

実は、前田裕二さんは新卒の時に、既に株式会社ディー・エヌ・エーから内定をもらっていました。

ですが、早くに内定をもらっていたUBSに就職することにし、いわばディー・エヌ・エーを蹴ったわけです。

ディー・エヌ・エーといえば、ゲームアプリだけでなく、球団運営もしていたり、こちらも大手企業ですよね。

さすが前田裕二さん!といったところでしょうか。

 

南場智子さんはどうしても前田裕二さんを人材として欲しており、半年に一回は連絡を取ったりしたそうです。

なので、起業の相談を持ち掛けるのも、自然な流れだったというわけですね。

 

そんなとき、南場智子さんがかけた言葉がこちらです。

「うちで、事業を立ち上げることのなんたるかを勉強して、その後、自分で起業する方が成功確率上がるし、スマートじゃん。まだ25歳でしょ」
「純粋に君の力が必要です。一緒に世界の頂を目指そうぜ」

 

要するに、起業するにはまだ知識が浅い。勉強させてあげるから、一緒に頑張ってほしい!ということなんでしょうか!!

 

この言葉で、前田裕二さんはディー・エヌ・エーに入社することを決めたと言います。

なんだかドラマみたいで、凡人には理解し難いですが(笑)

このエピソードをもとに、「南場智子が5年かけて口説き落とした男」という異名があるそうです。

 

また、前田裕二さんが出している著書の中に、『人生の勝算』というベストセラーがあります。

この本の帯には、

秋元康さんの「勝算なんて何の根拠もないことを、この若き経営者は知っている。だから、前田裕二を信じた。」
堀江貴文さんの「秋元さんが〝堀江以来の天才がいる〟というから会ってみたら、本当だった。」

という言葉が書かれています。

 

実際に、前田裕二さんの運営する動画配信サービスを、AKBグループが利用しているんですよね。

堀江貴文さんが、他人を賞賛しているのも珍しい気がします!!

単に頭がいいだけではなく、前田裕二さんの行動力、スピード力がそう言わせるのかもしれません。

 

前田裕二さんはよく、「やるかやらないかだと思う」と口にされています!

これは一般人である私たちも真似することができる方法ですよね!!

 

前田裕二社長の年収や資産が凄い?SHOWROOMの儲かる仕組みとは?

これは先日の、前田裕二さんのお誕生日会の様子です。

こんなにたくさんの人が集まるなんて人望がありますよね!さぞかしお金持ちなんだろうと考えてしまいます、、、(笑)

 

でも、前田裕二さんの運営するSHOWROOMとは何をやっているのか?

動画配信サービスといっても他にもいろいろあるしなあ、、と気になることを調べてみました。

 

まずは、代表取締役を務めるSHOWROOM株式会社についてです。

一言でいうと、携帯端末、PCなどからライブ配信および視聴を行えるストリーミングサービスです。

 

『仮想ライブ空間』をキャッチコピーにして、アイドルや芸能人が視聴者とのコミュニケーションをとる、という目的から始まりました。

当初は芸能人による配信のみでしたが、2014年頃から一般人による配信もできるようになりました。

配信者の貢献度によっては、運営から売り上げの一部が配分されることもあります。

 

アプリは累計約320万ダウンロード。会員登録者数は約160万人。

日本での動画配信収益は、第一位のようです。

 

前田裕二さんも、次は世界を見ていると言っています!

SHOWROOMが人気なのはわかりましたが、配信するのも視聴するのも実は無料で可能なんです。

なのにどうしてこんなに儲かるのでしょうか??

 

SHOWROOMには、ギフティングというシステムがあります。

配信者に対してコメントと一緒に贈る、いわゆる投げ銭です。

 

これは無料のものと、有料のものがありますが、ファンとしては有料のものを投げたいわけです。

だって、自分が好きなアイドルの役に立ちたいし、ランキングも上げてあげたいですから、、、。

 

この有料ギフティングは、アイドルの所属事務所と、運営で収入をわけるそうなんですね。

これがSHOWROOMが儲かる仕組みですね。

 

あとは、アイドルやテレビ局とコラボしたイベント、人気モデル企画のオーディションなどが催されています。

こういったものからの収入も見込めそうですよね!!

 

では、前田裕二さんの気になる年収はいくらくらいでしょうか??

調べたところ、詳細はわかりませんでしたがこのような情報がありました。

IT企業の取締役社長となると、イメージでは年収が高そうですが、「SHOWROOM」は子会社だと言います。親会社が「DeNA」で、少なくとも親会社の役員よりは、年収が少ないのだそうです。

「DeNA」の取締役の3人の報酬額が、2018年は全員で1億9000万円だったそうです。配分は2人が8000万円で、1人が3000万円ではないか、とのことで、子会社の前田裕二さんの年収は、3000万円ほどがそれ以下と考えられるとのこと。

親会社は別にして2017年の「SHOWROOM」の業績が悪かったことから、意外と儲けてはいなさそうです。そのときの決算では9800万円以上の赤字、利益剰余金(利益のうち分配しないで留保しているお金)マイナス2億円以上、負債4億円でした。これだけの赤字経営なら、年収は1000万円から数千万とのことです。

 

意外にも前田裕二さんの年収ってそこまで高くないんですね。

しかもSHOWROOMも業績が赤字だったなんて、思いもしませんでした。

 

しかし前田裕二さんの収入には、他に著書の印税なども含まれています。

NGTの騒動もあり、48グループの不振によるものか、SHOWROOMはまだ赤字が続いているようですね。

しかし、動画配信サービスはまだまだこれからの業界。

 

今後「自分で発信する」時代になっていくでしょうから、これからどんどん伸びていくのではないでしょうか!

そうしたら、年収も2000万どころでは済まないでしょう!!

 

 

前の田裕二社長が成功した秘密は壮絶な生い立ちにあり?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuji Maedaさん(@yujimd)がシェアした投稿

これまでの話を見ると、さぞ華々しい人生を送ってきたんだろうなあと思ってしましますよね。

ですが、最近はその交際報道よりも、前田裕二さんの生い立ちのほうが話題になっているんです!!!

いったいどんな人生を歩まれてきたのか?!詳しく調べてみました。

 

・物心ついたころから、父親不在だったが、8歳で母親が他界。
→親戚に引き取られます。

・幼いながら人に頼らず生きることを決意。
→まだ働けないことがわかると、ギターの弾きがたりで生活費を稼ぎます。

・弾き語りで培った能力で、学生時代はバンド生活に明け暮れます。
→荒れていた時期もあり、警察沙汰もしばしばあったそう。

 

そんななか、前田裕二さんの支えになっていたのが10歳年上のお兄さんだったそうです。

前田裕二さんのお兄さんは、高校卒業後は進学をせずにハローワークへ通い、職を得て前田さんを養ってくれたそうです。

 

前田裕二さんもお兄さんも若いのに、自分で何とかしようという気持ちが強すぎませんか?!

筆者はこれまでの人生を反省し始めています、、。

 

前田裕二さんが警察沙汰になった時にお兄さんが流した涙を見て、前田裕二さんはこれまでの行いを悔い改めたと言います。

「恩をあだで返している」と気づいたんだそうです。

 

それからはネガティブな考え方を一切やめ、UBS入社後は毎朝5時出勤して見せるような、逸材になったのです。

人間、いつなにがきっかけになるかわかりませんね。

 

バラ色の人生を送ってきたと思われた前田裕二さんですが、実はとんでもない努力家で、ハングリー精神の持ち主とわかりました。

何事も、努力なしでは得られないですね。

 

前田裕二社長の自宅マンションは渋谷区?別荘もある?

さて、たくさんお金を持っているとなると、、、気になるのが自宅や、別荘ですよね???

前田裕二さんの自宅に関しては、いくつか明らかになっていることがあります。

 

2019年4月15日(月)の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』では、自宅の様子が放送されていました。

通勤は徒歩か、タクシーとおっしゃっていたので、どうやら渋谷区周辺にありそうです。
(SHOWROOMは東京都渋谷区神宮前にあります)

 

また、週刊誌報道には1LDK〜4LDKある高級マンションとありましたので、このあたりでは、ラトゥール代官山ラトゥール渋谷がピックアップされます。


どちらのマンションも前田裕二さんのオフィスまで、車で15~20分ほどのようです。

なんだかありえそうな話ですよね!!

 

詳しい間取りなどもわかっていませんが、『FRYDAY』によると、1LDKで6000万円超、4LDKなら5億円を超えるという超高級物件だそうですよ!!

高すぎて、想像もできませんね(笑)

 

このマンションに、石原さとみさんも引っ越してきたと言われています。

テレビで放送された前田裕二さんの自宅を見て、石原さとみさんの自宅を想像する人もいたそうです(笑)

 

気になる別荘についてですが、今はその情報はないようです。

お仕事が忙しくて、それどころじゃないのかもしれませんね。

 

ですが、それそろ石原さとみさんと結婚するのでは?という報道もされています。

もし年内結婚ということであれば、

・一緒に住むための家を買う
・余暇を二人で過ごす為の別荘を買う

こともありえそうですよね!!!

これは完全に筆者の妄想ではありますが、、、。

 

世間の方々も、お二人の行方を応援していそうです!一部男性は除きそうですが(笑)

前田裕二さんの考え方は、ぜひ日ごろから見習っていきたいですよね!

今後も前田裕二さんの活躍と、二人の行く末に注目です!