マイケルジャクソンの死因真相と生存説とは?証拠写真あるって本当?

キング・オブ・ポップとして、世界中から愛されているマイケルジャクソンさんが亡くなってから約10年が経ちました。

改めて、マイケルジャクソンさんの死を振り返るとともに、いまだ明らかになっていない本当の死因や、謎の生存説まで詳しく調べ上げたいと思います。

 

マイケルジャクソンの死因と命日は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Jacksonさん(@mjheart829)がシェアした投稿

マイケルジャクソンさんの、命日は2009年6月25日、50歳の若さで亡くなりました。

死因は 薬物の複合使用 による薬物中毒 だと言われています。

 

その原因は、マイケルジャクソンさんが日頃から摂取していた不眠治療のための薬物です。

マイケルジャクソンさんほどの人であれば、つきっきりの名医がいそうですが、なぜこんな事態になったのでしょう?

マイケルジャクソンさんの死亡経緯をまとめました。

 

2009年6月25日にマイケルジャクソンが逝去

2009年6月25日、マイケルジャクソンさんが自宅にて心停止・呼吸停止状態に陥りそれに気づいたボディーガードが救急隊に通報しました。

すぐに救急隊が到着し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) 付属病院へ救急搬送されました。

約42分間に及ぶ蘇生活動行われましたが、それもむなしく、マイケルジャクソンさんの死亡が確認されました。

 

しばらくの間、マイケルジャクソンさんの死は謎のままでしたが、2009年8月24日にロサンゼルス市警察の事情聴取に対するマイケルジャクソンさんの元主治医の宣誓供述書とされるものが報道されました。

 

その宣誓供述書によると、元主治医はマイケルジャクソンさんの不眠治療のため、6週間にわたって毎晩プロポフォールを投与していたことがわかりました。

また、マイケルジャクソンさんがプロポフォール依存症になることを懸念して、死の3日前の2009年6月22日には処方をプロポフォールから催眠鎮静剤であるロラゼパムとミダゾラムへと切り替えられたとありました。

 

ところが、その後マイケルジャクソンさんは不眠の状態に陥ります。

マイケルジャクソンさんの元主治医は、死の当日である2009年6月25日には深夜から早朝にかけてロラゼパム、ミダゾラムやジアゼパムを断続的に投与しました。

さらに、マイケルジャクソンさんの度重なる要求により、その後25mgのプロポフォールが点滴投与されたようです。

 

ようやく、マイケルジャクソンさんが眠りに就いた後、元主治医はトイレのため2分ほどマイケルジャクソンさんの元から離れ、トイレから戻った時にはすでに、マイケルジャクソンさんの呼吸は停止していたといいます。

 

そんなタイミングに、亡くなってしまうなんてなんだかおかしくないですか、、、?

 

マイケルジャクソンの死に関する不可解な点

2009年8月28日、ロサンゼルス検視当局が、マイケルジャクソンさんの死因を公式発表しました。

 

急性プロポフォール中毒とした上で、第一の死因はプロポフォールとロラゼパムの複合使用と指摘しました。

実は、このプロポフォールは、外科手術において使用される、全身麻酔の導入・維持のための麻酔薬でした。

 

そのため、設備の整った環境で麻酔専門医による適切な常時監視・用法の下でなければ、呼吸停止・心停止を起こす可能性があるそうです。

なのに、マイケルジャクソンさんの元主治医は、トイレを理由にマイケルジャクソンさんのもとを離れました。

 

マイケルジャクソンさんの元専属看護師のシェリリン・リーさんは、以前マイケルジャクソンさんからプロポフォールの処方を頼まれたそうです。

しかし、マイケルジャクソンさんが、プロポフォールの扱いに精通していなかったため、処方を断ったと話していました。

 

にも関わらず、マイケルジャクソンさんの元主治医は、プロポフォールを処方したのでした。

つまり、元主治医のずさんな処置により、マイケルジャクソンさんは命を落としたと言えます。

 

マイケルジャクソンさんの死は当然、世界中の人々に大きな影響を与えました。

今年の命日にも、多くの人がマイケルジャクソンさんの死を悼んでいました。

スターの突然の死。これでは、ファンも浮かばれませんよね。

 

 

マイケルジャクソンに生存説が?証拠写真は本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Jackson Armeniaさん(@mjjarmenia)がシェアした投稿

2009年に亡くなった、キング・オブ・ポップことマイケルジャクソンさん。

謎の死ということで、死因を含め様々な憶測が飛び交っていますが、、、

 

なんと、ネット上では、マイケルジャクソンは死んでいない!実は生きている!などの情報があるんです。

 

本当にまだ生きているのであれば、どんな姿なのか?何をしているのか?気になりますよね!!

早速、マイケルジャクソン生存説を検証してみます。

 

①検死車両から出てくる人物

まずは、この動画をご覧ください。

TMZという、アメリカのセレブリティゴシップ誌による情報です。

マイケルジャクソンさんの亡骸を乗せた車両から、マイケルジャクソンさんが歩いて出てくるというのです!!!

 

確かに、マイケルジャクソンさんによく似たハットの人物が歩いているように見えますが、、、ゴシップ誌がソースなので、信憑性は低そうです。

 

②葬式に現れた、そっくりな女性

マイケルジャクソンさんの葬式は2009年9月3日に執り行われましたが、その参列者にマイケルジャクソンさんそっくりな女性がいたのです!!!

引用:世界の未解決問題

うーん。確かに、肌の色や、鼻、骨格全てがマイケルジャクソンさんに似ている気がします。

しかし、この女性は後にカナダ女優のシャノンツイードさんだと指摘されました。

よってこちらの説もデマです。

 

③デイブデイブ氏説

マイケルジャクソンさんが、デイブデイブという人物にすり替わっているという説です。

このデイブデイブさんという人は、幼い頃に家庭内の不幸が理由で、全身に火傷を負った少年です。

話し方、骨格などがマイケルジャクソンさんに似ていると話題です。

 

確かに似ているような気がしますが、デイブデイブさんは治療なども含め、マイケルジャクソンさんが父親同然に世話をしていたようです。

なので、一緒に過ごす時間が長くデイブデイブさんがマイケルジャクソンさんの言動を真似ていたとも言えそうです。

 

それに、死んだことにして他の人物にすり替わる、というのは現代の情報社会でかなりリスクが高いと思います。

今のところ、マイケルジャクソンさん生存説の、どれも決定的な証拠は抑えられていません。

 

マイケルジャクソンさんの熱烈なファンが死をいまだ受け入れられず、こういった説が次々と生まれてくるのでしょう。

 

 

マイケルジャクソンは消されたのか?陰謀論や黒幕説も浮上

 

この投稿をInstagramで見る

 

⏩the.life.of.shay⏪さん(@themusicmiss)がシェアした投稿

マイケルジャクソンさんは、元主治医による薬物の複合使用により亡くなったという話でした。

しかし、実はマイケルジャクソンさんは何らかの陰謀で、黒幕に消されたのでは??という噂もあるんです!!

この陰謀説はどこから出てきたのか?その根拠は??調べてみました!

 

陰謀説が出てきたわけは、第一にマイケルジャクソンさんの家族の証言・関係者などの連続死です。

マイケルジャクソンさんは、兼ねてから母のキャサリンさん、「殺される、、、」と話していたそうです。

 

また、マイケルジャクソンさんの娘のパリスジャクソンさんも、同じようにマイケルジャクソンさんが死に怯える様子を見ていたと言います。

パリスジャクソンさんは「父は殺された。私は正義を追求している」と語ったそうです。

 

ここまで言い切れるなんて、さぞかし犯人に心当たりがあるのでは?と思ってしまいます。

それに、マイケルジャクソンさんの周りでは、不可解な死が続いていたのです。

 

1人目は、マイケルジャクソンさんの専属カメラマンであるジョンウィルコックさんです。

ジョンウィルコックさんは、マイケルジャクソンさんが母キャサリンさんに「殺される、、、」と言った瞬間をカメラで捉えていました。

 

しかし、ジョンウィルコックさんはマイケルジャクソンさんが亡くなるよりも前に亡くなっていたのです。

その後、ジョンウィルコックさんの妻とも突然音信不通になり、映像に関する情報は謎のままです。

 

2人目は、弁護士のピーターロペスさんです。

ピーターロペスさんは、マイケルジャクソンさんの死に関する「真相を手に入れる」と言っていました。

 

しかし、ピーターロペスさんは拳銃自殺により死亡してしまいました。

使用されたとする拳銃は、いまだ見つかっていないそうです。

 

ジョンウィルコックさんと、ピーターロペスさんは共にマイケルジャクソンさんの死の真相に近づき、真犯人に殺されてしまったと言っても過言ではなさそうです。

ですが、いまだマイケルジャクソンさんの死の真相は、謎のまま。

 

なんとか解明すべく、様々な著書や追悼本も出されています。

マイケルジャクソンさんは、生前は色々なゴシップで騒がれた方でした。

なので、単なるお金目的の犯行ではないかもしれません。

 

これは筆者の憶測ではありますが、お金に困ったマイケルジャクソンさんの元主治医が何者かに使われていた、なんてこともあり得ますよね。

はやくもマイケルジャクソンさんの死から10年が経ちました。

世界中のファンのため、一刻も早く真相を明らかにして欲しいですね。



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。