西谷浩一監督(大阪桐蔭)の年収とスカウト術に驚き!性格は怖い?

甲子園の常連校でもあり、春夏連覇など輝かしい実績を残している、野球の強豪校・大阪桐蔭。

その大阪桐蔭の監督といえば、高校野球ファンなら誰もが知っている西谷浩一監督です。

 

野球ファンとして気になるのが、西谷浩一監督の手腕ですよね。

あとはぶっちゃけ、いくら年収を貰っているのかも気になるところ(笑)

この記事では、西谷浩一監督の年収やスカウト術、育てた現プロ野球選手についてまとめました。

 

西谷浩一監督(大阪桐蔭)の年収はいくら?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by かりん (@chiben_karin) on

いきなりですが、西谷浩一監督の年収が気になりますよね。

これだけ優勝などの好成績を残し、多くのプロ野球選手を輩出するくらいの指導力です。

きっと他校の監督よりももらってるんじゃ?という気もしてきます。

 

まず、西谷浩一監督の本職は、大阪桐蔭高校の社会科教諭なんです。

一般的な私立高校教諭の年収は、700万円ぐらいなので、プラスで監督としての収入を考えてみましょう。

 

甲子園優勝校の監督ともなると、メディア取材や、企業講演などの副収入も多くなりますよね。

それらの副収入も含めて、年収は1000万円くらいが固いかと思います。

 

優勝手当的なものもあるかと思うのですが、高校野球は伝統的な部分を大切にするので、お金にもかなり厳しい業界ですよね。

なので、いくら監督と言えども、大々的に手当てをアップするようなことはしない気がします。

 

 

西谷浩一監督(大阪桐蔭)のスカウト術と指導法

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ®️uri (@ruri_m1123) on

まずは、西谷浩一監督のスカウト術と、指導法についてです。

スカウトというと、プロ野球の球団スカウトのイメージがあるかもしれません。

 

しかし、今や有名私立高校の監督などが、地方に赴いて、優秀なシニアリーグの選手に声をかけるなんて当たり前なんです。

東京の学校なのに、プロフィールは地方出身者ばかり、、、なんということもよくありますね!

 

なんと、西谷浩一監督も自ら目ぼしい選手の元へ通い、スカウトを行っているのです!

プロ野球選手の中田翔選手をスカウトした際には、当時広島県にいた中田翔選手の元へ、50回も通ったと言います!

 

とはいえ、西谷浩一監督は社会科教諭でもありますから、スカウトに使える時間は週末のみだそうです。

限られた時間でスカウトしなければならないからこそ、効率よく、確実に欲しい選手を獲る努力を惜しみません。

 

西谷浩一監督のスカウト術として、有名な話は、

・スカウトする選手の実家の前で待ち伏せし、たまたま会ったとする偶然を装って口説くこともある。

・プロのスカウトが「西谷さんほどマメな監督はいない。そこまでやるか」と驚くくらいの努力や工夫でスカウトしている。

・打者を見出す時は「1球目から振っていける選手かどうか」に重点を置いている。

などがあります。

待ち伏せとか、下手したら通報されてしまいそうです(笑)

 

大阪桐蔭の指導法は、練習中であっても、実践形式にこだわっています。

実践形式とは、簡単に言うと、本気で抑えにいくピッチャーの球を、本気でバッターが打ちに行くというものです。

 

つまり、練習中であっても、試合だと思って戦うということですね。

一般的に行われるような、非レギュラー陣が打たせる球を投げて、それを遠くに飛ばすだけのような打撃練習ではありません。

 

西谷浩一監督は、このような実践形式の練習方法で、たとえ練習であっても気を緩ませない。

緊張感を保つことを大切にしています。

それに、仲間同士でも本気でやり合うことで、お互いのライバル心も芽生え、一層競争心が強くなりますしね!

 

 

あのプロ野球選手も西谷浩一監督(大阪桐蔭)の教え子だった

 

View this post on Instagram

 

A post shared by いと ま (@kujira_) on

大阪桐蔭は、高校野球の名門校ですから、当然多くのプロ野球選手も輩出しています。

誰もが聞いたことのあるプロ野球選手もたくさんいるため、大阪桐蔭の選手層の広さを伺えるOB陣であることがわかりました!

 

中田翔選手

 

View this post on Instagram

 

A post shared by マロン (@chankurika) on

まずは、中田翔選手です。

  • 出身地:広島県広島市中区
  • 生年月日:1989年4月22日(32歳)
  • 身長:184 cm
  • 体重:107 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:一塁手、左翼手
  • 経歴:大阪桐蔭高等学校→北海道日本ハムファイターズ (2008 – )

前述のとおり、中学時代の中田翔選手の噂を聞きつけて、50回も足繁く通ったというエピソードは有名ですよね。

西谷は98年11月に大阪桐蔭監督に就任。いったんコーチに戻り、04年に再び監督になった。チームを鍛える一方で、有望な中学生のうわさを聞けば練習場所に足を運んだ。大阪桐蔭に入るかどうかは分からない。ただ、他校に入ったとしても、どこかで対戦する可能性がある。どんな才能の持ち主かを確かめておきたかった。情報網にかかったのが、投打で超中学級といわれた中田だった。

引用元:https://www.nikkansports.com

 

どの球団も、大学も、噂を聞くだけで諦めてしまった中田翔選手でしたが、実際に自分の目で確かめて、諦めなかった西谷浩一監督。

このニュースからは、自分の目で見るまではわからないということが学べますね。

 

藤浪晋太郎選手

 

View this post on Instagram

 

A post shared by K.Ninomiya (@yzphoto2244) on

次に、藤浪晋太郎選手です。

  • 出身地:大阪府堺市南区
  • 生年月日:1994年4月12日(27歳)
  • 身長:197cm
  • 体重:100 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:大阪桐蔭高等学校→阪神タイガース (2013 – )

たとえば毎日の練習でも、みんなが腹筋を30回しているときに、藤浪は35回する。投手陣にはランニングのメニューがたくさんあるのですが、フリーバッティングで投げた後、次の練習までの間、一人で走ったりする。

彼は小さな勝負と勝利を積み重ねることで、強くなろうと考えたんでしょう。

「自分で考えられる能力」が、本人を救う大きな力になったんです。毎日の練習から粘り強く、勝負にこだわる—その頃の藤浪のノートには、そうした言葉がよく書かれていました。

引用元:https://gendai.ismedia.jp

筆者は、勝手にスポーツの名門校は勉強をしなくてもいいのかと思っていましたが、藤浪晋太郎選手は、その逆で、自分で考えられる子と褒められていますね。

また、藤浪晋太郎選手は、毎年西谷浩一監督に好物のベビースターラーメンを大量に送りつけていることでも知られています(笑)

 

森友哉選手

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 森友哉 (@tomoyaaa0808) on

次に、森友哉選手です。

  • 出身地:大阪府堺市南区
  • 生年月日:1995年8月8日(24歳)
  • 身長:170 cm
  • 体重:80 kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:捕手、右翼手
  • 経歴:大阪桐蔭高等学校→埼玉西武ライオンズ (2014 – )

中田翔(日本ハム)との3年間を経て、西谷浩一が確信したことがあった。有望な選手ほど、悪評も立ちやすかった。西谷は練習に足を運び、「態度悪いで」といわれるうわさの真偽を確かめた。堺ビッグボーイズの森友哉(西武)もその1人だった。

いい選手かどうかの線引きとして、野球が本当に好きかどうかを知りたかった。野球への愛情の深さを知るには、練習を見るのが一番だった。

引用元:https://www.nikkansports.com

森友哉選手も中田翔選手と同様、高校入学前は、あまり評判の良くない選手でした。

しかし、中田翔選手の例があったため、西谷浩一監督は、再び諦めずに森友哉選手獲得に動いたわけですね。

 

筆者も、中田翔選手の再来に感じたことを思い出しました!

西谷浩一監督にとって、大切なのは態度がどうとかではなく、野球が好きかどうかなんですね。

 

根尾昂選手

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 夏 音 (@akr__base67) on

次に、根尾昴選手です。

  • 出身地:岐阜県飛騨市(旧・吉城郡河合村)
  • 生年月日:2000年4月19日(21歳)
  • 身長:177cm
  • 体重:80kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:遊撃手
  • 経歴:大阪桐蔭高等学校→中日ドラゴンズ (2019 – )

ドラフト会議前、根尾昴選手に対しては、最大9球団が指名するのではないか。

というくらい、素晴らしいピッチャーだと騒がれていました。

 

しかし、西谷浩一監督が語る根尾昴選手のすごさは、他にありました。

「高校生といっても、まだまだ子どもですので、毎日の決め事でもできる子、できない子とわかれます。根尾みたいに雨が降ろうが、ケガをしようが、できる子はなかなかいません。この先、プロの世界に進み、どういう環境に身を置いてもブレることは絶対にないと思います。やるべきことをやる。野球で成功するかしないかはわかりませんが、根尾自身がブレることはない。でも、そこまで思わせることがすごいことで、高校生としての意識の高さ、野球や日常生活への取り組み、すべてにおいてずば抜けています」

引用元:https://sportiva.shueisha.co.jp

 

環境にとらわれず決めたことをやるというのは、高校生でなくとも、大人でもなかなかできることではありません。

根尾昴選手のまじめさが、プロ野球選手に導かれた一番の理由かもしれません。

 

藤原恭大選手

 

View this post on Instagram

 

A post shared by わかな (@waka_daichi7.fs) on

最後に、藤原恭大選手です。

  • 出身地:大阪府豊中市
  • 生年月日:2000年5月6日(21歳)
  • 身長:181 cm
  • 体重:80 kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:大阪桐蔭高等学校→千葉ロッテマリーンズ (2019 – )

同期の根尾昴選手のライバルとして、一方で注目されていたのが藤原恭太選手です。

 ――春夏連覇への意気込みを書いたノートに西谷監督のメッセージがあった。「藤原 もっと変わらないと 成長しないと… 今のままでは普通の選手で終る。それでいいのか?(原文まま)」と。

「西谷監督からはほぼ、褒められたことはありません。なかなか、こういう厳しい言葉は人から言ってもらえることではないし、言ってくれる方は他にはいません」

――常にメッセージがある?

「いえ、1冊のノートに1、2カ所です。でも、新チームの時は“藤原が変わらなければこのチームは勝てない”とも書かれた。厳しく言ってもらえたことで成長できた」

引用元:https://www.sponichi.co.jp

 

藤原恭太選手は、高校時代毎日1ページは野球ノートを付けていて、西谷浩一監督からコメントをもらっていました。

それも、アドバイスだけではなく、上記のような厳しいコメントもありました。

 

藤原恭太選手の成長を願い、根尾昴選手の陰に隠れてしまわないよう、あえて厳しい言葉で藤原恭太選手に火をつけたのかもしれませんね。

筆者は、この厳しいコメントに、西谷浩一監督の愛情さえ感じました。

 

 

西谷浩一監督(大阪桐蔭)は性格が怖い?評判は?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by みかちぃ (@toin.mikachii) on

最後に、西谷浩一監督の性格はどうなのでしょうか。

今でこそ、部活動中の叱責さえ体罰とみなされてしまいますが、野球部の強豪校となると、そんなのお構いなしなイメージがありますよね。

 

筆者は、西谷浩一監督に直接お会いしたことがないので、あくまで推測とはなってしまいますが、

西谷浩一監督は、情に熱く、真面目で、謙虚な方ではないかと思います。

 

西谷浩一監督が情に熱いと思った理由は、試合中に大声で選手を応援する姿を見たからです。

西谷浩一監督は、プロ野球選手も含め、卒業後も恩師として慕われているようです。

 

それに、西谷浩一監督の本職は、大阪桐蔭高校の社会科教諭であり、1週間に15コマ程度の授業を担当しているそうです。

一部の高校では、指導専門のコーチを雇っている中、教員と指導員の両立をするなんて、真面目な性格でないと出来ないと思います。

 

しかし、西谷浩一監督は、いくら好成績を残そうと、決して傲り高ぶることはありません。

こちらのインタビュー動画をご覧ください。

野球というスポーツ柄もあるのかもしれませんが、相手チームを称え、選手のプレーを褒めつつ。

でもこれ以上に努力しなければ、という姿勢さえ見えます。

 

言葉遣いも丁寧で、とても好感が持てますよね。

ただ厳しい練習や、野球センスではなく、西谷浩一監督の人柄に惹かれて入部を決める学生も多そうですよね。

 

毎年20人以上の学生が、自ら大阪桐蔭の野球部へ志願するそうですし、プロのスカウトからも実力はお墨付きということから、

西谷浩一監督の評判は、言うまでもなく素晴らしいことがわかりますね!

 

今回は、大阪桐蔭の西谷浩一監督のスカウト術や、指導法教え子などについて調べました。

多数のプロ野球選手を輩出していることからも、西谷浩一監督はすばらしい実力と、人望の持ち主ということがわかりましたね!

 

今後も、どのような怪物選手が出てくるのか、野球ファンの筆者としてはとても楽しみです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。