能年玲奈(のん)が現在悲惨?事務所問題でなぜテレビから干されたのか真相調査!

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の主人公あまちゃん役で国民的人気を誇った能年玲奈(のん)さん。

透明感のあるかわいらしさと演技力の才能で、どんどんスターの座を上り詰めると思われていましたが、

事務所とのある問題がきっかけでテレビから姿を消してしまうことに・・・。

 

そんな能年玲奈(のん)さんは現在どのような状況なのでしょうか

なぜテレビから干されることになった?事務所問題とは?現在の画像は?

これらの気になる情報をまとめてみました。

 

能年玲奈(のん)が現在悲惨はデマ!2019年はCMや舞台でも活躍中!

テレビ業界から干され姿を消したと言われている能年玲奈さん。

しかし、芸能界を引退して「現在が悲惨」と言われていますが、まだ引退したわけではなく「のん(改名)」という名前で活動を続けています

 

特に2019年に入ってから目にする機会が増え、マルコメの麹甘酒のCMを担当すると「このきれいな子は誰?」と反響を集めました。

以前からあった透明感は未だ健在ですね!

 

他にも、ワコール、ユニクロといった有名企業のCMに多数出演しています。

しばらくテレビ業界から姿を消していたとは思えない華々しいCM起用ではないでしょうか。

 

マルコメのCMはアニメバージョンもあり、のんさんはその中の母親役で声優も担当しています。

涼やかで聞きやすい声は定評があり、持ち前の演技力も生かして2016年には「この世界の片隅に」という長編アニメーション映画で主役の声を担当しています。

私もこの映画を鑑賞しましたが、素朴で綺麗な声が主役の「すず」にぴったりでした!

 

この映画でも改名後の「のん」として声優出演している為、「この上手な声優さんは誰?」と能年玲奈さんが演じている事に気づかなかった方もいたそうです。

とても評判のいい映画だったのですが、のん=能年玲奈さんが声優をしていることはそんなにメディアの話題にはなりませんでした。

もしかするとこの当時はまだテレビ業界から干された事件の余波が残っていたのかもしれませんね・・・。

 

さらに、2019年は女優としての再出発として舞台にも出演しています。

2019年8月に公開された「私の恋人」という舞台がのんさんの初舞台作品です。

 

渡辺えりさん主宰の劇団「オフィス300」が手がけた作品で、事前チケット完売・当日券抽選の為に列ができるなど評判のいい舞台となりました。

のんさんの演技が生で観られるとなると人気になるはずですよね!!

 

2018年9月~10月にかけて配信されたドラマ「ミライさん」では、主演を担当。

2019年10月~はドキュメンタリー作品「のんたれ」がYouTubeで配信されるなど着々と活動の場を広げています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

来月10月2日(水)からYouTube Originals で、ドキュメンタリー「のんたれ(I AM NON)」が順次公開されます。全10本のドキュメンタリーにくわえ、最終回は私のんの初監督映画「おちをつけなんせ」。. . 「のんたれ」は、私が映画監督として脚本、演出、ディレクション、劇伴、編集…その他諸々全てを現場で学び、実際に映画「おちをつけなんせ」を完成させるまでを追ったドキュメンタリーです。 「おちをつけなんせ」では、周りの協力も得つつ、私自身で作品を表現しましたが、ドキュメンタリー「のんたれ」はそんな私を追ったスタッフさん達の視点。初めての映画制作に夢中の私「のん」は、「のんたれ」のカメラにはどう見えたのでしょうか?私も楽しみです。. . 予告編をストーリーにアップしました!私の公式サイトでも詳しい視聴方法を紹介しています。ぜひ、チェックお願いします。 #のんたれ #YouTubeOriginals

のんさん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿 –

さらに、歌手デビューも果たしたのんさん。

以前は歌が苦手だったそうですが、トレーニングを重ね今では綺麗な歌声を披露されています。

 

「のんシガレッツ」というバンドのメンバーとしての活動も話題で、2018年9月には全国4都市でライブツアー『スーパーヒーローズ・ツアー のん 参上!!』を開催しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ツアー初日、大阪公演が無事終了しました! 来てくださった皆さん、そしてエールを送ってくれた皆さんも、ありがとうございました! 先日の台風や、今日の北海道の大きな地震で、来られなくなってしまったファンの方々も居ると聞きました。 会えないこと、寂しいですが、必ずまたお会いできる機会を作ります。待っていてください。 不安な気持ちが少しでもどこかへ行きますように。 明日の広島も、頑張っているみんなに、届く演奏を尽くします!! #のんシガレッツ #スーパーヒーローズツアー #のん参上 #大阪 #なんばhatch #リハ中の写真

のんさん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿 –

ツアー公演まで果たすなんてすごいですね!!

きっと才能だけではなくたくさんの努力を重ねられたのではないでしょうか。

 

一部では昔と比べると「劣化した」という声もあるそうですが、2019年現在も変わらないかわいらしさではないでしょうか。

大人の魅力も増して綺麗さも加わっている気もしますね。

テレビで見なくなったことから「悲惨」という声もありますが、CMや舞台では大活躍されていますね。

 

 

能年玲奈(のん)とレプロの事務所問題とは?なぜテレビから干された?

 

この投稿をInstagramで見る

 

2年前、懐かしきモガ。

のんさん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿 –

のんさんがデビュー当時から所属していた事務所は「レプロエンタテインメント」という大手事務所です。

のんさんがテレビ業界から干されるきっかけとなってしまったのは、「所属事務所に無断で個人事務所を作ってしまった」ことです。

 

芸能業界の中では、一般的に所属事務所がありながら個人で勝手に事務所を作ることはタブーとされています。

権利の問題、利益の問題などいろいろとあるのではないでしょうか・・・。

 

そんな中、2015年1月「三毛andカリントウ」という個人事務所を立ち上げてしまい、これは当然レプロ側からすると契約違反であるということで厳しい処分が下されました

その当時出演していたTV番組、CMから降板することはもちろん、新しい仕事も与えず事実上「干された」という状況に追い込みました。

 

しかもこの事件は、2014年4月から放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の主役でブレイク、人気絶頂という時期に起こりました。

きっと、手塩にかけてやっと花が咲いた女優からの裏切り行為に怒り心頭だったのではないでしょうか・・・。

 

これだけ人気絶頂の中、何故あえて芸能界のタブーである個人事務所立ち上げ問題を起こしてしまったのでしょうか?

 

それは、当時あまちゃんでブレイクしている中にもかかわらず、給料が5万円しか支払われないという事務所からの不当な扱いを受けたことが原因とされています。

レプロエンタテインメントを辞めて独立したいという考えがあったのでしょうか。

 

確かにこの扱いが本当であれば、納得できない気持ちもわかる気がしますね。

ただ、契約違反なのは事実なので、事務所からの圧力により一時期テレビ業界から干されることになってしまいました。

 

実際、この後に声優を務めた「この世界の片隅に」は大きくメディアに取り上げられる事がありませんでした。

芸能界・・・怖いところですね・・・。

 

能年玲奈(のん)は滝沢充子に洗脳されていた?生ゴミ先生って?

個人事務所を立ち上げた背景には「洗脳されたのでは」という報道もありました

これは、「魅力開発トレーナー」として長年のんさんに演技指導をしていた滝沢充子さんに洗脳されたのではという憶測での報道です。

 

何故こんな疑惑が出たのかというと、滝沢充子さんはとても指導に厳しい先生だったようで、

「あなたは女優をやらないと生ゴミね」

といったかなり辛辣な言葉をかけたことがファンの間で話題になっていたからでした。

 

この言葉がきっかけで通称「生ゴミ先生」とまで呼ばれるようになり、世間からのイメージが悪くなってしまいました。

 

ただ、実際のところはのんさんは滝沢充子さんをとても信頼しており、厳しい言葉も愛のある指導だととらえついていっていたそうです。

「唯一の親友」だと語られており、一緒に厳しい芸能界を生き抜く戦友のような大事な存在だったのではないでしょうか。

 

演技指導だけではなく、私生活や仕事に関してもアドバイスをするなどのんさんに大きな影響力を持っていたことから、

「個人事務所設立は生ゴミ先生の考えが大きく洗脳されたのでは?」といった意見が出たようです。

 

洗脳というとかなりイメージが悪いですし、事実確認の取れていない報道だった為、レプロエンタテインメント側がメディアを巻き込んだネガティブイメージ作戦ではないかとの見方もあります。

 

こういった悪いイメージは面白おかしく叩かれますし、今後の芸能活動をさらにやりづらくする狙いもあったのでは・・・とも言われています。

・・・ますます怖いですね!!芸能界!!

のちにのんさんはこのように語られており、いろんな悪評もはねのけて自らを成長させようとしたそうです。

のんさんの強い気持ちには脱帽です!!

 

 

能年玲奈が「のん」に改名した理由は?

のんさんが改名したことも物議を醸しました

せっかく「能年玲奈」としての認知度があがっていたところの突然の改名にファンも驚いたようです。

 

芸能人の改名自体は珍しくないですが今回の改名は、ただ単に気分で変えたものや、姓名判断でよりよいものにしたいといった類いの理由ではありませんでした。

 

ここにもまたレプロエンタテインメントからの圧力がかかり、「能年玲奈を名乗って仕事をするなら契約満了後もレプロの許可が必要」という警告書が芸能関係に届いたことが理由でした。

 

「能年玲奈」のままでは、いくら本人が頑張って独立したとしても仕事が回されないという圧力がかかったそうです。

しかも、「能年玲奈」はのんさんの本名でした。

 

本名が今後使えないだなんてすごく理不尽な圧力ですよね!!

これに対しては、ファンや世間からも「やりすぎでは」というレプロエンタテインメントへの不信感をあおる結果となり、のんさんにとっては同情を集める結果となりました。

芸能界は特殊な世界だとは思いますが、圧倒的な事務所の力で個人の権利まで奪ってしまうのは違う気がしますよね。

のんさんとしての知名度もぐんぐんあげて事務所を見返してほしいものです!

 

ちなみに、同じく愛称が「のんちゃん」のフットボールアワー岩尾望さんも、のんさんを応援するツイッターをUPしていました。

優しく応援している人がいるって心強いですね。

 

能年玲奈(のん)は今後レプロに復帰する?アジア進出もあり得る?

2018年秋頃、元所属事務所となったレプロエンタテインメントとのんさんとの間に和解の動きがあったようです。

のんさん側から謝罪し、レプロエンタテインメントが再度マネジメントを引き受けるという内容だったようですが・・・

 

これについては現在も不確かな情報なので、まだレプロエンタテインメントに再所属には至っていません。

現在、やっと「のん」としての仕事も増え、2019年からますます活躍の幅が広がってきているので、今更再所属しなくてもいいのでは?といった気もしますが・・・。

 

レプロエンタテインメントとの和解交渉を始めた理由の一つが2019年の大河ドラマ『いだてん』への出演ではないか?との憶測もありました。

チーフプロデューサー、演出家など「あまちゃん」と同じメンバーが関わっている作品なので、のんさんを起用するのではという噂があがったようですが、これも未だに出演には至っていません。

 

また、中国の化粧品のCMでアジア進出も果たし「かわいい!」と話題になりました。

中国や台湾でも人気のかわいさだなんてさすがです!これからはアジアにも活躍の場を広げていきそうですね!

 

芸能事務所との問題から4年経ち、ますます魅力と実力をあげてきているのんさん。

そのひたむきに努力をする姿勢から応援する人も増えています。

今後ますますの活躍に大注目ですね!みんなでのんさんを応援しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。