パチンコ店の全国禁煙化はいつから?アイコス・電子タバコも吸えない?

2020年4月から施行される、改正健康増進法により、飲食店を中心にタバコのルールが変わることが最近話題になっていますね。

近頃では、カフェや居酒屋でも禁煙のお店が増え、喫煙者たちは肩身の狭い思いをしています。

 

しかし、改正健康増進法の対象店舗に、なんとパチンコ店も含まれているというのです!

喫煙者のたまり場のイメージであるパチンコ店まで、禁煙となってしまっては、パチンコ業界はいったいどうなってしまうのでしょうか?

 

パチンコ店の禁煙化により、店舗はどんな影響を受けるのか、パチンコ民たちはどうするのか?

パチンコ業界の未来を考察します。

 

パチンコ店の全国禁煙化はいつから?理由は?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @nao_777slot on

パチンコ店の全面禁煙は、2020年4月からスタートします。

なぜなら、2020年4月より、厚生労働省が定める改正健康増進法が全面施行されるからです。

 

改正健康増進法とは、健康増進法の一部を改正した、望まない受動喫煙の防止を図るための法律です。

改正健康増進法は、2018年7月に成立し、段階的に適応されていくこととなっています。

 

2019年7月1日には学校や病院などの施設が敷地内禁煙になり、次に、パチンコ店を含む、飲食店が対象となるわけです。

全面禁煙と言っても、パチンコ店では原則禁煙という言い方であり、条件を満たせば、喫煙は可能という意味でもあります。

 

それらの喫煙可能条件については、次の章で詳しくお伝えしますね。

 

 

タバコが吸えるパチンコ店もあるの?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by いろいろ (@iroiroroiroi) on

2020年4月以降も、喫煙できるパチンコ店はあると思います。

なぜ曖昧な言い方になっているかというと、全面禁煙への対応策は、店ごとに委ねられているからです。

 

例えば、パチンコ店が改正健康増進法施行後も、喫煙可能とする条件は、

  • 特定エリア内で加熱式たばこの喫煙が可能
  • 喫煙室内で紙巻きたばこの喫煙が可能

となっているからです。

 

つまり、店舗が喫煙スペースを設けていれば、そこで喫煙することができますが、

タバコの種類によっても吸えるか吸えないかが決まるため、あなたのよく行くパチンコ店にしっかり確認しておく必要がありますね。

 

また、喫煙スペースの出入口と、店舗の出入り口の両方に、喫煙についての標識を貼らなくてはなりません。

 

かなり厳しいんですね。

また、それらの標識には、喫煙が可能な場所であることと、20歳未満の者の立ち入りを禁止していることをはっきり記載しておくことも重要です。

 

 

喫煙フロアと禁煙フロアで分けられる?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by もりた (@calicoblock) on

喫煙スペースの対応方法は、パチンコ店の店舗形態によって変わってきます。

いずれの店舗も喫煙スペースと、禁煙スペースに分けられることを前提に、いくつか案を提示していきますね。

 

まずは、パチンコ店がワンフロアの場合です。

最近では、パチンコ店の縮小が相次いでいますから、大半の店舗がこちらのワンフロアタイプではないでしょうか。

 

ワンフロアの店舗だと、フロア内で喫煙スペースと禁煙スペースに分割するか、店舗の外に禁煙スペースを付け加えるかの二択になりますね。

喫煙スペースと禁煙スペース分割

  • ①全面禁煙

 

  • ②喫煙室

 

  • ③喫煙室+加熱式たばこエリア

 

  • ④加熱式たばこエリアのみ

 

  • ⑤喫煙室に加熱式たばこエリア

 

  • 店舗外に付け加える場合

ワンフロアの場合は、完全に喫煙スペースと禁煙スペースを二分割にするのではなく、小さな禁煙スペースをいくつか設置することもできます。

 

 

次に、パチンコ店が複数フロアの場合です。

複数フロアある店舗だと、フロアごとにそれぞれ喫煙スペースを設けるか、喫煙フロアと禁煙フロアに分ける店舗が出てくるでしょう。

 

  • フロアごとに喫煙スペースがある場合

 

  • 喫煙フロアと禁煙フロアにわける場合

 

  • ※吹き抜け構造の場合

複数フロアの店舗の場合は、例え喫煙フロアであったとしても、そのフロアのどこでもたばこを吸っていいわけではありません。

 

また、吹き抜けタイプだと、実質ワンフロアと同じ扱いになるため、フロア分煙はできません。

必ず、喫煙フロアであっても、専用の喫煙スペースを設ける必要があります。

 

禁煙者にとって嬉しいのは、煙をあまり感じない複数フロアの場合でしょうが、

喫煙の有無でフロアを分けるとなると、どの機種をどのフロアに置くかなどの問題が出てきますね。

 

 

アイコスなどの電子タバコなら吸える?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by すぎさん (@kndt1995) on

たばこの煙が問題ということなら、パチンコ店でも、アイコスなら許されるのでは?という希望が見えてきますね。

もちろん、改正健康増進法の施行後も、加熱式たばこであれば、指定されたエリア内での喫煙が可能です!

 

飲食店でも、紙たばこはだめだけど、アイコスならOKとしている店舗もありますよね。

 

どうやら、パチンコ店も同じような策を取り、客の半数を占める喫煙者を流さない企みのようです。

正確なデータではありませんが、パチンコ・パチスロユーザーの半分以上が喫煙者であると言われています。

引用元:https://www.moneypost.jp/602540

しかし、この加熱式たばこエリアを全パチンコ店が設置するわけではないため、

やはりあなたが通っているパチンコ店に、加熱式たばこエリアを設置する予定か、確認する必要がありますね。

 

残念ながら、現時点で加熱式たばこエリア設置予定のパチンコ店は少ないようです。

なぜなら、新たに加熱式たばこエリアを設置するのには、それだけ費用がかかってしまうからです。

 

近年、パチンコ業界は業績が厳しいと言われていますから、加熱式たばこエリアを作るだけの予算があるのかが難しいところです。

 

 

パチンコ禁煙化で潰れるお店も出てくる?


パチンコ店原則全面禁煙化により、潰れてしまうパチンコ店はあるのでしょうか?

パチンコに詳しいフリーライターの藤井夏樹氏によると、改正健康増進法改正により、パチンコ店の客足は沈むことが予想されるそうです。

いずれにしろ、喫煙者のユーザーが多いのは事実で、来年4月以降にパチンコ店が禁煙化すれば、客足が減る可能性は高いでしょう

引用元:https://www.moneypost.jp

 

筆者もパチンコ店で働いてたことがあるのですが、確かに人気の台はたばこの吸い殻だらけになっていたのを思い出しました(笑)

パチンコ店に来る客のほぼ全員が喫煙者なので、ホール内も煙で充満していましたね。

正直、禁煙化されて自分が吸えなくなるのは辛いですが、タバコに関するマナーで不快な思いをしなくなるのはいい。ある意味タバコをやめるいい機会になるという期待もあるし、禁煙化してもパチンコには行くと思います

引用元:https://www.moneypost.jp

 

というように、たばこが吸えないなら、これを機にたばこをやめられるという意見が多い中、

禁煙者にとっては、これで心置きなくパチンコ店に行ける(=臭いがつかないので、家族にバレない)人もいます。

 

それに、パチンコ店の端玉商品として、一番人気はたばこの交換です。

たばこを吸えないパチンコ店で、たばこを交換商品として置いておくのも変な気がします。

たばこと共存してきたパチンコ業界にとって、改正健康増進法は、なかなか厳しい状況に追い込んできそうですね!

 

 

パチンコ店の禁煙化に対する世間の声は?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by いしはらりんご (@okiseeko) on

最後に、パチンコ店の禁煙化に対して、世間はどのような反応を示しているのか見てみましょう。

世間の反応によっては、今後パチンコ店での禁煙対応が変わってくるかもしれませんから、パチンコを打つ方にとっては、非常に重要になると思います!!

 

ネット上で、パチンコ店の禁煙化について調べてみると、やはり、パチンコ店での禁煙は厳しいという声がたくさん見受けられました。

パチンコ店の禁煙反対コメントをまとめると、

「おじさんにはつらい」
「パチンコ店はさすがに禁煙かわいそう」
「業界厳しいだろう」

という声がほとんどでした。

 

やはり、パチンコ好きには、喫煙者が多いことが、禁煙反対に響いているようです。

反対に、パチンコ店の禁煙に反対というよりも、パチンコ店は、治安が悪いため近づきたくないという人もいました。

確かに、最近では若者のパチンコ離れも騒がれており、パチンコ=治安の悪い場所というイメージが根強いのもありますね。

実際に、パチンコをやっていても隠している人もたくさんいるでしょう。

 

このまま、パチンコ嫌い派ばかりになっていると、パチンコ店の原則禁煙が、完全禁煙になってしまう日も遠くないかもしれません。

パチンコ業界は、パチンコの人気復興や、新規ファンの取り込み重要になってきそうです。

 

今回は、改正健康増進法パチンコ店への影響を考察してみました。

これまで、たばことパチンコは深い関わりにあったため、パチンコ店の禁煙化は、パチンコ業界を厳しい状況に追い込むことは間違いありません。

今後パチンコ店に喫煙者の客が残るかどうかは、パチンコ店各自の頑張りによると思います。



1 個のコメント

  • かなりの店舗調べたけど加熱式タバコエリア設置する店なんて一軒も見つかりませんでした。
    調べた大手は全て喫煙所設置で対応。

    複数フロアあってもエスカレーターとか階段でフロア間を行き来出来るとこは吹き抜け扱いだし、やるなら建物建て直しのが早いから仕方ないね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。