佐川宣寿理財局長の今現在!その後の天下り先や自宅住所はどこ?

2018年頃、森友学園に関する決裁文書の改ざんが問題になった佐川宣寿氏。

2020年に入ってからは、森友学園に関する新たな手記が公開され、改めて佐川宣寿氏による真実の告白が求められています。

 

手記が公開されてから、佐川宣寿氏のアクションはありませんが、そもそも佐川宣寿氏は、国税庁長官を退職した現在はどこで何をしているのでしょうか?

 

佐川宣寿氏の犯した問題を振り返るとともに、佐川宣寿氏の現在の職業についても言及します。

 

佐川宣寿は元国税長官・元理財局長!森友学園問題では不起訴に

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 尾崎裕昭 (ひろ) (@hiro_remon) on

元国税庁長官・元理財局長の佐川宣寿氏といえば、やはり森友問題が浮かんできますよね。

森友学園の国有地売却や、財務省の決裁文書の改ざんをめぐり、
佐川宣寿氏には、公用文書毀棄(きき)の容疑がかかっておりました。

 

大阪地検特捜部は、市民団体などからの告発を受け、
引き続き捜査を続けていたのですが、

2018年5月には、国有地売却については撤去費の積算が不適正とは言えず、
決裁文書改ざんも「改ざん後の文書に虚偽の内容が含まれていない」として、

 

佐川宣寿氏含む、告発された全38人が不起訴となりました。

 

大阪第一検察審査会は、佐川宣寿氏らの不起訴不当とし、
2019年3月から再捜査を始めましたが、

やはり起訴にあたる国有地の値引きや、
国文書の改ざんが見られず、佐川宣寿氏は不起訴のまま捜査が終了したのです。

 

 

新たに財務省の文書改ざん指示について記された手記を発見される

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 阿修羅 (@ashura.hiphop) on

佐川宣寿氏は、結局不起訴となり、難を逃れたように思いますが、また新たな問題が発覚したのです。

 

それが、森友文書の改ざんを、佐川宣寿氏に指示されたとする、手記が公開されたというものです。

 

この公表された手記というのは、森友学園に関する決裁文書改ざんに関与させられた、
元近畿財務局職員赤木俊夫さんが書いたもので、

赤木俊夫さんは、森友学園に関する決裁文書改ざんが発覚した5日後の、
2018年3月に、自殺により亡くなっています

 

そして、今になって、赤木俊夫さんの遺族が弁護士を通して、赤木俊夫さんの手記を公開したのです。

 

赤木俊夫さんの手記には、森友学園に関する決裁文書の改ざんに至る経緯が書かれており、
手書きのものとパソコンでまとめられたものの2種類があります。

 

赤木俊夫さんの手記には、野党による国会追及を逃れるために、財務省本省が指示していた不正内容について、事細かく書かれています。

 

こちらが、赤木俊夫さんの手記の一部分です。

引用元:NHK

この中では
『今回の問題はすべて財務省理財局が行いました。指示もとは佐川元理財局長と思います。学園に厚遇したととられかねない部分を本省が修正案を示し現場として相当抵抗した。事実を知っている者として責任を取ります』などと記されています。

引用元:NHK

赤木俊夫さんの手記には、はっきりと指示元は佐川元理財局長と書かれていますね。

 

日付も、(平成)30,3,7とあることから、赤木俊夫さんの手記として、別の誰かが書いたものでもなさそうです。

 

また、赤木俊夫さんの遺書も同時に公開されており赤木俊夫さんの遺書には、

①森友問題に関すること②家族あてのものの、計3枚につづられています。

1通は「森友問題」という書き出しで「佐川理財局長(パワハラ官僚)の強硬な国会対応がこれほど社会問題を招き、それに指示NOを誰も言わない理財局の体質はコンプライアンスなど全くない これが財務官僚王国 最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ。手がふるえる。恐い命 大切な命 終止符」と手書きされています。

引用元:NHK

遺書の字がかなり震えており、赤木俊夫さんは相当思い悩んでいた様子がわかりますよね。

 

赤木俊夫さんの遺族が、赤木俊夫さんの手記や遺書を公開したわけは、国や佐川宣寿氏を提訴し、賠償金1億円余りを求めるというものです。

 

赤木俊夫さんの妻の目的は、「夫の死の真相を明らかにしてもらうこと」だそうです。

なぜ2年たったこのタイミングを選んだのかもわかりませんが、
これを機に真相の究明を!と躍起になっている国民も多く見られます。

 

 

佐川宣寿はその後どうなった?今現在の天下り先(再就職先)はどこ?

佐川宣寿氏は、決裁文書の改ざんが発覚した後、
減給20%、3ヶ月の懲戒の処分を受けた当日に、国税庁長官を依願退職をしましたよね。

 

佐川宣寿氏が、国税庁長官を退職したり理由は、

  1. 理財局長当時の国会対応により、混乱をもたらした
  2. 行政文書の管理について指摘を受けた
  3. 書き換え疑惑のある決裁文書の担当局長であった

などが挙げられていました。

 

佐川宣寿氏の減給分は、額にすると66万円相当で、退職金4000万円から差し引かれましたが、

66万円引かれたところで、痛くもかゆくもないわなーと思いました(笑)

 

さて、従来財務省幹部のOBは、いわゆる天下りとして大手企業の役職に就いてきました。

 

ところが、佐川宣寿氏に関しては、2020年3月時点での天下り情報は見つかっておらず

さすがに企業側もイメージダウンになりかねないことから、
佐川宣寿氏を名誉顧問などの重要ポジションに置くわけにはいかないんですね。

 

そもそも、天下り自体どうにかしろっていう感じなんですけど(笑)

 

一方、佐川宣寿氏は出身の福島県いわき市の応援大使を務めていますが、市の応援大使なので、特に給料が発生するわけでもない、ボランティア的なものです。

佐川宣寿氏たるものが、無給でいわき市応援大使をやっていることにも疑問を感じますし、

何より、新たに赤木俊夫さんの手記が見つかったことで、
いわき市の動向が気になるところですよね。

 

 

佐川宣寿の自宅住所は世田谷区師谷!想定価値は1億円?

佐川宣寿氏がなかなか真実を語ろうとしないので、佐川宣寿氏の自宅には、連日報道陣が押し寄せていたこともありましたよね。

 

筆者がこの報道を見て気になったのは、佐川宣寿氏の住んでる場所や、自宅の様子です!

だって、あまりにも大きく綺麗そうな自宅でしたから。

 

調べてみると、なんと!佐川宣寿氏の自宅に乗り込もうとした勇者がいたのです!

keiki22さんという方が、佐川宣寿氏の自宅周辺であるとされるところに張り込み、突撃取材を試みその様子をツイキャスで配信したのです。

 

実際、Keiko22さんは佐川宣寿氏本人と話すことはありませんでしたが、
近所の人と話す様子や、ツイキャスの位置情報から、

佐川宣寿氏の自宅は世田谷区祖師谷大蔵であることが判明しました!

 

小田急電鉄小田原線の駅名に、祖師ヶ谷大蔵という駅がありますね!

 

2018年時点では、佐川宣寿氏が妻とされる人物と、祖師谷にあるスーパーマーケットのサミットで買い物をする姿もキャッチされていました。

引用元:Google

 

佐川宣寿氏が買い物をしていたサミットは、
〒157-0071 東京都世田谷区千歳台2-15-8にあるため、

佐川宣寿氏の自宅は、サミットの徒歩圏内にあるのではないでしょうか?

 

あまりにも自宅に報道陣が押し寄せるため、佐川宣寿氏はホテル暮らしをしているとの噂もあります。

そのため、自宅を直撃したKeiko22さんも、佐川宣寿氏と取り合うことができなかったんでしょう。

 

気になる佐川宣寿氏の自宅額は、2018年3月22日号『週刊文春』によると想定1億円だそうです。

それも、元々国税差し押さえ地だった場所を、不動産会社を通じて、2003年に格安で購入したんだそうです。

 

国民のから税金を搾りとっておきながら、自分たちは、私生活で楽しようという魂胆なんですね、、、。

ちなみに、佐川宣寿氏の自宅が2階建てだったことから、家族や子供が複数いるのでは?という噂もあるみたいです。

 

佐川宣寿氏は現在63歳ですから、子供がいるとしたら、30代くらいなのかと推測できますね。

もしかしたら、結婚はしているけども、自分のしたことが家族に飛び火することを恐れて、佐川宣寿氏は家族の情報を抑え込んでいるのかもしれません。

そのうち、佐川宣寿氏の近所の住民とかから、佐川宣寿氏の近況や、家族情報まで流れてきそうですけどね、、、。

 

ということで今回は、新たな手記公開により、再注目されている佐川宣寿氏について調べました!

佐川宣寿氏は、お堅そうな見た目とは裏腹に、結構恐ろしいことを平気で指示してしまうような人だったんですね。

 

人が亡くなっているにもかかわらず、真実をひた隠しにしようとする日本は大丈夫なのでしょうか。

一度容疑を否定していますから、佐川宣寿氏はこのままお得意の雲隠れなんてこともありえそうです。



4 件のコメント

  • 佐川宣寿の住所は東京都世田谷区祖師ヶ谷大蔵4丁目7-10 です。 写真もあります。
    入口の玄関にあたるところは少し奥まっていて玄関先には綺麗な花が咲いています。ここは競売にかけられた土地で安く手に入れたらしい。国民の税金を上手く利用して安く手に入れたのですね!

  •  世の中には、こんな人間も居るんだなとつくずく残念に思うが、「こんな人間はクズだから、こんな人間にだけはなるんじゃないよ」と子供に対して教えてやることが出来る。
    と言う事はある意味大変ご立派な方ではないか、と思う。
    歴史に名高い大泥棒達と並んで歴史書にその功績を刻んで置く必要があるんじゃないか。
     佐川元理財局長いや失礼、元国税庁長官大先生殿
    これからも健やかなる素晴らしい人生を(マスクなどして買い物をせず)堂々と歩いて下さい。
                                           無名納税者より

  • 住所は「世田谷区祖師ヶ谷大蔵」でなくて「世田谷区祖師谷」ですか?

  • 哀れな人としか言いようがありませんね。低次元の魂の人というか…元々政治家自体が低次元の魂の集まりですから仕方ないというか…低次元の中でも高い人がトップになっている繰り返しですね。それでも低次元なのだから、高次元の政治を望むことは不可能ですね。すべては「お金」に支配されていますのでね。低次元の魂は物欲金欲に支配されているから、誰も心無い政治しか出来ないんですよ。日本に限ったことではありません、今は地球上ではこういう低次元の魂の段階の人しかトップになれないんですよ。早く天変地変が起こって、物や金では償えないくらいの人々の心を呼び覚ます警笛が起こらない限り、いつまでたってもこういうことは繰り返されますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。