櫻田慧の死因は腹上死?モスバーガー社長のスキャンダラスな最後とは?

国民みんなに愛されるモスバーガーの創業者である櫻田慧さん。

1997年に突然亡くなってからすでに22年が経っています

 

亡くなった当時は、死因は腹上死?スキャンダラスな最期だったのでは?と話題になりました。

今回は、そんな櫻田慧さんの死因やプロフィール、スキャンダラスな最期とはどのようなものだったのか?調べてみました。

 

モスバーガー社長・櫻田慧のプロフィール

人気ハンバーガーショップ「モスバーガー」を全国チェーン店に広げ、モス・フード・サービスの創業者として手腕を発揮した櫻田慧さん

プロフィールがこちらです。

 

  • 名前:櫻田 慧(さくらだ さとし)
  • 生年月日:1937年1月19日生まれ
  • 没年月日:1997年5月24日生まれ(60歳没)
  • 出身地:岩手県大船渡市
  • 出身校:東京都立大森高等学校、日本大学医学部
  • 経歴:大学卒業後、日興證券に入社、その後独立してハンバーガーショップビジネスを開く

 

若い頃からとても優秀で、日興證券に入社した際もとても優秀な成果を残し、実績を高く評価されたそうです。

 

まだ若いながらもアメリカの駐在員を任されるまでに評価されていたそうですが、

「いつまでも現状に甘んじていては人間的に成長しない」

「自分の納得のいく仕事に情熱のすべてを賭けてみたい」

との考えから、後輩2名をつれて独立しました。

 

その後、ハンバーガーショップを開くことに決めた櫻田慧さんは、開業後半年間ハンバーガーの本場アメリカで商売の修行をし、日本に戻ってきます。

 

「一つの街に一つのモスバーガーを」を合い言葉に、急成長を遂げて今のモスバーガーの基盤を作り上げました

モスバーガーの実験店を開店した3月12日は「モスの日」として今も大事にされています。

その手腕はすばらしく、偉大な経営者としてカリスマ的な存在感があったそうです。

 

モスバーガーのハンバーガーも、徹底的に質にこだわり

  • 注文を受けてからの調理スタート
  • 安い価格帯ではなく、適正価格で高品質なものを提供する
  • とことん野菜や材料の質にこだわる

 

味にうるさい日本人好みのハンバーガーやさんを作り上げることに注力したそうです。

その結果、大手ハンバーガーチェーンのマクドナルドに次ぐ国内2位のシェア率を誇るまでに成長しました。

 

確かに、安く食べたいときはマクドナルド、ちょっといいハンバーガーを食べたいときはモスバーガーというイメージがありますよね。

マクドナルドと比べると安くはありませんが、その分とてもおいしいですし、ちょっとリッチな気分になって毎回テンションがあがる気がします。

 

さらに、今やどこのハンバーガーショップでも人気メニューの「てりやきバーガー」を考案したのも櫻田慧さんです。

日本人好みのハンバーガーという考え方に寄り添った結果の素晴らしいメニューですね!

 

「お客様に感謝される仕事をしよう」

「お客様に感動を与えよう」

が口癖だったという櫻田慧さん。

 

名言もたくさん遺されており、人の心に響く考えの持ち主だったようです。

お客様ファーストの熱い情熱を持った経営者だったのですね。

 

モスバーガーに行くと、ファーストフード店には珍しく手書きのPOPがあったり、緑がたくさん植えてあったり・・・。

店員さんも丁寧な方が多いなという印象でしたが、創業者の考えが今も大事にされているのではないでしょうか。

素敵な会社ですね!

 

 

櫻田慧が急死した謎!死因は腹上死って本当なの?

1997年5月24日に急死し、世間を驚かせた櫻田慧さん。

当時、愛人として木原光知子さんとの仲が噂されており、さらにその死因についても腹上死では?という噂がありました。

その真相を調べてみましょう。

 

櫻田慧が急死!死因はくも膜下出血

櫻田慧さんが亡くなったのはハワイでは??という噂もありましたが、正しくは愛人が住む日本のマンションだったそうです。

その為、スキャンダルな最期だと言われてしまったわけですね。

このマンションは、ハワイではなく隅田川近くの高級マンションだったと言われています。

 

櫻田慧さんはれっきとした妻がいる既婚者でした。

亡くなってしまった場所が愛人のマンションだという事実は、今までの輝かしい功績からすると格好のスキャンダルの的だったのかもしれません。

 

死因はくも膜下出血による急死とされており、事件性はないようです。

 

くも膜下出血とは、脳の血管の中にできた動脈瘤というこぶのようなものが破れて出血してしまう症状の事で、突然症状が起こることが多い病気です。

年齢に関係なく、若い人でも生まれつき動脈瘤を持っている人は発症する可能性があるそうです。

 

  • 高血圧
  • 喫煙
  • 大量の飲酒
  • 家族歴がある

このような歴がある人は要注意だそうです。

くも膜下出血になってもその後社会復帰できる人もいるそうですが、運悪く櫻田慧さんはそのままお亡くなりになってしまったようですね。

 

モスバーガーの創業者の急死ということで、会社も対応に追われるなど大変だったようです。

 

櫻田慧は愛人・木原光知子のマンションで腹上死したとの噂も

櫻田慧さんの愛人が木原光知子さんだという事は、近しい人の中では有名だったようです。

愛人である木原光知子さんも、東京オリンピックにも出場した元水泳選手ということで素晴らしい経歴の方ですよね。

木原光知子さんは現役引退後、タレントとしてもご活躍されていました

 

10歳以上の年の差があるお二人ですが、海外出張の後は必ず木原光知子さんのマンションへ訪れるなど仲睦まじかったそうです。

 

櫻田慧さんが亡くなったとされるマンションも、この木原光知子さんが住んでいた場所だったそうです。

それが、俗に言う「腹上死」だったとされ愛人と一緒にいた時のスキャンダルな死と言われてしまったようですね。

実際に腹上死の状態だったのかは定かではありませんでした

 

櫻田慧さんと木原光知子さんは仕事で知り合い、恋仲になったと言われています。

さらにが、モスバーガーの豪華保養所の内装にアドバイスをするなど、「アドバイザー」という肩書きで相談にのり、会長職を務める櫻田慧さんを仕事の上でも支えていたそうです。

 

モスバーガーの会合に同席することもあったそうで、櫻田慧さんの妻に関係がばれないように会長側近達には箝口令がしかれたのだとか・・・。

 

愛人を持つことは浮気ですし、世間的にはあまり許されることではないとは思いますが、きっと公私ともに支えられていた存在だったのですね。

二人の仲にも純愛ドラマがあったのではないでしょうか。

その後、木原光知子さんも2007年に亡くなっており、死因も同じくくも膜下出血だったそうです。

何か縁のようなものを感じますね・・・。

 

 

櫻田慧の急死で経営不振に?モスバーガー・ハワイ店は閉店

櫻田慧さんが亡くなった当時は、跡継ぎをどうするのかで一時会社が大変だったようです。

ベテラン社員が一時跡を継いだものの、創業家たちの反対にあい、一年もたたない間に社長が再度交代。

会社の方針が定まらない状態に陥りました。

 

その後、櫻田慧さんの甥である櫻田厚さんが社長を引き継ぎ会社を安定させることになりました。

櫻田厚さんは、先代が亡くなる前からアルバイトとしてモスバーガーで働き、一日約18時間も働く努力家だったそうです。

その後、店長を任されるなど現場で確実に経験を積んだそうです。

 

社長の甥というコネを利用することなく、一年で店長になってみせるという信念の元、一から現場で頑張っており、

社長に任命された背景にもそういった努力家の面が認められたのではないでしょうか。

 

その後、競合店のマクドナルドの台頭などにも押され、一時的に経営不振になるも、

看板も当初の赤色から緑色に変えた「緑モス」いう野菜を売りにした店舗を試験的に打ち出し、それが大成功に。

 

緑モス店舗を増やす経営戦略を打ち出すことでマクドナルドとの差別化を図り、業績も安定してきたそうです。


櫻田慧さんがハワイで亡くなったという噂もありましたが、その事実はなく、亡くなったことに関してとは関係なく2005年4月にハワイ店は閉店しています

海外出店の初店舗はハワイでしたが、業績が振るわなかったのでしょうか・・・。

現在は、シンガポールなどアジアを中心に海外展開を広げていっています。

 

また、現在2度目の経営不振という大変な時期に突入しているモスバーガー。

その原因は、「シェイクシャック」「カールスジュニア」など、海外からの高級・健康的イメージを売りにしたハンバーガーチェーンが続々と日本に進出してきている為です。

 

品質や健康志向を売りにマクドナルドとの差別化を図っていたモスバーガーにとっては、売りがバッティングしてしまっている状況になってしまったようです。

しかも、SNS映えなどの流行もあり、新しいもの好きの日本人の若者にその海外からの進出店が人気になっている状態です。

 

今はどんどん新しいものがSNSで広まりブームになる時代ですものね・・・。

モスバーガーも、今まで培ってきたブランド力を生かして負けずに頑張ってほしいところです!

今後のモスバーガーの躍進にも期待しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。