高梨沙羅が愛車ベンツで炎上!高年収はスポンサーマネーのおかげ?

2019年妙高サマージャンプ大会から勝利続き、ついに女王復活か?!と期待がいっぱいの、スキージャンプ選手高梨沙羅さん。

しかし、高梨沙羅さんの愛車がベンツという話題のほうが、かえって注目を集めてしまっているようなんです。

 

高梨沙羅さんの愛車はベンツなのか?そうだとしたら、そのベンツへの周囲の反応はどうなのでしょう??

今回は、高梨沙羅さんのベンツや年収にまつわる話に迫ります。

 

高梨沙羅の愛車はベンツ!「まだ早い」と批判が殺到?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by いちよんs (@dt416) on

高梨沙羅さんの愛車はベンツで間違いないようですが、いったい、どこから高梨沙羅さんの愛車はベンツという情報が出たのでしょう?

わざわざ自分から言うようなことでもなさそうですよね。

 

高梨沙羅さんの愛車がベンツだとわかったのは、2017年冬号の「メルセデス・ベンツ・マガジン」でした。

「メルセデス・ベンツ・マガジン」は、メルセデスオーナーのみが受け取ることのできる季刊誌で、世界各国各言語で発行されています。

 

2017年冬号には、高梨沙羅さんが愛車のベンツの傍に立ち、微笑む姿が掲載されています。

このとき高梨沙羅さんは21歳ですが、なかなか様になっていらっしゃると思います!

高梨沙羅さんは、練習場に向かう雪道において、この愛車のベンツを自ら運転しているそうです。

 

確かに21歳の女の子のイメージにしては厳つすぎますが、雪道を走る安全面を考えると、高級車でも何らおかしくはないと思います。

しかし、なぜか高梨沙羅さんがベンツを愛用していることに対し、ネット民が大炎上することとなりました。

 

別に高梨沙羅さんが自分で稼いだお金で買ったんですから、この人たちに乗る車種など関係あるのでしょうか??
正直僻みにしか思えません(笑)

 

別にお金を手にして、良いものを買うことは悪いことではありませんからね!!

「まだ早い」って、、いったい何歳からなら乗っていいとか決まっているんでしょうか??

 

高梨沙羅の愛車画像「メルセデスベンツAMG G 63」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mercedes-Benz(@mercedesbenz_de)がシェアした投稿

高梨沙羅さんが愛用しているベンツの車種は、メルセデスAMG G 63 です。

メルセデスAMG G 63は、最低でも1971万円はするらしく、確かに一般人にはなかなか手が届かない高級車ですが、高梨沙羅さんは賞金を稼いでいますし、当然のような気もします。

 

また、メルセデスAMG G 63は、軍用車から派生したSUV(スポーツ用多目的車)です。

高梨沙羅さんは練習場へ、この愛車で向かっていると言っています。

 

つまりは、スキージャンプの大荷物をすべて積んで、危険な雪道や、山道を通る可能性もあると考えられますよね。

そのことを考慮すると、高梨沙羅さんがメルセデスAMG G 63に乗っているというのは、なんらおかしいことではありません。

 

メルセデスAMG G 63のような四輪駆動の車のほうが、雪道や、凍結路では性能がいいとJAFの公式ホームページでも書かれています。

一般的に雪道や凍結路での走行性能は、動力がすべてのタイヤに伝わる4WD車のほうが、2WD車よりも高いと言われています。

引用元:JAF

そういった、安全面や快適さを考慮してのメルセデスAMG G 63という選択だったのではないでしょうか。

アスリートにとって、協議に集中することが第一ですから、練習に向かうまでに何かあってはいけませんからね。

 

 

高梨沙羅がベンツオーナーはまだ早い?祖父も反対?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 天吉sas@投稿はスローにちょっとずつ (@sas.tenkichi) on

先ほど、高梨沙羅さんが21歳でベンツのオーナーになったことに対して、「まだ早い」と、ネット上で大炎上したことは述べたとおりです。

 

しかし、なんと高梨沙羅さんの祖父も、高梨沙羅さんがベンツに乗ることは「まだ早い」と反対していたそうなんです。

となると、高梨沙羅さんは、親族の反対を押し切ってまで、ベンツを選択したということになるのでしょうか、、、?

 

さっそく、高梨沙羅さんの祖父がベンツに反対したという情報を調べてみました。

実際、彼女の故郷・北海道に住む祖父に聞いても、
「ベンツに乗っているなら“成功の証”のひとつかもと思う反面、まだ若いんだし、学生だし、そんな立派な車には乗らない方がいいんじゃないかという気持ちもありますよ。あの子は発展途上ですから、まだ早いのではないかと。孫がベンツの横に立っている写真は見たことあるけど、人様の持ち物だと思ってたので」

なんて複雑な胸中を口にするのだが、一方でこんなエールを送るのだ。

「あの子は昔から己を律することのできる人間。練習する時はきちんとやるし、オフは息抜きに充(あ)てている。五輪では一番よい色のメダルを獲って欲しいです」

引用元:デイリー新潮

 

この2018年1月4日掲載の「デイリー新潮」記事によると、高梨沙羅さんは、好きなものに囲まれて生活することを、
悔しさを晴らす一つの方法としているそうです。

愛車のベンツも、高梨沙羅さんの好きなもののうちの一つということでしょうね。

 

そんな高梨沙羅さんの気持ちを知ってか、高梨沙羅さんの祖父は複雑な心境を語っています。

 

高梨沙羅さんを一番に応援したい気持ちは持ちつつも、どこか遠い存在になってしまった高梨沙羅さんを寂しがっているようにも取れます。

なので、高梨沙羅さんがベンツに乗ることに、断固反対というわけではなさそうですね。

 

高梨沙羅が高年収なのはスポンサーのおかげ?契約会社どこ?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Sara Takanashi / 高梨沙羅 (@sara.takanashi) on

高梨沙羅さんは、最低1971万円もするベンツが愛車ということですが、そんなにスキージャンプの選手は稼げるのでしょうか?!

もちろん、高梨沙羅さんくらいになると、スキージャンプ界でもトップクラスの選手なので、相当な賞金を稼いでいるとは思いますが、、、。

 

高梨沙羅さんの年収は、ざっと4000~5000万円くらいではないかと言われています。

というのも、高梨沙羅さんの年収のほとんどがスポンサー費用になります。

 

2013年、高梨沙羅さんは全戦表彰台に上がっていたにもかかわらず、その賞金の総額は684万7千円だったらしく、
これではほとんどが競技に充てられてしまいそうな額ですよね。

 

ですが、この高梨沙羅さんが着用しているユニフォームを見てください。

名だたる企業が、高梨沙羅さんのスポンサーとして協賛しています。

 

いったいどこが高梨沙羅さんをサポートしているのか?!一つずつ見ていくと、

  • 所属クラブ:クラレ
  • ヘルメット:UVEX
  • ゴーグル:Oakley
  • ワンピース:ミズノ
  • スキーウェア:ナイキ
  • スキー板:SLATNAR
  • 寝具:エアウィーブ
  • 日焼け止め:資生堂
  • 愛車:メルセデスベンツ

 

以上です。

すごいですね。スポーツに詳しくない人でも知っているような、有名な企業、ブランドばかりです。

 

しかも、その中には問題になった、メルセデスベンツもあるではないですか!!

なるほど、高梨沙羅さんが愛車にベンツを選んだ理由は、ベンツがスポンサーだから、ということもありえそうですね。

 

また、高梨沙羅さんは、東海漬物「きゅうりのキューちゃん」や、実家がセブンイレブンなことから「セブンイレブン」のCMにも出演していました。

このような広告出演料も含み、高梨沙羅さんの年収は多くなっていると言えます。

 

 

高梨沙羅はなぜ炎上するのか?ベンツと厚化粧のせい?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by もんフラワーデザインスタジオ (@mon_mami.flower) on

高梨沙羅さんって、今回のベンツの件だけじゃなく、「顔が変わった?」という件でも、常にバッシングを受けているイメージがあります。

今の世の中が、ネット社会で何でもかんでも叩き、炎上させるのが普通みたくなっていますから仕方のないことかもしれませんが。。

それにしても高梨沙羅さんばかりが異常にフォーカスされすぎている気もします。

 

高梨沙羅さんが叩かれてしまう理由は、成績不振が大きいと考えられます。

高梨沙羅さんはそれまであまり脚光を浴びていなかった、女子スキージャンプ界に突如出現し、2013年頃は誰も高梨沙羅さんに勝てないと言われるまでの存在になっていました。

 

しかし、2014年に行われたソチ冬季五輪の結果は4位と表彰台に届かず、そこからはなかなか勝てない、高梨沙羅さんのスランプ期に入ってしまいました。

 

そんな勝てない時期のなか、2015年頃高梨沙羅さんはメイクに目覚め、顔立ちはどんどん派手になり、2017年には愛車がベンツだと発覚します。

 

「ソチ冬季五輪で負けた悔しさをバネに練習を重ねてきた」
「平昌冬季五輪では金を取る」

と言っているのにも関わらず、

「勝てないのはほかのことにうつつを抜かしているから」という厳しい意見が出るようになりました。

 

美しい大人の女性へと変貌した高梨に世間は過敏な反応を見せた。これまで純朴な姿勢で競技に打ち込んでいたはずの北海道出身の少女が化粧にうつつを抜かすなんて何事か――。多少の差異はあれども、彼女のメイクにイチャモンをつける人は大方このような不満を持っているのであろう。

(中略)

続いては「ベンツ」だ。彼女の愛車は「メルセデス AMG G63」。約2000万円の高級車のオーナーとなっていることはメルセデス・ベンツ所有者向けの会員誌「メルセデス・ベンツ・マガジン」の2017年冬号で特集記事として掲載され、周知の事実となっている。ただこの時期がちょうどW杯優勝から遠ざかり、スランプと目されているタイミングであったことから「高級車を乗り回している場合か」などといった批判が殺到した。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/

つまり、勝てないのならもっと練習に励め、メイクや趣味なんかに費やす時間はないだろ、とでも言いたいのでしょうか。

そんなの、他人に言われなくても高梨沙羅さんが一番わかっているはずですよね。

 

2018年の平昌冬季五輪で、高梨沙羅さんは見事銅メダルを獲得しましたが、高梨沙羅さんへの批判はやむことはありません。

こうなったら、次回の冬季五輪で、金メダルを取ってやるしかなさそうですね!

 

誰が何にはまり、どれだけ時間をかけようと、個人の勝手です。

高梨沙羅さんがベンツを愛車にしていることも、他人に全く関係のないことであり、高梨沙羅さんの自由にすればいいと思います!

 

高梨沙羅さんには、これからもどんどん勝ち続けてもらい、ばっちりメイクでベンツを乗り回してほしいです(笑)

そうすれば、高梨沙羅さん反対派も黙ることでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。