佐藤エリの貧乏話に驚愕!主食はヘビで両親が失踪した真相とは?

人気モデルとして、かわいらしいルックスと抜群のプロポーションをお持ちの佐藤エリさん。

そんな誰もが憧れる佐藤エリさんには、超絶貧乏生活を送っていたという壮絶な過去があったのです。

佐藤エリさんの貧乏エピソード、ボロボロの実家、気になる家族事情まで、明らかにしていきます。

 

佐藤エリのプロフィール!出身高校や身長体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

まずは、佐藤エリさんのプロフィールです。

  • 生年月日:1992年3月28日(29歳)
  • 出身地:日本・栃木県
  • 血液型:O型
  • 身長 / 体重:168 cm / ? kg
  • スリーサイズ:80 – 55 – 83 cm
  • 靴のサイズ:24.5 cm
  • 事務所:スペースクラフト

 

佐藤エリさんはモデルやタレント活動を行っていて、父はスペインとロシアのハーフ・母は日本人です。

幼少期は、祖母と二人暮らしで育ったと言われています。

 

佐藤エリさんは、2015年9月にモデルデビューします。

佐藤エリさんが通っていた高校名までは判明しておりませんが、出身が栃木県ということと、貧乏生活を送っていたということから、宇都宮の県立高校ではないか、と思います。

 

佐藤エリさんは、2016年4月20日発売の雑誌「non-no」6月号よりnon-noの専属モデルとなったことで、一躍人気モデルの仲間入りを果たします。

佐藤エリさんは、大きな目と小さい顔、ポテッとした唇が印象的ですね!

さすが父に、スペインとロシアのハーフを持つだけあります。

 

non-no専属モデルということもあり、佐藤エリさんは抜群のプロポーションの持ち主でもあります。

  • 身長→168㎝
  • 体重→50㎏前後(公式では非公開)

のようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

くびれはあるし、足は長い!でも、ガリガリというわけでもなさそうです!

まさに女性が憧れる容姿をお持ちの、佐藤エリさん。

 

もちろん、美容や健康にお金をつぎ込んできたんだろうな、、、と思いきや、佐藤エリさんがお金を自由に使えるようになったのは、ほんの最近の話だそうです。

 

モデルとして売れる前は、佐藤エリさんは相当な貧乏だったと言われています。

それも、毎日バイト漬けで、、、のようなレベルではないと言います。

 

今の姿からは、まったく想像もつきませんが、どれほどの貧乏レベルかが気になりますよね!

次の章からは、佐藤エリさんご本人が語った、貧乏エピソードをご紹介します。

 

 

佐藤エリの貧乏伝説に驚愕!祖母と2人暮らしの実家がボロボロで主食はヘビ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

さて、人気モデルの佐藤エリさんですが、モデルになる前の素人時代は超絶貧乏生活を送っていました。

佐藤エリさんは、出身地の栃木県で両親ではなく祖母と一緒に暮らしていたんだとか。

 

こちらが佐藤エリさんと祖母が一緒に暮らしていた家だそうです。↓

引用元:Google

写真で見る限り、かなり年季が入ったお家ですね・・・w

幼少期の佐藤エリさんの貧乏エピソードもかなりぶっ飛んでいるみたいなので、1つずつ見ていきましょう。

 

エピソード1:レジ袋をタンクトップ代わりにしていた?

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

佐藤エリさんの貧乏エピソードその1は、お金がなくて服が買えずジ袋をタンクトップ代わりにしていた」ということです。

ビニール袋をタンクトップといえば、こんな様子でしょうか??

一時期、テレビ番組で「レジ袋がタンクトップの代わりになる」と放送されたことから、ネット上でもかなり話題にもなっていましたよね。

 

しかし、レジ袋を着て外に出るのは無理がありそうですよね。

そもそも、小さい女の子がレジ袋を着て歩いていたら、近所で噂されてしまいそうです。

 

それに、佐藤エリさんが子供の頃といえど、既に2000年代ではありますから服もかなり安く手に入ります。

そんなお金もないほど、貧乏だったということでしょうか。

学校などにレジ袋を着て行っていたかと思うと、、、簡単には信じられませんね。

 

エピソード2:食べ物はイナゴ・ヘビ・タンポポを食べていた?

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

佐藤エリさんの貧乏エピソードその2は、食べ物を買うお金もなく、ヘビ、イナゴ、タンポポを食べていたということです。

貧乏でご飯が食べられなくて、公園の水でお腹をいっぱいにしていた、道端の雑草を食べていた、という話は芸人の話でもよく聞きますよね。

 

しかし、ヘビやイナゴなど、まるでアマゾンで食べられていそうなものを食べていた、なんて話は初めて聞きました!!

そもそも、食べられるヘビとか、イナゴって存在するんでしょうか?!

タンポポはなんとなく食べられなくはなさそうですが、、、。

 

この件に関して、立証するものがあります。

それは、佐藤エリさんがゲストとして『しゃべくり007』に出演した時のことでした。

「うちのおばあちゃんはそこら中の山から普通にすっと(ヘビを)取ってきて、かっさばいてきて、それを串に刺して焚き火で焼いてくれたりして」と、佐藤エリさんは説明します。

いやいや、祖母の体力はどうなっているんですか(笑)

 

イナゴも、佐藤エリさん自身が田んぼに取りに行ってたと言うのです。

ペットボトルに入れ、捕獲したイナゴは、すり潰して佃煮にしたり、素揚げにして食べていたそうです。

その調理過程を想像するだけで、ゾッとするんですが(笑)

 

番組では、佐藤エリさんが本当にヘビを食べられるのか検証すべく、串焼きのヘビ料理を用意しました。

スタジオや、観客席からは悲鳴が上がりましたが、佐藤エリさんは平然と、「久しぶり〜」「15年以上(食べていない)」と頭から豪快にかぶりついたのです!!

 

しかも、「うんうん、おいしい〜!!」笑顔で食べていたのです。

これに関しては、くりぃむしちゅーなど、しゃべくりメンバーからも怪訝そうな顔で見られていました。

佐藤エリさんのような貧乏ネタは、やらせと取られることも多いですが、演技でヘビを食べられるものでしょうか、、、?

 

モデルとしてのイメージも悪くなりますし、見た目的にも絶対に食べたくないですよね。

とすると、佐藤エリさんがヘビ、イナゴ、タンポポなどを食べていたのは、本当かもしれません

もし嘘だとしたら、佐藤エリさんの売れたいという根性に脱帽ですよね(笑)

 

エピソード3:病院に行けず治療はドクダミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

佐藤エリさんの貧乏エピソードその3は、薬代わりにドクダミを使っていたということです。

ドクダミとは、どこでも見られるようなこのような植物ですね。

 

よくドクダミ茶なんてものはありますが、薬として使うことはできるのでしょうか?!

かなり原始的な気もしますが、、、。

 

服を買うお金もなければ、当然病院に行くお金もないので、火傷も擦り傷も全てすり潰したドクダミで治療していました。

擦り傷ならまだしも、火傷なら痕が残ると大変ですし、病院に行った方がいいと思いますが、、、。

 

佐藤エリさんの祖母の世代は、ちょっとやそっとの病では、病院に行くことはありませんでした。

むしろ、その辺の薬草で治すのが当たり前の時代だったと言います。

 

それに、「病院に行くくらいなら死んだ方がマシ」と、祖母はよく口にしていたそうです。

いや、病院に行った方がマシだろ!と突っ込みたくなりますが、佐藤家では、ドクダミが万能薬だったということがわかりました。

これは、貧乏だったからというよりも、佐藤エリさんの祖母の育ちや、性格による気もします。

 

 

佐藤エリの貧乏エピソードが嘘だと言われる理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

貧乏エピソードばかりの佐藤エリさんですが、

  • 貧乏エピソードがやらせではないか?
  • 売名目的ではないか??

なんて話もされています。

 

そりゃあ、まるで嘘のようなエピソードばかりなので、やらせと言われるのもわかる気がします(笑)

どうして、やらせなんて言われてしまったのか?

 

それは、佐藤エリさん自身が出演した『水曜日のダウンタウン』の『有名人の素人時代、やはり頭一つ抜きん出てる説』にて、

「(貧乏エピソードは)今思えばやらせだったかもしれない」

と語ったのでした。

 

まさか、本人からそんな発言を聞くとは思いませんでした。

 

それに、佐藤エリさんは貧乏だったにもかかわらず、小さい頃は今よりも15kgも太っていたようなのです!!

貧乏で食べるものもなかったのに、太ってるなんておかしくない?!という指摘もあるみたいなのです。

しかし、佐藤エリさんが太っていたことを擁護する、理由があったのです。

 

それは、佐藤エリさんの父より、佐藤エリさんがロシアの血を受け継いでいるからでした。

ロシアのような極寒の地では、人々は熱を蓄えようと身体に脂肪を溜め込みやすくなると言われています。

 

それに、世間に出回っている安いものって、ジャンクだったり太りやすいものが多くないですか??

なので、佐藤エリさんが太っていたとしても、何もおかしくない話とは言えます。

 

しかし、本人が言ってしまっているので、佐藤エリさんの貧乏エピソードがやらせというのは、一部ありえるかもしれません。

まあ、子供の頃の話ですから佐藤エリさんの記憶も曖昧かもしれませんし、本当のことは当時の佐藤エリさんと、祖母しかわからないということですね。

 

佐藤エリはなぜ両親と一緒に住んでいなかった?

 

この投稿をInstagramで見る

 

DABAgirl PREMIUM 佐藤エリさん(@eririn.chan)がシェアした投稿

東京に出てくるまでは、祖母とボロボロの家に住んでいた佐藤エリさん。

そもそも、両親が離婚していたとかではないのに、なぜ祖母と二人暮らしだったのでしょうか。

何か特別な理由があったに違いありません。

 

佐藤エリさんが祖母と二人暮らしだった理由は、借金取りに追われていたからです。

また、何というドラマのような話なのでしょう。

 

佐藤エリさんは、確かに両親とも暮らしていた時期がありました。

借金取りが自宅に押しかけてきて、窓ガラスを割っていった、なんて話もあるようです。

あまりにも危険なため、佐藤エリさんは両親のもとを離れ、宇都宮の祖母と暮らすようになった経緯がありました。

 

しかし、この両親の借金というのが、

  • 何のための借金だったのか?
  • 返済は終わったのか?
  • そもそも両親の仕事とは?

など、佐藤エリさんの両親については、謎に包まれたままです。

 

それに、佐藤エリさん自身も親の記憶があまりない」と話しています。

 

  • 借金取りに追われながらも両親と過ごすのか、
  • 超絶貧乏生活でも安全な祖母との暮らしか、

どちらが佐藤エリさんにとって幸せだったのでしょうか。

 

佐藤エリさんは「貧乏だったけど、祖母との暮らしはハッピーだった」と言っています。

もしかしたら、両親にとってのことは、佐藤エリさんにとっては、消したい過去なのかもしれません。

 

今回は、人気モデルの佐藤エリさんにフォーカスしました!

みんなの憧れの存在であろうとも、壮絶な人生を送っていた、佐藤エリさん。

現在は、タレント活動の他にも、仮想通貨で儲けているようなので、今後はお金に恵まれた人生が送れるとよいですよね!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。