統合失調症と噂の芸能人まとめ!障害を公表した有名人はいるのか?

統合失調症とは、100人に1人がなる精神的な病気のことです。

病気といっても特別なものではなく、統合失調症に悩む芸能人や有名人も多くいます。

今回は、統合失調症に悩んでいるもしくは過去に悩んでいた芸能人や有名人をピックアップしました。

 

統合失調症と噂の男性芸能人まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

まおンヌ(@ex.mao24k)がシェアした投稿


まずは、統合失調症の男性芸能人からです。

統合失調症の男性芸能人は、現在も活躍中のタレンドや元スポーツ選手、有名な作家までいました!

 

玉置浩二

 

この投稿をInstagramで見る

 

mu25o72(@mu25o72)がシェアした投稿

素晴らしい歌唱力を持つ玉置浩二さんですが、たまに常軌を逸した行動を取ることから、薬物使用や精神的な疾患が噂されていました。

玉置浩二さんは実際に精神疾患で入院経験があることを自身の著書で告白しています。

 

玉置浩二さんは元々繊細なことや、仕事の人間関係のトラブルで統合失調症を発症したようです。

また、玉置浩二さんは売れていくなかで、自分のやりたいことと、世間の求めていることのギャップに悩んだ時期もかったと言います。

 

稲葉浩志

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__178__kanaがシェアした投稿


B’zの稲葉浩志さんも、作詞している楽曲の内容がヤバすぎるとして、統合失調症の噂があります。

snsしかし、B’zの曲のどこを見ても稲葉浩志さんが統合失調症だとするのは無理があると思います。

 

確かに、B’zの過去の楽曲には少しぶっ飛んだ内容のものもありますが、それが稲葉浩志さんが統合失調症であることの証明にはなりません。

よって、稲葉浩志さんが統合失調症だというのは根拠のないデマでしょう。

 

 

ASKA

 

この投稿をInstagramで見る

 

中上宏之(@hiroyuki.nakagami.524)がシェアした投稿

ASKAさんは、2013~2014年にかけて薬物使用問題で騒ぎとなりました。

ASKAさんは薬物が原因で統合失調症になったという噂もあれば、統合失調症が原因で薬物に手を出してしまったという説もあります。

 

ASKAさんはパソコンから手が出てきたなどという幻覚症状や、誰かに盗撮されているという被害届を出そうとするなど奇行が目立ったことも、統合失調症を噂された原因の1つでしょう。

 

岡村隆史

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayrton 上総介 Tom(@typhoon.no.5)がシェアした投稿

ナインティナインの岡村隆史さんも、2010年頃にはうつ病が原因で休業していたことがありました。

岡村隆史さんがうつ病になった原因は、映画『てぃだかんかん』の撮影スケジュールの多忙さと、
自身の真面目すぎる性格が原因でした。

 

ところが、2020年現在も岡村隆史さんは精神的な理由で休業していたとだけ明かしており、具体的な病名までは明らかになっていません。

そのため、岡村隆史さんが統合失調症だったかどうかもわかっていません。

 

 

長嶋一茂

 

この投稿をInstagramで見る

 

鳥谷敬阪神ファン(@toritanitakasi.1)がシェアした投稿

最近ではバラエティ番組や、ワイドショーの出演でも人気の長嶋一茂さんも、統合失調症の1人です。

長嶋一茂さんの父は言わずと知れた長嶋茂雄さんですが、

長嶋一茂さんは野球選手時代に父の長嶋茂雄さんの偉大さや、
周囲からのプレッシャーに耐えきれず、パニック障害と統合失調症を発症してしまいました。

 

そりゃあ、長嶋茂雄さんほどの偉大な野球選手を父に持っていては、周囲の期待が大きくなってしまうのもわかります。

 

深瀬慧

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hayato_Sekaowa_Eotw_(@hayato_sekaowa_eotw_)がシェアした投稿

SEKAINOOWARIのボーカル、深瀬慧さんも統合失調症の1人です。元々独特な雰囲気を持っている深瀬慧さんですが、学生時代にはいじめに合っていたと話しています。

 

そして、深瀬慧さんは、学生時代のいじめが原因でパニック障害になったこともあきらかにしています。

また、深瀬慧さんはイギリスに2年留学する予定だったところを、ホームシックが原因でわずか2週間で帰国したこともありました!

 

深瀬慧さんのように、芸術の才能がある人が統合失調症と言われるケースは多いです。

 

 

堂本剛

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@kanto.kids_5124)がシェアした投稿


Kinkikidsの堂本剛さんも、統合失調症の一人と言われています。

堂本剛さんはもともと人前が苦手で、何かあると胃薬を飲んでいました。

 

そのような無理がたたり、デビューしたての頃に堂本剛さんは過呼吸を発症し、2003年には体調不良が原因で倒れたことをきっかけに、パニック障害を患ったことを公表しました。

堂本剛さんは、「音楽に救われた。18歳から5年間くらいは死にたいと思っていた」と、雑誌などのインタビューでも振り返っています。

 

 

草間彌生

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぽんちゃん(@zweigu)がシェアした投稿

草間彌生さんは、長野県松本市の裕福な家に産まれましたが、10歳の頃からすでに幻覚や幻聴などの統合失調症の症状に悩まされていました。

そして、草間彌生さんは幻覚や幻聴から逃れるために、幻覚や幻聴をスケッチで表現し始めたのでした。

 

草間彌生さんの作品は水玉がモチーフになっていることが多いですが、これは耳なし芳一が幽霊から身を守るためにお経で体を埋め尽くしたように、

草間彌生さんにとっても水玉で作品を埋め尽くすことが、幻覚や幻聴から逃れるための儀式になっているのです。

 

夏目漱石

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tokaku-Douga(@tok_cabinet)がシェアした投稿

夏目漱石は、『吾輩は猫である』、『坊っちゃん』などの作品で知られる作家ですが、数々の統合失調症と見られる言動が見られていました。

夏目漱石は、まだ3歳の長女を殴りつけたり、二男も4〜5歳くらいの時に殴られたことがありました。

 

また、下宿していた学生をスパイと思い込んだりもしていました。

このように、夏目漱石はうつか統合失調症のような精神的な病気を患っていたとされますが、数々な論文が発表されながらも、真相はいまだわからないままです。

 

 

芥川龍之介

 

この投稿をInstagramで見る

 

メタオ屋書店 店主シュンさん(@syunsannn)がシェアした投稿

作家の芥川龍之介も、ほとんど引きこもりで執筆活動をしていたため、統合失調症を患っていたと言われています。

また、統合失調症を患ったことで精神が衰弱し、芥川龍之介は胃潰瘍や不眠症も併発していました。

 

芥川龍之介は、「僕の将来に対する唯ぼんやりとした不安」を理由として、1927年7月24日に服毒自殺を行いました。

芥川龍之介の病的な心境は、晩年の作品『河童』にも表れています。

 

マイケルジャクソン

 

この投稿をInstagramで見る

 

中村 玉太郎(@tamatarounakamura_official)がシェアした投稿

マイケルジャクソンさんは、アメリカ出身でキングオブポップの異名を持つほどの世界的に有名な音楽家です。

マイケルジャクソンさんは幼い頃から音楽で成功を収めていく一方で、幻覚や不眠症に悩まされていました。

 

このことから、マイケルジャクソンさんは睡眠薬を飲むよりになり、睡眠薬を大量に摂取した結果死に至ったという悲劇を生むことになりました。

マイケルジャクソンさんは音楽家として活動する一方で、整形を繰り返したり、子供へのイタズラ容疑、ネバーランドの建設などでも世間を賑わせていました。

 

もしかしたら、マイケルジャクソンさんの度重なる奇行は統合失調症によるものだったのかもしれません。

 

 

ジェイクロイド

 

この投稿をInstagramで見る

 

ryo_chi(@ryo_chi23)がシェアした投稿

『スターウォーズ1』のアナキンスカイウォーカー役で人気の子役となったジェイクロイドさんも、統合失調症です。

ジェイクロイドさんは人気子役の仲間入りを果たしながらも、2001年に早くも芸能界を引退しています。

 

そして、2015年にはジェイクロイドさんはサウスカロライナ州チャールストン郡で保安官代理に停止を命じられましたが、パトカーを撒こうとカーチェイスを起こしました。

 

このカーチェイス事件により、ジェイクロイドさんは無謀運転、停止命令の無視、逮捕への抵抗、免許不携帯の罪で逮捕され、

2016年4月には、ジェイクロイドさんは統合失調症療養のため精神病施設に移されました。

 

一部では、「ジェイクロイドは現実でもダークサイドに堕ちた」なんて言われています…。

 

佐久本庸介

 

この投稿をInstagramで見る

 

一乗谷(@karasuma_2018)がシェアした投稿

佐久本庸介さんは、19歳で統合失調症を発症しながら、作家として活動しています。

そして佐久本庸介さんは、第1回CRUNCH NOVELS新人賞で大賞を受賞、2015年には『青春ロボット』にて作家デビューを果たしました。

 

佐久本庸介さんは統合失調症を患っていた当時を振り返って、幻聴が聞こえたり、2ヶ月以上そこら辺を歩き回ったり、自転車で走り回っていたと言います。

 

ハウス加賀谷

 

この投稿をInstagramで見る

 

akarick(@akarick_book)がシェアした投稿

「タモリのボキャブラ天国」などで人気だったハウス加賀谷さんが統合失調症で苦しんでいることは有名です。

ハウス加賀谷さんは、中学生の頃に女子生徒が下敷きで仰いでいるのを見た時に「自分が臭いからなのでは」と感じたことをきっかけに統合失調症を発症しました。

 

その後、ハウス加賀谷さんは幻覚や幻聴に悩まされて、16歳の時には施設に入り、何とか症状を緩和させていきます。

しかし、ハウス加賀谷さんがお笑い芸人として活躍していくなかで統合失調症が再発し、最も多忙な時期には何度も自殺を図ったと言います。

 

ハウス加賀谷さんは、相方の松本キックさんや周囲の人に支えながら闘病しつつ、活動を続けています。

 

 

統合失調症と噂の女性芸能人まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【まだ売ってない本しか紹介しない】架空書店(@kakuu_shoten)がシェアした投稿

次に、統合失調症の女性芸能人です。

統合失調症の女性芸能人は、女優から一見明るそうに見える芸人、創造性の高い歌手など、業種は様々です。

 

皇后雅子

 

この投稿をInstagramで見る

 

たかさん(@0330.takasan)がシェアした投稿

外交官から皇室に入られた雅子様ですが、2003年頃から病気療養に入られています。

雅子様は、厳しい家のしきたりや、第一子に長男をもうけられなかったプレッシャーから、精神疾患を患ったと言われています。

 

一部のネットでは統合失調症が噂されていましたが、後に雅子様は適応障害を患ったと発表がありました。

 

YUI

 

この投稿をInstagramで見る

 

FLOWER FLOWER(@flower_flower_official)がシェアした投稿

人気歌手のYUIさんは、2014年頃の20代後半の時期にパニック障害を起こしています。

YUIさんは医師から精神安定剤を処方されていましたが、お酒と薬を一緒に飲んだりして、救急車で緊急搬送されたこともありました。

 

YUIさんがめまいや過呼吸があると話したことから、YUIさんばパニック障害といいつつ、統合失調症なのではないかという噂も出ています。

ところが、パニック障害と統合失調症は別物であり、YUIさんは公的にはパニック障害にしか言及していません。

 

 

COCCO

 

この投稿をInstagramで見る

 

masaki901(@901masaki)がシェアした投稿

COCCOさんは元々精神面が不安定であるために、生放送中に歌わずに撮影現場を去ってしまうような放送事故を起こしたことが何度もありました。

COCCOさんは突然マイクを持つ手が震えだすこともあり、このような症状は、パニック障害か統合失調症の表れだと言われています。

 

ただし、COCCOさんは精神疾患を公表したことがあるわけでもないので、実際にCOCCOさんがパニック障害か統合失調症かどうかはわかりません。

 

IKKO

 

この投稿をInstagramで見る

 

IKKO【公式】(@love_ikko)がシェアした投稿


IKKOさんは、現在もパニック障害の症状と向き合っています。

IKKOさんがパニック障害を発症したのは39歳の秋のことで、急に頭部の張りを感じ、病院に向かう途中に渋滞にはまり、パニックになったのだそうです。

 

一時入院したIKKOさんでしたが、退院後も電話の呼び鈴が鳴るだけで発作が起きたり、高速道に乗るとめまいや、舌のしびれなどの症状に悩まされていました。

IKKOさんはかなりの完璧主義であることでも知られており、そんなIKKOさんの性格が、パニック障害を引き起こしたと考えられます。

 

 

大場久美子

 

この投稿をInstagramで見る

 

tinatetsu(@tinatetsu)がシェアした投稿

大場久美子さんは女優として活動していましたが、最愛の母を亡くしたことにより、パニック障害を発症しています。

また、パニック障害を発症した際に既に結婚していた大場久美子さんですが、母の死のショックが大きすぎて、離婚してしまっています。

 

現在大場久美子さんは、自身の経験を生かすために心理カウンセラーとしても活動しています。

大場久美子さんのように身近の人の死をきっかけに、パニック障害や統合失調症を発症してしまう人も少なくありません。

 

丸岡いずみ

 

この投稿をInstagramで見る

 

前川真奈美(@marie.flower)がシェアした投稿

元日本テレビアナウンサーの丸岡いずみさんです。

丸岡いずみさんは、震災取材で海上を漂う損壊した水死体を目撃したことから、統合失調症を発症したと言われています。

 

丸岡いずみさんが実家に帰った際に、母に「ひ素を盛られた」という幻覚症状が見られたことから、統合失調症が認められました。

現在は夫の有村昆さんに支えられながら、丸岡いずみさんは日常を取り戻しつつあります。

 

 

鬼束ちひろ

 

この投稿をInstagramで見る

 

KENTARO HAZAMA(@hz_ken)がシェアした投稿

鬼束ちひろさんは独特な雰囲気を持つシンガーソングライターですが、パニック障害を発症したことがありました。

鬼束ちひろさんは幼少期からあがり症で、デビューしてからもネット上のいわれのない誹謗中傷に苦しんだこともありました。

 

また、鬼束ちひろさんはライブ中に突然マイクを持つ手が震えてしまうこともあり、パニック障害の診断を受けることとなりました。

ところが、精神的な症状が目立つということから、鬼束ちひろさんは統合失調症も疑われていました。

 

松居一代

 

この投稿をInstagramで見る

 

minasun(@minasun7)がシェアした投稿

松居一代さんは元夫の船越英一郎さんの不倫疑惑などを動画投稿サイトで訴えたり、

ブログでは松居一代さんと船越英一郎さんの
亀裂を報じるメディアを批判するような記事を挙げるなど、奇行が見られていました。

 

松居一代さんのように、激しい被害妄想をしたり、現実と妄想の区別がつかなくなるのは、統合失調症の症状ではないかと言われています。

 

 

安西ひろこ

 

この投稿をInstagramで見る

 

安西 ひろこHiroko Anzai(@hiroko_anzai_)がシェアした投稿


モデルとして活動していた安西ひろこさんですが、2014年7月1日放送の『解決!ナイナイアンサー』にてパニック障害により、芸能活動を休止していたことを明かしました。

 

パニック障害の症状が悪化した安西ひろこさんは拒食症や引きこもりになり、かなり重度の精神病になってしまったようです。

現在安西ひろこさんは芸能活動を再開していますが、安西ひろこさんが受けたプレッシャーやストレスがパニック障害の原因だったようです。

 

高木美保

 

この投稿をInstagramで見る

 

担々麺 にし森(@nishimoritantannissy)がシェアした投稿


最近ではコメンテーターとしての活動が目立つ高木美保さんですが、以前は女優としても活動していました。

女優時代に受けたストレスや不安が引き金となり、高木美保さんは電車の中でパニック障害を発症してしまいました。

 

その後も高木美保さんのパニック障害の症状はどんどんひどくなっていったため、高木美保さんは女優活動をやめ、現在は農業を営むようになりました。

 

女優をやめてからパニック障害の症状は見られなくなりました。

高木美保さんのように、環境を変えることでパニック障害の症状を軽くすることもできるんですね。

 

 

藤圭子

 

この投稿をInstagramで見る

 

幸田(@mkkm1026)がシェアした投稿

歌手で、宇多田ヒカルさんの母でもある藤圭子さんは、2013年8月22日に飛び降り自殺をして亡くなりました。

藤圭子さんが亡くなった際、夫の宇多田照實さんと宇多田ヒカルさんは連名でコメントを発表し、藤圭子さんが1988年頃から精神疾患を患っていたことを明らかにしました。

 

宇多田ヒカルさんが「母の病気がどんどん進行していった」と言うように、藤圭子さんは現実と妄想の区別がつかなくなり、自身の感情をコントロールできなくなっていきました。

 

華原朋美

 

この投稿をInstagramで見る

 

華原朋美(@tomomi.kahala)がシェアした投稿

歌手の華原朋美さんは、全盛期の1999年頃に統合失調症だったと言われています。

華原朋美さんは当時プロデューサーの小室哲哉さんと交際していましたが、破局した際のショックが大きく、自宅で料理中にガス中毒で緊急入院する事態がありました。

 

その後華原朋美さんは復帰するもすぐに貧血で倒れ、当時24歳ながら、人気絶頂期の薬物依存による変わり果てた姿は衝撃を与えました。

 

 

中島知子

 

この投稿をInstagramで見る

 

かのん。(@kanon.428)がシェアした投稿

元オセロの中島知子さんも、統合失調症の疑いがあると言われています。

中島知子さんは、オセロ時代は黒い方としてツッコミを担当していましたが、2005年頃からある女性占い師に出会い、徐々に中島知子さんの言動が変化していったとされています。

 

中島知子さんは女性占い師による洗脳だと騒がれていましたが、2013年の『ミヤネ屋』では、臨床心理士が統合失調症の妄想状態に近いと証言することもありました。

 

山田花子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonesome Snake(@lonesome_snake)がシェアした投稿

漫画家の山田花子さんは、自身のいじめ体験をベースに執筆をしていました。

山田花子さんは、人間関係の抑圧や、差別意識、疎外感をテーマにしたギャグ漫画を描いていましたが、1992年にはいじめが原因でなった人間不信が悪化し、精神分裂病と診断されました。

 

山田花子さんは2ヶ月間の入院生活を経て退院しましたが、翌日投身自殺をし、24歳という若さで亡くなりました。

 

鳥居みゆき

 

この投稿をInstagramで見る

 

鳥居みゆき(@toriimiyukitorii)がシェアした投稿

鳥居みゆきさんは奇行が目立つ芸人ですが、決してキャラではなく、普段から普通とは思えない言動でも知られています。

鳥居みゆきさんはその様子から統合失調症の噂がありますが、発達障害やアスペルガー症候群の可能性もあると言われています。

 

生と死を扱ったネタが多いことや、舞台や音楽など幅広く活躍していること、知識が豊富な点など、鳥居みゆきさんが多彩なことも統合失調症を疑われている原因のようです。

 

 

統合失調症を公表した芸能人はいるのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

まなみ(@manami_iskw)がシェアした投稿

統合失調症を患った芸能人たちの中にも、本やブログなどで統合失調症について公表した芸能人はいます。

他にも精神疾患や、パニック障害を公表している芸能人はいますが、今回は統合失調症とわかっている人のみ紹介します。

 

玉置浩二さん…『幸せになるために生まれてきたんだから』にて告白

 

ハウス加賀谷さん…『統合失調症がやってきた』にて公表、ほか講演会なども開催。

相方の松本キックさんも『相方は、統合失調症』という本を出しています。

引用元:Google

 

藤圭子さん…死後に、娘の宇多田ヒカルさんがメディアに公表

引用元:Google

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

内山健太(ウッチー)(@kenta.uchiyama0724)がシェアした投稿

今回は統合失調症になった芸能人を男女別にまとめました。

統合失調症になった芸能人は、分野も様々ならば、病との向き合い方も様々だということがわかりました。

 

統合失調症は特別な病気ではなく、誰もが何かしらのきっかけでなってしまうものです。

自分もなる可能性があることを踏まえて、もし周りに統合失調症の方がいたら、出来る限り理解するように心がけていきたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。