滝沢秀明の生い立ちに嘘疑惑?亡くなった兄弟画像や家族の真相とは?

2019年1月1日をもって、芸能活動を引退した滝沢秀明さん。

現役時代は、端正なルックスと、類稀なる才能で人気を集めていました。

 

引退後は裏方でジャニーズ事務所を支えている滝沢秀明さんですが、その生い立ちが壮絶すぎるという話があるんです。

しかし、あまりにも現実離れしていて嘘では?!との疑惑も。

滝沢秀明さんの生い立ちについて、真偽を明らかにしていきましょう。

 

滝沢秀明の生い立ちが壮絶すぎて嘘疑惑が?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hideaki Takizawa FANPAGE🔥さん(@hideakitakizawa_fanpage)がシェアした投稿

まずは、滝沢秀明さんのプロフィールからです。

生年月日 :1982年3月29日(38歳)
出身地:日本・東京都八王子市
身長:169 cm
血液型:A型
職業:歌手・俳優・タレント
ジャンル :テレビドラマ・舞台・CM
活動期間 :1995年4月23日- 2019年1月1日
事務所:ジャニーズ事務所

 

現役中も引退してもなお、多くの方から支持されている滝沢秀明さん。

インスタグラムには、非公式ファンページが作られているほどです。

 

さぞかし、ジャニーズになる前からキラキラした人生を送ってきたような気がしますが、滝沢秀明さんの生い立ちはびっくりするほど壮絶でした。

 

滝沢秀明さんが、父親から愛情を受けず、貧困な幼少期を過ごしたことは、ファンの間でも有名な話として知られています。

滝沢秀明さんは、そこからジャニーズのトップになるなんて、夢のような話です。

 

しかし、あまりにもドラマ仕立てのエピソードに、作り話ではないか?という疑惑も出ています。

それぞれのエピソードとともに、信ぴょう性も確かめたいと思います。

 

滝沢秀明は病室ではなくベンチで生まれた

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hideaki Takizawa FANPAGE🔥さん(@hideakitakizawa_fanpage)がシェアした投稿

滝沢秀明さんの人生は、分娩室ではなく病院のベンチから始まったのです。

ええ!!危険すぎませんか?

 

滝沢秀明さんの母は、突然の陣痛に急遽病院に向かいましたが間に合わず、病院のベンチで、滝沢秀明さんを出産したとのことです。

こんな状況の中で無事に産まれて、本当に良かったですね。

それにしても、出産が間に合わず、分娩室以外で産むなんて、ドラマだけの話かと思っていました。

 

このエピソードは、滝沢秀明さんの人生をもとにした2006年の舞台『One! -the history of Tackey-』でも描かれていますから、本当のことでしょう。

これだけでも信じがたいですが、滝沢秀明さんの壮絶な人生は、これから始まるのです。

 

滝沢秀明は父親からまともな愛情を受けたことがない

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hideaki Takizawa FANPAGE🔥さん(@hideakitakizawa_fanpage)がシェアした投稿

滝沢秀明さんの人生は、病院のベンチというとんでもない状況から幕を開けました。

それでも滝沢秀明さんはすくすくと育ち、元気に幼少期を過ごしていく、と思いきや、、、、

「父親からまともな愛情を記憶がない」というのです。

 

滝沢秀明さんが2018年末に出演した、TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへスペシャル』で
語っていたので、本当のことだと思います。

 

大抵の人は、子供時代に一番親からの愛情を感じているような気もします。

そんな時期に、滝沢秀明さんは父親との関係をうまく築けていなかったようです。

 

滝沢秀明さんと、父親はほとんど口も利かないほどでしたが、唯一愛情を感じたときがありました。

それは、滝沢秀明さんが幼稚園生のとき、父が珍しく頼みごとをしてきたそうです。

 

「荷物を運んで車の荷台に置いてくれ」という父の頼みを喜んで聞いた滝沢秀明さんでしたが、実はその日は両親が離婚する日だったんですね。

滝沢秀明さんに父が頼んだ荷物というのは、おそらく引っ越しのための自分の荷物でしょう。

 

喜んでいる滝沢秀明さんの気持ちとは裏腹に、せつなすぎますよね。

 

滝沢秀明さんの父が愛情を与えなかった理由は、定かではありませんが離婚することが決まっていたからでしょうか。

夫婦の問題に子供は関係ないような気もするんですがねえ、、、。

 

 

滝沢秀明の両親が離婚して極貧生活を過ごした幼少期

滝沢秀明さんがまだ幼稚園生の頃、両親の離婚を経験することとなります。

まだ物心は完全についていないと思いますから、父の記憶も少ないのではないでしょうか?

幼いころは、両親に遊んでもらった思い出がたくさんあるはずなのに。

 

両親の離婚をきっかけに、滝沢秀明さんの生活は一変することとなります。

生活費がままならず、まともな生活を送れなくなってしまいます。

 

それもそのはず、子供は滝沢秀明さんの他に姉が一人、兄が一人いたのです。

育ち盛りの子3人に、教育費もあり、母は相当苦労していたのでしょう。

今でこそ夫婦共働きは普通ですが、小さい滝沢秀明さんを置いて働くのはなかなか難しかったのでしょう。

 

2018年末に、滝沢秀明さんが出演したTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへスペシャル』では、貧困時代のエピソードも語っていました。

・鉛筆、消しゴムも変えない
・食べるものがなく、兄弟でお菓子を分け合う日々
・水と小麦粉を混ぜたものに、ケチャップを塗って食べる
・服がなく、冬でもタンクトップに短パン

など、、、他にもあるようですが滝沢秀明さんが語られていたのは以上です。

 

小学校のころといえば、入学祝いに筆記用具一式をもらえたり、友だちと公園で遊んで、帰ったらご飯が並んでいて、、、という記憶が筆者にはあります。

 

しかし、滝沢秀明さんは、誰もの当たり前が「非日常」だったのです。

特にひどいのが、冬でも薄着の滝沢秀明さんを校長先生が全校生徒の前に立たせました。

 

そして校長先生は、「みんなもこの子のように元気になりなさい」と言ったそうです。

(校長…空気読め!怒)

 

当時はバブル絶頂期でしたから、皆が裕福な時代でした。

なのに、薄着の滝沢秀明さんは相当目立っていたようです。

 

そんな時代ならなおさら、校長先生も滝沢秀明さんの家庭環境に気付いていたはずです!

今、全校生徒の前に立たせるなんてしたら「いじめ問題」で速攻アウトですよね!!!許せません。

 

やはり、滝沢秀明さんは同級生から「ただの貧乏じゃん!」といじられていたそうです。

また、滝沢秀明さんは、買うことができなかった鉛筆を学校の落とし物箱を探り、補っていたとのことです。

「これ、俺のものだ~!」って嘘をついていたんだそうです。

 

筆者が小学生のころ、いたずらでペンを隠して怒られている子がいましたが、これとは話が違いすぎます。

 

滝沢秀明の切なすぎるクリスマス作文

ベンチで産まれ、父から愛情を受けず、極貧の幼少時代を過ごした滝沢秀明さん。

これだけでも十分壮絶な人生ですが、一番悲しいのがクリスマスのエピソードと言われています。

 

滝沢秀明さんは、クリスマスが大嫌いだったんだそうです。

どうしてでしょうか?クリスマスって、子供は皆大好きです。

友だちとクリスマス会をしたり、サンタクロースからプレゼントをもらったり夢いっぱいのイベントですよね!

 

滝沢秀明さんには、クリスマスを祝う習慣がなかったのです。

滝沢秀明さんの家では、祝う余裕がなかったというのが正しいでしょうか。

 

しかし、学校では、クリスマスに関する作文の時間がありました。

「何をお願いした」とか、「誰と過ごした」とか書くやつですね!

 

その時、滝沢秀明さんは、「お父さんから、おもちゃを買ってもらいました」という嘘の作文を書いていたんです。

滝沢秀明さんがそんな嘘の作文を書いた理由は、「いじめられたくなくて、強がっていた」というものです。

 

もういない父や、もらっていないおもちゃのことを書くなんて滝沢秀明さんは、相当つらかったと思います。

それでも、作文課題をやり遂げた滝沢秀明さんは幼いながらも本当に立派だと思います。

 

筆者だったら、おもちゃを買ってくれない親を責めてしまうかもしれません。

もしくは、滝沢秀明さんが、文句を言えないほどの家庭環境だったとも言えますね。

 

滝沢秀明さんは、このような家庭環境を受けて、「いつから働けるようになるのか」ということばかりを考え始めます。

中学生になると、自力でジャニーズ事務所のオーディションに応募し、合格します。

 

滝沢秀明さんがジャニーズを目指したきっかけは、仕事で疲れている母を見て「楽をさせてあげたい」と思ったからだそうなんです。

また、滝沢秀明さん自身も「どこでもいいから、早くこの日々から抜け出したい」という思いがあったといいます。

 

そんな滝沢秀明さんの強い思いがジャニー喜多川さんに届き、晴れてジャニーズの仲間入りをするわけですね!!

過酷な状況にもかかわらず、母のことを思う滝沢秀明さん。

昔から、滝沢秀明さんは素敵な心の持ち主だったんですね。

 

 

滝沢秀明の兄弟画像は?兄が亡くなった真相とは?

先ほど、滝沢秀明さんは、3人兄弟の末っ子とお話ししました。

 

しかし、2018年7月に三宅健さんとのユニット「KEN☆Tackey」として『櫻井・有吉THE夜会』に出演した際、数年前に滝沢秀明さんの兄が亡くなっていたことが明らかになりました。

 

滝沢秀明さんが、三宅健さんへ感謝の手紙を読んでいた時のことでした。

滝沢秀明さんは、三宅健さんとは普段からも交流があるのですが、三宅健さんは滝沢秀明さんの2つ年上にあたるためお兄さんとしても慕っていたようなんです。

 

プライベートのことなので、滝沢秀明さんの兄の死因や兄弟の画像は明らかにされていません。

滝沢秀明さんは、三宅健さんのことを健兄と呼んでいますから、三宅健さんに兄の姿を重ねていたんでしょうね。

 

滝沢秀明さんが引退を決意した理由の一つに、兄の死も関係しているのかな、とも考えました。

 

滝沢秀明はジャニーズ事務所に家族のような居場所を求めていたのかも…

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hideaki Takizawa FANPAGE🔥さん(@hideakitakizawa_fanpage)がシェアした投稿

2019年7月9日、ジャニーズ事務所の“父”であるジャニー喜多川さんがお亡くなりになりました。

7月12日には、東京渋谷のジャニーズアイランドの稽古場にて、ジャニーズ事務所所属のタレントとジャニーズJr.の約150人が参列するジャニー喜多川の「家族葬」が行われました。

 

「家族葬」の後、ビルから出てきた霊きゅう車の助手席に乗っていたのは、滝沢秀明さんでした。

通常であれば、最も近しい存在のご家族や身内の方が座る席のはずです。

 

ジャニー喜多川さんだと、姉のメリー喜多川さんや、姪の藤島ジュリー景子さんでしょうか。

または、現ジャニーズ事務所所属タレントのトップ近藤真彦さんや、東山紀之さんのはずです。

 

これは、「滝沢秀明さんがジャニー喜多川さんの息子同然」ということを、ジャニーズ事務所関係者のだれもが認めているということだそうです。

当然ですよね。

 

滝沢秀明さんの人生は、ジャニーズ事務所に入り、ジャニー喜多川さんに出会ってから一変しました。

また、ジャニー喜多川さんも、入社当時から滝沢秀明さんの才能を見抜いていましたからね。

 

滝沢秀明さんと、ジャニー喜多川さんにしかわからない、絆があるはずです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ala_Jさん(@vamos.ala_j)がシェアした投稿

滝沢秀明さんを語るうえで、もう一人欠かせない存在がいます。

今井翼さんです。

 

今井翼さんは、滝沢秀明さんと一緒に、タッキー&翼というユニットを組んでいました。

タッキー&翼は、2002年のCDデビュー前に海外公演を行うなど、その人気は他と比べ物にならないほどでした。

 

その後も、タッキー&翼は数々の大ヒット曲をリリースし、日本を代表するアイドルユニットになるのです。

筆者もカラオケに行くと、いまだに『Venus』は歌います(笑)

 

そんなタッキー&翼ですが、始めは滝沢秀明さんのソロ企画でした。

しかし、滝沢秀明さんが、ジャニー喜多川さんに「翼と一緒にやりたい」と直談判し、ユニットという形になります。

 

調べてみたところ、滝沢秀明さんと、今井翼さんはジャニーズ事務所の入社日が同じなんですね。

新人の頃の、つらい時を分かち合った仲間なんでしょうか。

 

2018年9月、惜しまれつつタッキー&翼は解散してしまい、不仲説・病気説など様々な憶測が飛び交いました。

ですが、滝沢秀明さんと、今井翼さんの関係性を知ることができる、エピソードをいくつも見つけました!!!

 

滝沢秀明さんと今井翼さんはユニットを組む前に、『木曜の怪談』というドラマで共演していました。

しかし、その当時滝沢秀明さんと今井翼さんはとても仲が悪く、一切口をきいていなかったそうです。

意外ですよね!!!

 

その時のことを、滝沢秀明さんはこう語っています。

「ずっと一緒にいすぎちゃったんですよね。ほんと兄弟げんかみたいなもので」

なるほど、、、。喧嘩するほど仲がいいということともとれますね。

 

「これ以上は好きにも嫌いにもなれない。ちょっとしたことじゃ別れられない、夫婦みたいな関係」とも言っていました。

 

兄弟でもあり、夫婦でもあり、本気でぶつかり合い、でも助け合えるそんな素敵な関係性のようですね!!

 

2018年12月に滝沢秀明さんが出演した、TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへスペシャル』では、今井翼さんから、滝沢秀明さんへの手紙も読まれました。

内容としては、

「家族以上に時間をともにした大切な存在」
「戦友でもあり、ライバルでもある」
「迷惑をかけたことへの謝罪」

でした。

 

短い文章でしたが、今井翼さんの、滝沢秀明さんへの思いが全て詰まっているような気がして、タキツバ世代の筆者はとても感動しました。

 

今井翼さんの仰っていた「迷惑」の意味ですが、一時期の体調不良のことを言っているのかと思います。

 

実は、今井翼さんは一時期体調不良により休養しており、2014年年タッキー&翼のコンサートは、滝沢秀明さん一人で行っていました。

 

そんなときも、滝沢秀明さんは、「俺は翼が大好きです!」「翼を守れるのは相方の俺しかいないから」と、約2時間半のステージをやりきったそうです。

 

滝沢秀明さんは、一人でステージに立っていたわけですが、今井翼さんの立ち位置には常にライトが当たり、今井翼さんのパートでは今井翼さん本人の声が流れていました。

 

筆者の記憶が正しければ、ステージのバックモニターに、今井翼さんの映像を流しながら、滝沢秀明さんが一人で歌っていることもあった気がします!

滝沢秀明さんは、どこまで愛情深いのでしょうか!!

 

滝沢秀明さんは、ジャニーズ事務所入社により今井翼さんという素敵な相方も手にしました。

2018年12月31日のジャニーズカウントダウンライブでは、一夜限りでタッキー&翼が復活しました。

筆者は、年末にも関わらずテレビの前で大興奮していたのを覚えています。

 

前の章でもお話ししましたが、滝沢秀明さんは、ジャニーズ事務所入社を経て、お兄さんとして慕う、三宅健さんにも出会いました。

 

そして現在は、ジャニーズアイランドの社長となり、次期ジャニーズのエースを育てています。

つまり、滝沢秀明さんの子供たちですね。

 

滝沢秀明さんは、社長業にあたり、「中途半端な気持ちでやりたくない」「恩師に恩返しをしたい」と言っています。

 

これは、貧しかった滝沢秀明さんに、「家族」という場所を与えてくれたジャニーズ事務所に感謝し、自分の後輩にあたる子たちにも、同じような居場所であってほしい。

という滝沢秀明さんの思いなのではないか、と思いました。

 

とてもストイックで、完璧に思われていた滝沢秀明さん。

しかし、その裏には壮絶な生い立ちと、数えきれないほどの努力があったんですね。

そして、ジャニーズ事務所で出会った、たくさんの家族に支えられ、今の滝沢秀明さんがあるということもわかりました。

 

これから滝沢秀明さんは、ほとんど公に姿を現さないと思いますが、プロデュース力を存分に生かし、今後のジャニーズをもっと大きくしていただきたいですね!