手ピカジェルは使用期限切れでも効果あり?開封後1年は使える?

水入らずで、手洗いと同じ効果が期待できる手ピカジェル

新型コロナウイルスの拡大により、改めて手ピカジェルの素晴らしさがわかりますよね。

【指定医薬部外品】手ピカジェルプラス 60ml(携帯用)
手ピカジェル

 

ところで、手ピカジェルの売り切れが引き続いている中、焦って買い溜めしてしまった人もいるでしょう。

そんな時、気になるのが手ピカジェルの使用期限内に使い切れるかどうか、です。

 

この記事では、手ピカジェルの使用期限、長持ちさせる保存方法、正しい捨て方について書いていきます。

 

せっかく手に入れた手ピカジェル。どうせなら、正しい方法で、より効果的に除菌しましょう!

 

手ピカジェルの使用期限はいつまで?期限切れでも効果ある?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by マリィ (@mariy814ma) on

手ピカジェルは一度にたくさん使うわけではないので、なかなか使い切るのが難しいですよね。

 

手ピカジェルの使用期限は、未開封と開封済みのもので異なりますが、

例え使用期限を過ぎてしまったところで、全く効果がないわけではありません。

 

手ピカジェル公式サイトによると、

「使用期限を過ぎたものは使用しないでください」とありますが、効果を最大に得るために注意喚起をしていると思われます。

 

手ピカジェル未開封の使用期限

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @suminsta_23 on

それでは、まず手ピカジェルの未開封の場合の使用期限を見てみましょう。

手ピカジェルの使用期限は、本体の裏側に記載されています。

手ピカジェルの主成分は、エタノールなどアルコール成分なので、製造後2~3年と比較的長めに設定されています。

 

そのため、手ピカジェルを見かけて買い溜めをしたとしても、翌々年まで使えると思うので、安心して購入できますね!

 

 

手ピカジェル開封後の使用期限

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 石田ニコル純一 (@moricyu9874) on

次に、開封済みの手ピカジェルの使用期限です。

開封済みの手ピカジェルの使用期限は、未開封の手ピカジェルと同じです。

つまり、本体の裏面に記載されている使用期限です。

 

手ピカジェルを販売している健栄製薬のサイトには、以下のように書かれています。

速乾性手指消毒薬

速乾性手指消毒薬の有効成分(アルコール、クロルヘキシジン、ベンザルコニウム塩化物など)はいずれも、数年間にわたって安定です。また、一流メーカー品の速乾性手指消毒薬では、容器内のアルコールが揮発しにくい構造になっています。さらに、速乾性手指消毒薬は消毒用エタノールを含有するので、使用中に微生物汚染を受けることはありません(チリやホコリなどの混入による芽胞汚染を除く)。
以上から、開封後の速乾性手指消毒薬の使用期限も、製品容器に記載の使用期限までです。ただし、物流在庫の観点から6か月や1年間などの使用期限とする施設が多いです。

引用元:https://www.kenei-pharm.com

つまり、開封したからといって、手ピカジェルの効果が弱まったりするわけではありません

 

とはいえ、ほこりなどの異物が混入したり、
他のものと混ぜたりすると、当然手ピカジェルが汚染されるため、

手ピカジェルの効果は得にくくなります。

 

丁寧に使うことを気を付ければ、開封後も頻度を気にせず使い切ることができます。

 

 

開封して1年以上の手ピカジェルは除菌・殺菌効果がない?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by hitomi (@hi.tomi5023) on

先ほどご紹介した健栄製薬の説明によると、

「物流観点から、使用期限を6か月から、1年間にしている施設が多い」

とありますね。

 

ということは、手ピカジェルに記載の使用期限まで使えるけど、
本来の効果を期待するなら、1年以内に使い切って!ということなのでしょうか?

 

何も、1年以上経ったからと言って、全く効果がなくなるというわけではありません。

健栄製薬が言いたいのは、在庫管理をしている場所は、涼しく快適で、もちろん製品も未開封。

 

しかし、新しい製品が入ってくることや、最も良い状態の製品を顧客に届けるため、

使用期限を1年までと推奨するということでしょう。

 

手ピカジェルの最大の効果を期待するなら、6か月~1年間を目安に買い替えるのが良いでしょう。

 

 

手ピカジェルを長持ちさせる保存方法

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Heart press (@h_style_tokyo) on

手ピカジェルの効果を長持ちさせるには、実は保存方法が肝となるようなんです!

手ピカジェルの公式サイトを見てみると、意外にも細かく保存方法が書かれていました。

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)火気に近づけないでください。

(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

 

つまりは、涼しいところに保管しておけば、何の影響も受けずに、手ピカジェルを使い続けることができるでしょう!

 

手ピカジェルは、キッチン掃除にも効果的と言われているようですが、

手ピカジェルはアルコール成分を含むため、火気には十分気をつけましょう!!

 

 

使用期限が過ぎた手ピカジェルの捨て方は?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 宮川薬局 (@miyakawaph0108) on

手ピカジェルの使用期限が切れてしまった。
まだ使えそうだけど、気になるので新しいものを買う。

 

こんな時、中途半端に残った手ピカジェルは、どのように捨てればいいのでしょうか?

そのままごみ箱にポイっとしていいのでしょうか??

 

まず、手ピカジェルの容器はプラスチックボトルなので、お住まいの地域の決まりに従って、捨てる必要があります。

また、手ピカジェルの中身はアルコール成分を含むため、原液のまま水に流すことはおすすめできません。

 

手間はかかりますが、なるべく水で薄めて流すようにしましょう!

それか、消毒液として掃除で使い切るのもおすすめです!

使用期限が切れたといえ、手ピカジェルにはアルコール消毒液の効果は期待できます。

 

リモコンや、ドアノブ、洗面回りなど、

手でよく触る個所や、汚れが付きやすい場所を拭いてあげると、

意外と汚れがよく落ちますよ♪

 

手ピカジェルの容器も、自作のアルコール消毒液を作るときに再利用できるなんて話もあります。

(液同士を混ぜると危険なので、容器をよく洗ってからにしましょう)

 

今回は、手ピカジェル使用期限について調べてみました。

手ピカジェルは、未開封でも開封済みでも使用期限が変わらないことがわかりましたが、なるべく早めに使い切るに越したことはないですね。

手ピカジェルは、様々な種類が販売されているので、あらかじめ自分が使い切れるタイプを購入するというのも手かもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。