鳥山明の年収&資産がすごい!自宅(家)住所は清須?脱税疑惑や引退説は?

『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』など、数多くの人気漫画を手掛けてきた鳥山明さん

そんな鳥山明さんの年収&資産がすごいと話題になっているようです!

また、豪邸と言われている自宅脱税疑惑引退説などについてもまとめていきたいと思いますので、ぜひご覧ください!

 

鳥山明の年収&資産がすごい!

鳥山明さんの年収と資産がすごい!と話題になっているようですが、実際どのくらいあるのでしょうか?

推定年収はなんと、約10億円と言われているそうです!

 

明確な年収ではなく、あくまでも推測とのことですが、現在放送中の『ドラゴンボール超』やアニメグッズの収入などで考えるとそれぐらいもらっているのではないかとの情報がありました。

そして総資産は、235億円と言われているようです!なんという額…。やはり、すごいと言われるだけありますね。

 

『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』などの連載期間中も含めての総資産ですから、それだけ人気が高かったことがわかります。

鳥山明さんをはじめ、『ワンピース』の作者である尾田栄一郎さんなど、大人気漫画を手掛ける方はそれに比例して年収と資産も相当の額になるんですね!

 

鳥山明の自宅(家)住所は清須?豪邸?

これだけの総資産があると、気になるのは鳥山明さんの自宅

こちらが愛知県清須市にある自宅兼事務所だそうですが、オレンジ色でインパクトのある外観…!

「アラレちゃん御殿」と呼ばれ、地元の方に親しまれているそうです。夢のある呼び名ですね!

パンダ編集長
ワイもこんな家住みたいで~!

 

表札の下にはファンへのメッセージが貼られており、「サインは引き受けられない」と記載されているようです。

忙しいであろう鳥山明さんが、以前まではサインを引き受けていたことにびっくりですよね!

きっと優しい方なんでしょう。

 

残念ながら自宅内の詳細はわかっていないそうです。

意外と大豪邸というわけでもなく、デザインに力を入れた自宅なのかもしれませんね。

ファンの方なら1度は行ってみたい(見てみたい)と思うことでしょう!

 

鳥山明に脱税疑惑?

2017年、鳥山明さんに脱税疑惑が報じられました。

『DRAGON BALL』『Dr.スランプ』などで知られる人気漫画家の鳥山明氏(62)は11月8日朝、超豪邸の前で、本誌の直撃に応じた。鳥山氏が動揺した理由は、パラダイス文書で発覚した「税逃れ」の過去にある。

 

パラダイス文書とは、

タックスヘイブン(租税回避地)への法人設立を請け負う英領バミューダ諸島発祥の法律事務所「アップルビー」などから流出した機密文書の総称。各国の要人や要職経験者、富裕層が多額の資産をタックスヘイブンに置いている実態が明らかになった。

タックスヘイブンとは税金に甘々な地域。

本国で例えば法人税で20%とられるところを、とある地域では15%だったりあるいは無税だったり、それを利用するためにその場所に法人を設立して、本来は本国で払うべき税金をかなり節約できます。

つまり、鳥山明さんはタックスヘイブンを利用して節税を行っていたようです。

しかし、鳥山明さんは金銭関係のことは税理士さんにお任せしていたようなので、脱税疑惑が浮上していることは報道で知ったとのことでした。

 

基本的に逮捕案件ではありませんし、違法ではありません。それとなく法律を理解している人でも脱税と認識する人がいるのは、倫理的な観点によってです。

縁もゆかりもない地域で税金を納めるのは、解せないってことですね。

相当な額を稼いでいる場合はできるだけ節税したいと思いますし、あまり悪いことではないのでは?と個人的に思いました。

 

鳥山明の引退説の真相は?

また、鳥山明さんには引退説が囁かれているようですが、事実なのでしょうか。

調べてみると、ある雑誌で「僕はもう引退したい!(笑)」と語っていたり、「オッサンは引退するのが一番です」と発言したりしていたそうなので、そこから引退説が流れたと考えられます。

しかし、引退宣言をしたという情報は無かったため、引退する可能性があると捉えていたほうがいいかもしれません。

 

できることなら、引退はもうすこし先延ばしにしてほしいですね…!

以上、鳥山明さんの年収&資産や自宅、脱税疑惑や引退説などについてまとめました。

パンダ編集長
鳥山明先生に負けず、尾田栄一郎さんの年収もすごいんやで!

尾田栄一郎の家(自宅)が大豪邸!年収や資産もすごい!熊本に8億円寄付?

2019.01.04