ウクライナ人の美女有名人10名!なぜ美しい女性が多いのか…ロシア人との違いとは?

ウクライナはとにかく美人な女性が多く、「世界一美人が多い国」だと言われています。

日本にいる私たちにとってはいまいちピンと来ないかもしれませんが、
ウクライナ出身だと知らないだけで、意外とモデル、女優、歌手、スポーツ選手に
ウクライナ出身の女性はたくさんいるんです!!

 

今回は、たくさんのウクライナ美女の中から、10名を厳選してみました!!

是非疲れている心の癒しとして、世界レベルの美女画像を見てみてください♪

 

ウクライナの美人な女性有名人10名!モデル、女優、歌手、スポーツ選手など

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dariya Karapetrova(@last.express)がシェアした投稿

ウクライナは、東ヨーロッパに位置する共和制国家で、ロシアとハンガリー、ポーランドと隣接し、黒海に面しています。

引用元:Google

国旗は青と黄色の二色です。

引用元:Google

 

ウクライナは、天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭などの鉄鋼業を中心に産業が成り立っています。

ウクライナの人口は約4千万人超えで、日本の半分以下ですが、歴史や文化の豊かさや、多くの有名人を輩出していることから、旅行先として人気の国でもあります。

それでは、ウクライナ出身の美女について見ていきましょう!

 

ミラ・ジョヴォヴィッチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

もずく(@mozu_45)がシェアした投稿

まずは、アメリカ合衆国の女優ミラ・ジョヴォヴィッチさんです。

ミラ・ジョヴォヴィッチさんはアメリカ合衆国の女優ですが、実はウクライナのキエフで生まれていたことが知られています。

 

幼少期に、ミラ・ジョヴォヴィッチさんはロンドン、モスクワ、と移り住み、5歳の時にロサンゼルスへ移住したため、ウクライナが出生地であることはあまり知られていないんです。

1999年の『ジャンヌダルク』や、2002年からの『バイオハザード』シリーズにより、ミラ・ジョヴォヴィッチさんの名は世界中に知られることとなりました。

 

ちなみに、ミラ・ジョヴォヴィッチさんは、父がセルビア人、母がロシア人ということで、英語のほかに、ロシア語やフランス語も少々話せるようです!

 

 

オルガ・キュリレンコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ⅷ代表(@aesthetic.viii)がシェアした投稿

次は、モデル・女優のオルガ・キュリレンコさんです。

オルガ・キュリレンコさんは、16歳の時にフランスでモデルとしてのキャリアをスタートさせ、やがてトップモデルとしての地位を築いていきました。

 

そして、2005年に『薬指の標本』で女優デビュー、2008年には『スパイ・レジェンド』でボンドガールにも場適されるなど、オルガ・キュリレンコさんは女優としても、成功を果たしました!

 

2001年に、オルガ・キュリレンコさんはフランスの市民権を獲得しましたが、なんとウクライナ語、ロシア語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語の6か国を話せるそうです。

大陸出身の方は、やはり何か国語も話せるのが当たり前なんでしょう。

 

スネジャナ・オノプカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

benimomo(@benimomo)がシェアした投稿

次に、モデルのスネジャナ・オノプカさんです。

スネジャナ・オノプカさんは、175cmで体重45kg、BMI14.6という驚異の数値を持つことで注目を集め、最細級のモデルとして注目を集めました。

 

スネジャナ・オルガノさんは、15歳の時にスカウトされモデル業を始め、2005年にドルチェ&ガッバーナのキャンペーンに登場したことでトップモデルの仲間入りを果たしました。

 

その後、スネジャナ・オルガノさんが広告塔を務めたブランドは、プラダ、カルバン・クライン、クレドポーボーテ、ジャンヌランバン、ルイヴィトン、イヴサンローラン、グッチ、資生堂など、

誰もが知っているものばかりです!!

 

 

アンナ・ベッソノバ

 

この投稿をInstagramで見る

 

おりべこ♉︎oliveko🇯🇵(@oliveko887373)がシェアした投稿

次に、元新体操選手のアンナ・ベッソノバさんです。

アンナ・ベッソノバさんは、母に元新体操選手、父は元サッカー選手というスポーツ一家に生まれ、長い手足を生かした、芸術性の高さを売りにしたプレイスタイルが評判でした。

 

金メダル候補として出場した2008年の北京五輪では惜しくも銅メダルとなりましたが、アンナ・ベッソノバさんは演技力と、見た目の美しさからも人気の高い選手の一人でした。

 

ミカ・ニュートン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mika Newton(@mikanewton)がシェアした投稿

次は、歌手のミカ・ニュートンさんです。

ミカ・ニュートンさんは5歳の時にウクライナやロシアの歌手をまねて歌うようになり、舞台芸術学校で歌唱やピアノについて学び、様々な歌唱コンクールへの出場を経て、2004年に、ミカ・ニュートンさんは歌手デビューを果たしました。

 

2011年にユーロビジョン・ソング・コンテスト2011のウクライナ代表として出場し、2012年にはアメリカでのデビューシングル『Don’t Dumb Me Down』を発売するなど、現在、ミカ・ニュートンさんは世界で活躍する歌手になっています。

 

 

ヴァレンティーナ・リシッツァ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@frusciante0325がシェアした投稿

次は、ピアニストのヴァレンティーナ・リシッツァさんです。

ヴァレンティーナ・リシッツァさんは、3歳でピアノを始め、その翌年にはソロコンサートを開催するなど、異例のデビュー歴を持っています。

 

ヴァレンティーナ・リシッツァさんは、キエフ音楽院卒業後、1991年にピアノコンクールの最高峰と言われているマレイ・ドラノフ国際2台ピアノコンクールで優勝し、幅広いレパートリーを持つピアニストとして知られるようになりました。

 

現在、ヴァレンティーナ・リシッツァさんは、アメリカ合衆国在住となり、アメリカの東海岸を中心拠点都市、音楽活動を行っています。

 

ナターシャ・グジー

 

この投稿をInstagramで見る

 

ナターシャ・グジー(@nataliya_gudziy)がシェアした投稿

次に、歌手でバンドゥーラ奏者のナターシャ・グジーさんです。

ナターシャ・グジーさんはウクライナの民族楽器バンドゥーラに8歳の時に出会い、音色に魅せられて、音楽学校で専門課程としてバンドゥーラを学ぶようになりました。

 

1996年と1998年の来日公演で来日したことをきっかけに、ナターシャ・グジーさんは2000年より日本語学校で日本語を学ぶようになり、日本での音楽活動を始めるようになりました。

そのため、ナターシャ・グジーさんは日本語の公式サイトを持っています!

 

美しい見た目だけでなく、透き通った歌声とバンドゥーラの音色に魅了され、日本にもたくさんのナターシャ・グジーさんのファンが存在します。

ナターシャ・グジーさんは、『聖闘士星矢~黄金魂soul of gold~』などの劇中歌も務めるなど、幅広いジャンルで活躍されています!

 

 

ナタリア・ポクロンスカヤ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Аоtani_+//Makino(◕‿◕ ) 🌹(@n35.5e136)がシェアした投稿

次に、「美しすぎるクリミア検事総長」として話題になった、ナタリア・ポクロンスカヤさんです。

ナタリア・ポクロンスカヤさんは、ウクライナにて、クラスノグヴァルデイスク郡裁判所検事補佐、イェウパトーリヤ市裁判所検事補佐、クリミア自治共和国高等検察庁検事、最高検察庁検事。

クリミア共和国にて最高検察庁検事総長。ロシア連邦にてクリミア共和国高等検察庁検事長などを歴任してきた人物です。

 

美貌だけでなく、女性としての活躍という面でも多くの人々に勇気や希望を与えました。

ナタリア・ポクロンスカヤさんの検事総長就任後の会見が世界に配信されると、瞬く間にその美しさが話題になり、ファンアートが作られるまでな社会現象となりました。

 

しかし、ナタリア・ポクロンスカヤさんはこのような事態にうんざりしており、「仕事ぶりを評価してほしい」とコメントしていました。

美人には美人なりの悩みがあるんですね…。

 

ユリヤ・ティモシェンコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Юлія Тимошенко(@yulia_tymoshenko)がシェアした投稿

次は、政治家・実業家のユーリヤ・ティモシェンコさんです。

ユーリヤ・ティモシェンコさんはウクライナの第10・13代首相で、若くて美しすぎる首相ということで注目を集めました。

 

ユーリヤ・ティモシェンコさんは、ウクライナの大統領選への抗議活動として知られるオレンジ革命で一気に注目を集めましたが、その後2011年には、ガス資源に関する汚職行為で逮捕されるなど、何かといわくつきの美女でもあります。

 

現在は、釈放され、再び政治家として活動していく意向を見せていますが、2019年の大統領選挙では第3位という結果にとどまっており、ユーリヤ・ティモシェンコさんの政界復帰は、なかなか難しそうです。

 

 

ビクトリア・サソンキナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anna Katsanis(@annakatsanis)がシェアした投稿

最後に、モデルのビクトリア・サソンキナさんです。

ビクトリア・サソンキナさんはアメリカで活躍中のモデルで、2007年に19歳でショーデビューして以来、トップモデルの仲間入りを果たしました。

 

誰もが憧れるブロンドに青い目、白い肌、スレンダーで長身というまさに完璧なビクトリア・サソンキナさん。

ビクトリア・サソンキナさんは、世界的に有名なファッション誌『VOGUE』の表紙や、マークジェイコブス、ヴィヴィアンウエストウッド、ボッテガヴェネタ、ヴェルサーチなど、数え切れないほどの一流ブランドのモデルとしてショーに出場しています。

 

一流のモデルでないと、こんな有名ブランドのショーに出られないということは、一般人でも理解できます(笑)

 

 

ウクライナ女性はなぜ美人が多いのか?ロシア人との違いとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akase Hirofumi(@akasehirofumi)がシェアした投稿

ウクライナ女性に美人が多いのは、以下の理由や特徴が挙げられます。

  • 金髪と青い瞳を持つ
  • 高身長でスレンダー
  • 肌が白くて綺麗

 

ウクライナの女性は、元々美意識が高いため、肌が白く透き通っており、シミやそばかすを持っている人は少ないです。

また、ウクライナの食生活は控えめなため、肥満率が西洋諸国でもかなり低い方に入るのです。

 

なぜウクライナ女性が金髪に青い瞳といった、美しさの特徴を多く持つのかというと、ウクライナは、16世紀に行われていた魔女狩りの影響を受けなかったためだと言われています。

 

当時の魔女狩りでは、美しい大人の女性や、可愛い新生児が魔女の疑いをかけられていたので、東ヨーロッパのスラブ系住民を祖先に持つウクライナ人は、この魔女狩りの影響を受けずに美しい女性の遺伝子が残ったと思われます。

 

また、ウクライナ人は元々美しいとされるスラブ系の民族が、侵略と混血を重ねることで、更に美しいウクライナ人が生まれるようになったというものです。

ウクライナの土地は、7~10世紀にはハザールというスラブ人、その他のヨーロッパ人、モンゴル系の民族が混じった民族に支配されており、その後の13~18世紀には、金帳汗国(きんちょうかんこく)というモンゴル系民族に侵略されていました。

 

他国による侵略の中、スラブ系の人々はカトリック系か正教会かという宗教の違いでも分かれるようになり、ハンガリー人、ブルガリア人、クロアチア人などほかのスラブ系の人々と交わるようになったと言われています。

つまり、クロアチアの人々は多民族による侵略や、宗教上の交流により、他の民族との交流が増えたために、混血が進み、美しい女性が生まれるようになったのでしょう。

 

「美しい×美しい=とても美しい」というわけです。

しかし、金髪に青い目で高身長となると、同じような特徴を持つロシア人と比較されることも多いです。

 

ウクライナ人女性と、ロシア人女性の大きな違いは、内面の部分にあると言われています。

ウクライナ人女性は、穏やかでおしとやか、男性を立てるような性格の人が多いようですが、ロシア人女性はどちらかと言うと、気が強く、はっきりと自己主張するタイプが多いようです。

そのため、日本人男性が合うのもウクライナ人女性と言われています。

 

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ルナ 福岡 中洲着物レンタル ヘアセット(@runa.mitsue0116)がシェアした投稿

世界で活躍しているウクライナ人女性は多く、今回は以下の10名を厳選してご紹介しました!

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ
  • オルガ・キュリレンコ
  • スネジャナ・オノプカ
  • アンナ・ベッソノバ
  • ミカ・ニュートン
  • ヴァレンティーナ・リシッツァ
  • ナターシャ・グジー
  • ナタリア・ポクロンスカヤ
  • ユリヤ・ティモシェンコ
  • ビクトリア・サソンキナ

 

ウクライナ人女性が美しいと言われる理由は、金髪に青い目、高身長でスレンダー、肌の綺麗さ。

そして外国人女性には珍しいかもしれない、穏やかでおしとやかなところにあるのでしょう。

 

日本人である私たちはどうしても外国自女性のスタイルに憧れを持ってしまいますが、世界的に見ると、日本人女性は小さくて、女の子らしいという評判もあるようなので、あまり気を落とさずに日本人らしさを生かしていきましょう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。