山本裕典の引退理由は契約違反?解雇~復帰までの経緯まとめ

所属事務所との契約解除後、芸能界から姿を消していた俳優の山本裕典さん

先日、芸能界に復帰することが報じられました!

契約解除となった背景には何があったのか、また復帰までの経緯などもまとめていきます。

 

山本裕典の引退理由は契約違反?事務所から解雇されていた?

2017年3月に突如、所属事務所から解雇されてしまった山本裕典さん。

同事務所は3月21日、公式サイトで「この度、マネージメントをしておりました山本裕典が弊社とのマネージメント業務委託契約の内容に違反したため2017年3月21日付けで山本裕典とのマネージメント業務委託契約を終了することにいたしました」と発表。

解雇理由は「契約内容に違反したため」とのことですが、どのような内容で違反したのでしょうか。

 

山本裕典が契約解除された理由は「女性問題」?

山本裕典さんは過去に、キャバ嬢とのベッド写真が流出したり、アイドルをお持ち帰りしたりなど女性関連で問題がありました。

実際に山本は、2010年に『週刊文春』(文藝春秋)で元AKB48・前田敦子(25)との熱愛がスクープされたほか、写真週刊誌『フライデー』(講談社)でも同年に一般女性、2014年にキャバ嬢、そして今年1月には「アイドルの卵」との手つなぎデートを報じられていた。

このことから、度重なる女性問題が原因で解雇されたと思った方も多かったではないでしょうか。

 

下記の記事でも山本裕典さんの過去の女性問題について詳しくまとめています。

山本裕典のフライデーベッド写真の相手は藤田維?歴代彼女もすごい!

しかし、解雇理由は女性問題だけではなかったようです。

 

山本裕典が契約解除された理由は「副業」?バーや飲食店を経営?

山本裕典さんが解雇されたのは、女性問題のほかに無断で副業をしていたことも原因とされているようです。

山本の場合、決定打は事務所に無断でバーを共同経営していたこと。真実とは思えないが、そこで女性を斡旋していたんじゃないかといった黒い情報もある。まあ、『法的な問題はない』と事務所は説明しており、法的な話ではない。事務所として看過できなかったのは、無断での“副業”でしょう。

法的な問題はないということですが、事務所側で把握できない行動をされることが問題となったのかもしれません。

 

しかし、面倒を見てもらっていたという事務所の後輩である岡本夏美さんによると、

解雇が発表された今月21日のことを「午前中に社長さんと裕典くんはお話しあいをされて。そういうことになって、今回の件になり事務所のメンバーがみんな集められたんです。マネジャーさんとタレントが」と振り返った。そして、「副業の問題ではないということも聞きましたし、法的なこともないですということは聞きました」

副業の問題ではない」と事務所の方から聞かされたそうです。

さまざまな情報があり真相はわかっていませんが、女性問題や副業が解雇された原因の1つとなっている可能性は考えられます。

 

 

山本裕典が舞台と映画で俳優復帰が決定!復帰できた理由は?

昨年3月に契約違反を理由に所属事務所との契約を終了した俳優の山本裕典(30)が、来年3月に上演される主演舞台「となりのホールスター」で俳優業に本格復帰する。20日、公式HPで発表した。

事務所から契約を解除されてから1年9か月ぶりに、芸能界復帰というニュースが飛び込んできました!

主演舞台での復帰となるようですが、この舞台は2013年に放送されたドラマ『山田くんと7人の魔女』の制作を手掛けた柳川由起子さんが演出を担当するとのことです。

 

各メディアの報道では行き過ぎた女性遊びと言われており、忠告していた女性問題で改善が見られず実質的にクビになったものの、淫行などの犯罪行為はなく、具体的に世間にバレたスキャンダルもないので、復帰できる見通しが立ちました。

復帰に際して個人事務所を設立されるので、以前関与していたバーニングプロダクションとは一線を引いての活動になりますが、芸能界復帰の許しを得たのは間違いないでしょう。

待ち焦がれていたファンにとって、とても嬉しいニュースだったのではないでしょうか!

 

ネット上の反応は…

喜びの声が多くありました!

 

山本裕典さんは、

「このような映画主演のお話をいただき、とても光栄です。これからもいただいたお仕事を一つ一つ丁寧に務めていきますので、応援よろしくお願いします」

とコメントしたそうです。今後は慎重に、俳優業を頑張ってほしいですね!

以上、山本裕典さんについてでした。

パンダ編集長
復帰が楽しみやで!